(一)蝦夷籠軍の苦境

2017.10/23(MON)

慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史 蝦夷の巻(第三巻)/五稜郭の包囲総攻撃
国立国会図書館デジタルコレクション




【コマ 36】
c0185705_19053251.jpg

--------------------
蝦夷の巻(第三巻)/五稜郭の包囲総攻撃
【コマ 473】
(一)蝦夷籠軍の苦境
 屍山血河の函館の大戦、海陸合同四方三里の混戦に、蝦夷軍の防備は皆敗れて、陸軍奉行土方歳三は討死し。蝦夷艦隊は全滅し。函館は遂に陥落したり。思ひ見よ。孤軍奮闘よく天下の大軍に抗し、頑強勇邁函館の一郭を保ちて、接戦相譲らざりし蝦夷軍こそ、如何に約盟の義を重じたりしぞ。然れども七重浜の敗陣以来、続いて函館の一敗に旗幟振はず。海陸合同の圧迫は急転直下となりて、城外今や防備を施すの策なく、孤軍咽嗚漸く軍紀を支へて北と南の残塁に立て籠るも悲惨なれ。
 孤城落日。兵気は沈々として消ゆるのみ。更に西軍艦隊は、甲鉄艦を主脳と為し、三十町の距離を保ちて、七十斤の巨弾を込め、而して五稜郭を砲撃する連りなり。砲弾連続郭塁を震裂し、隊士の死傷は山と積みたり。
 籠軍、最早通路絶たれて、命脉は秋風落莫唯死地に向ふのみ。星忠狂、憤激禁ずる能はず、即ち守護、見国の諸隊を率ゐて、大森浜手を攻めけるが、激戦一敗地に塗れて引き退く。然れども、星.未だ倔する能はず、十四日再び千代ヶ岡を発し、大に一本木関門を襲ひとも、力戦尚頽勢今や非なり。か
【コマ 474】
くて夜に至れば、郭内動揺の雲は俄かに起り、忽にして本郭裏門の警備は空虚とはなりぬ。陸軍添役澁澤誠一郎、早くも麾下小彰義隊を率ゐて、脱して西軍の陣門に降る。続いて裁判奉行兼陸軍添役たりし津田眞一郎、裁判役及び諸隊の重たちたる嚮導役を率ゐて、又降る。惟ふに、澁澤及び津田は、陣中に在りては、薩長攻撃の論客にてありけるが、窮乏を望み見ては、激論何時しか消えて、早くも脱走を始む。十五日となりて愈四面楚歌の声あり。衝鉾隊杜陸隊、見國隊の隊士は、彰義隊長池田大隅守と共に、夜半に脱走して、湯川に走り、而してまた降る。更に會津遊撃隊長楯崎才一は、千代ヶ岡の守りを捨てゝ、而して去る。かくて脱走の声々は郭内に満ち/\て、籠城の頽勢愈険悪となりたり。蝦夷軍、元来は浪人の集れるもの、然らば脱走に始まりて脱走に終る、是れ敢て怪むに足らずと雖も、その巨魁たる榎本に取りては、事苟も浪人生存の目的に各義約を為し、事茲に至りし以上は、大に決心する所ありしなり。依て諸将を会し令して曰く、『味方同盟を破りて脱走する者日々に多し、兵力及ばざる時は、我身を捨て、士卒を援くる、これ主将たるものゝ常なり。今や僅かの脱兵も纏め兼ね、一軍瓦解に及ぶは、我輩の耻辱また末代に解けず、諸士、味方の運命禍危愈切迫して、當底瓦解を免れざるに至れば、不肖鎌次郎、身を以て諸君の健在を祈らむ。然らばそれ迄は義約を重んじ、決して後世に物笑を残す勿れ(』)と。即ち榎本は己れ脱軍の総督として既に死を決し居るもの。あはれ天下の浪人たる、維新の逆境児をして、その非嘆に替えしむべく、向来の恙なき生存を計るが為め、浪人國を興さむとして、遥々北國に乗り越せし身や。願望遂に叛逆と為り、今や天下の大軍に囲まれて、事遂に破れ、後事を計る即ち浪人の余命を救ふに、巳れ一命を、この残塁に捨てむとす。
 蝦夷本営の郭内や、脱人続出に続えて、外囲の砲撃は峻烈なり。今や抗争たゞ籠城して、上下一統頑守するのみとはなりて、郭内の四面は屍山血河鮮血淋漓たり。傷痩を療養するの場所すら、果たして那邊に存ずべきぞ。血涙相汲む籠城の隊士、今やその運命は、榎本を始め一身を捧げて、義約の本髄を貫徹せむとする風情も憐れなり。茲に於て、死傷を悉く湯川に移し、精兵
【コマ 475】
を以て城郭を守り、殊守決戦頑強なる抵抗に、上下みな挙げて天運を待たむとするものとす。
 更にその弁天台場を見るに、総軍立て籠りしと雖も、兵粮は持久の途なく弾薬僅かに一万発、是を以て向後の籠城を保たざる可らず。然れば兵粮つきなば一統自殺すべく、其の前に當りて弾薬缺亡せば、是に処するに肉弾あるのみと、意気高し。思ひ見よ蝦夷軍の決心、孔軍奮闘人事の凡てを尽し、而して三河武士の最後を花と散らんとする其志気。
--引用・要約;「慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史」/国立国会図書館デジタルコレクション--
--------------------
慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史(目次)(2016.02/22)
榎本和泉守/徳川義臣伝(2014.11/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
by mo20933 | 2017-10-23 19:18 | 榎本武揚 | Comments(0)