戊辰薩藩戦死者墓(報恩寺)

2014.10/01(WED)

戊辰薩藩戦死者墓 宇都宮市西原1-3-13・報恩寺





c0185705_23153762.jpg

写真;2014.10/01
--------------------
戊辰薩藩戦死者墓
 薩摩藩士の墓で大正六年(1917)に建立された。墓碑銘は第六代内閣総理大臣松方正義の筆により、台石には薩摩焼の白い陶板がはめ込まれ、二十三名の戦死者名が刻まれている
 戊辰戦争での薩摩藩墓所は全国に十ケ所(京都・東京・宇都宮・白河・会津若松・山形・秋田・新潟・上越・函館)があるそうで、ここはその一つである
--------------------
薩摩藩(薩摩・七十七万石・島津氏・外様)
 ・上田友輔    小銃第五隊/明治元年四月二十三日宇都宮で戦死/二十二歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・川北六佐衛門  新九郎の長男/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮城で戦死/十九歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・永山覚太郎   喜八郎の兄/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮城で戦死/二十八歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・加納次右衛門  小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮で戦死/十八歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・築地宗次郎   井上彦右衛門の子/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮城で戦死/二十歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・鵜木吉次郎   円塚の三男/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮で戦死/二十二歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・岩城平右衛門  六番隊戦兵/明治元年四月二十三日宇都宮で戦死/二十五歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・西田要之進   矢兵衛の長男、松井佐七郎の実兄/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮城で戦死/二十四歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・草野直太郎   弥八郎の長男/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮で戦死/二十八歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・伊地知助五郎  新助の長男/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮城で戦死/二十一歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・岩切彦次郎   助右衛門の弟/小銃第六隊小頭/明治元年四月二十三日宇都宮で戦死/二十五歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・佐藤彦五郎   公次とも/仲之丞の弟/小銃第六隊/明治元年四月二十三日宇都宮城で戦死/二十三歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・井上猪右衛門  伊右衛門とも/市来衆良盛坊の子/兵具第一隊半隊長/明治元年四月二十三日宇都宮で戦死/二十八歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・内藤金次    兼次とも/善二の弟/兵具第一隊伍長/明治元年四月二十三日宇都宮城で戦死/十九歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・松井十郎兵衛
 ・大迫市郎左衛門 吉左衛門の長男/小銃第五隊/明治元年五月二十六日磐城白河で傷、二十八日死/十九歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・伊勢佐七郎   猛熊の兄/小銃第五隊/明治元年五月二十六日磐城白河で傷、六月三日死/二十三歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・横山重太郎   八太郎の子/夫卒/小荷駄方/本城源七郎家来/明治元年八月十二日宇都宮で戦病死/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・薄葉忠兵衛   薄田とも/軍夫/明治元年八月二十日若松で戦死/四十五歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・肥後与之助   八番隊戦兵/明治元年八(九)月会津で戦死/二十五歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
          (七番隊長/明治元年十月十五日宇都宮病院で病死/同地・西導寺に葬、報恩寺に合葬/靖国)
 ・常次郎     近江西大路の人/松井十郎兵衛家来/明治元年九月十六日会津で戦死/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
 ・松田健四郎   次右衛門の父/小銃第六隊監軍/明治元年九月十七日若松で傷、十月一日死/四十四歳/宇都宮・報恩寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
by mo20933 | 2014-10-01 23:21 | 宇都宮市 | Comments(0)