2012.09/09(SUN)

壬生城跡




平成24年
・ 9月 9日
 この時期、山では朝夕は寒い程になって日中の風も涼しくすっかり秋めいて来た。そんな時に壬生に行ったのだが、暑い!

壬生、安塚の戦い(2012.09/10)

--------------------
・壬生藩(みぶはん)は、下野国都賀郡壬生に存在した藩。藩庁は壬生城(現在の栃木県下都賀郡壬生町本丸一丁目)
以下、現地の案内板から

壬生城本丸址
 壬生城は室町時代のなかば、文明年間(1469-86)に壬生綱重によって築かれたといわれています。各地の大名が勢力を競っていた戦国の世にあって、約100年もの間、壬生氏の主要な城となっていました。
 しかし、壬生氏は小田原城の北条氏に味方していたために、天正十八年(1590)豊臣秀吉の小田原城攻めにより、北条氏とともに亡びました。
 慶長六年(1601)からの110年間は、日根野氏(一万石)・阿部氏(二万五千石)・三浦氏(二万石)・松平氏(四万二千石)・加藤氏(二万五千石)というようにたびたび城主が替わりました。そして、正徳二年(1712)鳥居忠英(ただてる)が近江国水口から移ってからは、明治維新を迎えるまでの約150年間、鳥居氏(三万石)が代々城主となりました。
 江戸時代の記録によると、壬生城は本丸・二の丸・Ξの丸・東郭・下台郭・正念寺郭の六つの郭からなり、これらの郭は土塁と堀でかこまれていました。また天守や櫓(やぐら)といった建物は建てられていませんでした。
 本丸は約140m四方の大きさで、南と北に門があり、土塁の上には塀がめぐっていました。
 また、本丸内部には御殿があり、江戸時代の初めには将軍の日光社参の宿舎として使われました。現在、本丸址もその南側を残すのみとなりましたが平成元年に城址公園として整備され、県内に残る数少ない近世城郭の一つとなっています。
     平成二年三月
     壬生町教育委員会

c0185705_10403071.jpg

c0185705_1041159.jpg

御祭神 鳥居彦右衛門元忠公「精忠神社」
c0185705_1041332.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.09/07(THU)

戊辰戦死若干墓 会津中街道三斗小屋宿




平成24年
・ 9月 3日
 三斗小屋宿に行く。宿南には宿住人(と思う)の墓地があって、その一隅に戦死墓がある。墓名は「戊辰戦死若干墓」と読める
 正面向って左には世話人の名が、右側面には「明治十三庚辰五月」と刻まれている。(裏面には「戊辰戦死者十三年忌供養」とあり、会津藩兵一〇数名の墓である)
 宿住人の墓には最近お参りに来た形跡があった。先祖の供養であろうか
 会津藩は会津中街道を開設し三斗小屋宿を設けたが、その際に宿に移り住む者には支度金を支給したと云う

板室・大田原城・三斗小屋の戦い(2012.06/21)

c0185705_11533164.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.09/05(WED)

三斗小屋宿 会津中街道
那須塩原市




平成24年(2012)
・ 9月 3日
 若松から続く街道(会津中街道)は野際宿を経て大峠に至り、越えて下野に入る。大峠は標高が1468メートルで、そこを下って那須の山中に設けられたのが「三斗小屋宿」である
 今回は那須側から上り始め、峰の茶屋からは三斗小屋温泉(煙草屋と大黒屋の旅館二軒がある)に向けてひたすら下る。ここから三斗小屋宿に向けてひたすら下る。帰路はおのずと、上る、上る、下るとなってひどく疲れた

板室・大田原城・三斗小屋の戦い(2012.06/21)

c0185705_1130352.jpg

写真;【三斗小屋宿】那須塩原市三斗小屋
   2012.09/03
--------------------
以下、現地の案内板から

史跡 三斗小屋宿跡
     那須塩原市指定文化財
     昭和四十四年七月十日指定
 三斗小屋宿は、元禄八年(1695)に会津藩によって整備された会津中街道に設けられました。北には国境となる大峠、南には麦飯坂があり、この一帯は街道一の難所でした。
江戸時代の末期に修験道の白湯山信仰が盛んになるとその登山口として栄え、今なお寄進された常夜灯や石仏・大鳥居(平成十九年復元)などが残っています。
慶応四年(1898)の戊辰戦争の際、会津軍(旧幕府軍)と新政府軍との激しい山岳戦が展開され、戦火により宿の十四戸が焼失しました。宿跡南の墓地には、この戦死者の墓が残っています。
 明治二十六年(1893)には三斗小屋に銅山が開かれ、宿の近くで精錬が行われました。明治四十一年(1908)五月の大火で十四戸すべてが焼失し、昭和三十二年(1957)に最後の一戸が転出して以降、無人の地となっています。
     那須塩原市教育委員会
--------------------
以下、現地の案内碑から

鳥居復元記念碑
 元禄八年会津中街道の開削により白湯山信仰が盛んになった頃、表参詣口として三斗小屋宿に大鳥居が建立されました。
 慶応四年戊辰の役で戦火に罹り頽壊し一部は苦土川崖下に転落埋もれていました。
 明治の先人が渇望した歴史ある大鳥居の復元に着手し三ヶ年の期間を要し此処に完成しました。
     平成十九年九月吉日

 古より白湯山の大鳥居
   くずれおちてし神額をば
    復元されし永遠の礎に

c0185705_719413.jpg

※ 2012.09/07、ちょっとだけ詳しくした概略図に差し替えた ^^;)
c0185705_1945497.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.09/02(SUN)

田島陣屋跡  と南山御蔵入五万石騒動




以下、現地の案内板
--------------------
田島陣屋跡

 南山御蔵入五万五千石の地は、寛永二十年(1643)幕府領となり、その支配の中心は田島村におかれた。幕府直支配の元禄年間に建てられた田島陣屋は、享保の絵図によると、役場庁舎の西側に見える。預り支配を行った会津藩は、寛政二年(1790)に中町陣屋を役場庁舎東側に建てた。幕末の慶応元年(1865)、戊辰戦争に備え、中町不動様わきに後町陣屋を新たに建てた。このように田島陣屋の位置は三度変遷した
     田島町

c0185705_16531859.jpg

--------------------
軍再編の為田島に入った大鳥圭介、次に「南柯紀行」の記述を引用する
「南柯紀行」大鳥圭介

・慶応 4年(1868)
 閏 4月 5日

(前略)
 本日、糸沢、昼食、夕方、田島に着き本陣に宿す。

・閏 4月 6日 -16日

 翌六日より十六日に至る間別に異事なし。唯左の件々を記し他は之を略す。
 田島は人家五百軒もあり、御蔵入中の大村にて相応の町家もあり随分用便の地なり。
 当駅にて全軍を分つこと左の如し。
  第一大隊   四百五十人 元 大手前大隊、隊長 秋月登之助
                          参謀 松井 工藤
  第二大隊   三百五十人   小川町大隊、隊長 大川正二郎
                          沼間慎二(次)郎
  第三大隊   三百人   元 御料兵、加藤平内
                 七聯隊、山瀬主馬、天野電四郎
  第四大隊   二百人     草風隊、天野花陰、村上求馬
                 純義隊、渡辺鋼之助
 会藩士已上已下の者を四十人程も呼寄せ之を分配して各隊に附属せしめたり。第一大隊は三計(斗)小屋へ向い、純義隊は白川(河)へ向い出立す、草風隊は塩原口為守衛十二三日頃已に出発せり。
 第二大隊第三大隊は日光口に向うことに定め、第三大隊は十七日第二大隊は十八日田島出立と令を伝えたり。
 沼間慎次郎、武蔵楼橘先頃より会城下に在りて生兵を取り立て居りしが予が来りし事を聞き、田島来たりしところ本多も手負いしにより第二大隊の長と為さんことを大川、滝川よりも願出しにより、大川と共に隊長の義を取扱わしむることに命じ、乃ち第二大隊と共に出立せり、余も会人と同道して十八日田島を発せり。
--------------------
「南会津・南山御蔵入五万石騒動」
国士技術研究センター理事長
大石久和

 この地域はもともと会津藩領であったが、藩の内紛などが原因で藩主が改易され、そのときこの地域が会津藩から分割されて幕府に天領として召し上げられていた(天領とはなっても統治は改易後の会津藩主に委任され、会津藩の預かり支配となった)

・元禄元年(1688)
 幕府は預かり地を返上させ、直轄支配とすることとして代官を派遣した

・享保 5年(1720)
 現在の福島県南会津郡を中心として、これよりやや広い範囲の村々が百姓一揆を起こした(天領では江戸時代初)

・11月 6日未明
 旧田島村(現南会津町田島)で百姓およそ800人が田島代官所を取り囲んだ
 幕府財政を反映して、年貢の取り立てが厳しくなり、雑穀にも課税がなされる等の通告が代官から出されるなどで村々の不満は一気に大きくなった。連帯して代官所に押しかけ、代官と談判するも将があかず、ついに幕府に直接訴えることとした
 江戸に着いた訴人たちは、訴えは聴いてくれたもののそのまま江戸に留め置かれた。その間幕府は田島に役人を派遣し、南山全戸の百姓を一人ずつ一揆参加の事実を調べていった。百姓一人対役人では云いたい事も正直には云えず、南山百姓の総意による一揆では無いものとされてしまった
 一揆は崩壊し300人を超える村人が拘束された。江戸で首謀者5名、田島で1名が処刑され、入牢中23名のうち9名が死亡した。ほかに過料、田畑家財半分取り上げなどの処分を受けた
 一揆は百姓の敗北で終ったのだが、代官は罷免され、南山は再び会津藩預りとなり、江戸廻米は中止となり、米納強制も見送られた。命がけの訴えはほぼ実現されたのである

 この騒動に加わった村の数は、南山271村が参加したとの記録がある。このエリアは広大なもので、最近の町村合併前の町村名で示すと、福島県南会津郡の全域( 下郷町、田島町、舘岩村、伊南村、檜枝岐村、南郷村、只見町)、福島県大沼郡の大部分(金山町、昭和村、会津本郷町など)、栃木県の一部(塩谷郡栗山村の五十里湖以北)が含まれる


--------------------
参考文献;「南会津・南山御蔵入五万石騒動/国士技術研究センター理事長/大石久和」
     「南柯紀行」大鳥圭介
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.09/01(SAT)

関山戦争




平成24年(2012)
・ 8月30日
 会津盆地の南端、関山宿(会津美里町)から栃沢宿、大内ダムを経て大内宿に至る旧下野街道(会津西街道)をグルッと一回りして来た
c0185705_1042721.jpg

--------------------
以下、関山宿北側入口にある案内板から

こんにちは関山です
 「関山」は、本郷町より約五キロメートルの距離にあって寛永十八年(1641)に上小松村と合併し現在の集落形態となっています。縄文時代後期より、遠い祖先が各方面との交流を保ちながら集落の基盤造りをしていたことが、壇原遺跡の土器石器などから知られています。
 街道の道幅が広く、両側に家並みがあり旧日光街道・下野街道とも言われた会津西街道の宿場であり、府城玄関に当たる街道の源の形状を今に伝えています。
一里塚の設置など旅の指標整備が早くから進められていました。
 しかし、慶応四年(明治元年・1868)の会津戊辰戦争では関山・栃沢攻防の激戦の舞台となり、五十あまりの集落全体が兵火により焼失しており、現在も、集落南側には会津藩士野村悌之助らを弔った戦死者四十人の墓などが名残をとどめています。
 また、多彩な信仰があり会津三十三観音の一つ「関山観音」を始めとする数多くの神仏が存在することや、八神沢沼に生息する森の宝石と呼ばれる「モリアオガエル」など、大切な資源が数多く残っております。
     平成十三年一月
     関山村づくり実行委員会

c0185705_19311620.jpg

--------------------
以下、現地の案内板から

戦死四十人墓
 慶応四年(1868)正月三日、鳥羽・伏見の戦いが戊辰戦争の端緒となり、会津藩は西軍を相手に戦う羽目に追われて行きました。
 戦いは会津にも及び、日光・田島口の交通の要衝にあった関山でも、同年九月二~三日にわたり激しい攻防戦があり、双方とも死傷者が続出、東軍では野村悌之助・渥美守太郎以下四十名が戦死しました。また、関山の民家は敵の進撃を阻止するため、全戸兵火にかけられました。
 このあたりに凄惨な戦いがあった名残りを止めるかの如く、その墓が立っています。
朝敵・賊軍の汚名を着せられたため、最初の墓石は自然石で祀られましたが、後に現在のものに再建されています。
     会津美郷町教育委員会

※ 野村悌之助 青龍足軽三番隊中隊頭、9月3日大内峠で戦死
  会津藩青龍隊 36~49歳の藩士で構成、朱雀隊に次ぐ正規軍の中核

c0185705_1921584.jpg

写真;2015.07/28
--------------------
以下、現地の案内板から

会津札所二十四番
関山観音 会津美里町文化財
 徳一大師が会津入りをして各地に寺院を建立してまわった時の大師の作ではないかとの一説がある十一面観音像が祀られている。
 この観音像は寛永十八年(1641)関山の集落に合併した上小松村の護佛であって、創建当時、堂宇は集落より離れた平地にあったが寛政二年(1790)に集落を見下す山腹を整地し、五八段の石段をもうけて移建したのが現堂宇である。
 下野街道ぞいの山ふところにある壮厳な菩薩で一生に一度だけの願いはかなえるともいわれ、信仰されている。
     会津美里町教育委員会

c0185705_19322999.jpg

--------------------
慶応 4年(1868)
・ 8月23日
 白河口の新政府軍は母成峠の会幕軍(大鳥圭介ら)を撃破して若松城下に突入したが兵力不足であった
・ 9月 1日未明
 日光口、大内村に宿営していた新政府軍は若松城下への突入を急いでいたが、会幕軍(日光口守備隊長山川大蔵)の銃撃を受ける。反撃してなお大内峠に向い激戦となり、宇都宮藩大沢富三郎以下四人が戦死。一旦大内村に退く
・ 9月 2日早朝
 新政府軍、再び進撃を開始したが会幕軍は徹底抗戦し氷玉峠で膠着。大総督府直属の軍監中村半次郎が直接指揮をとる
・ 9月 3日
 新政府軍、栃沢を攻略し関山に進出
・ 9月 4日
 新政府軍は会幕軍陣地に突入し、会幕軍は堪らず関山に火を放ち撤退。新政府軍はようやく関山から本郷へと進攻する

※ 大内から関山までの戦闘における会幕軍の戦死者は、青龍足軽三番隊中隊頭の野村悌之助以下将兵約四十名に及んだ
※ 会幕軍日光口守備隊長山川大蔵は城下の形勢悪化により帰城、替って一連の戦闘を指揮したのは小山田伝四郎か



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.08/31(FRI)

大内宿本陣跡




平成24年(2012)
・ 8月30日
 会津盆地の南端、関山宿(会津美里町)から栃沢宿、大内ダムを経て大内宿に至る旧下野街道(会津西街道)をグルッと一回りして来た
--------------------
大内宿
 江戸時代には宿屋や問屋が軒をつらね、幾多の旅人たちがこの宿場で旅の疲れを癒した。明治以降、近代化から取り残されたおかげで、昔ながらの景観が今に残ることとなり、昭和56年には、国の重要伝統建造物群保存地区の選定をうけた

c0185705_1052876.jpg

--------------------
以下、現地の案内板から

大内宿町並み展示館(大内宿本陣跡)
 大内宿の本陣は会津と奥州街道を結ぶ会津西街道の拠点のひとつとして江戸時代の初期に建てられ会津藩の初代藩主・保科正之、二代藩主・正経が江戸参勤のためこの街道を利用し、ここで昼食をとったという記録が残っている。この時の行列の総人数は約六百人で、宿場内はたいへんなにぎわいであったという。
ところで、大内宿は戊辰戦争の舞台となったことから、本陣に関する記録、図面等が散失しいまだ発見されていない。このため同じ街道の糸沢宿・川島宿の本陣を参考に設計し復元されたものである。
本陣には殿様専用の玄関(乗りこみ)・上段の間・風呂・雪隠があり、茅屋根のどっしりとした風格とともに当時の面影を色濃く再現している。
     下郷町
     下郷町教育委員会

c0185705_1055381.jpg

--------------------
問屋本陣
 当時の輸送は宿場ごとに荷物を馬に付け替えて運んでいた。その中継問屋であって、馬と人足の手配は問屋本陣にとって重要な役割だった



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.08/30(THU)

戦死二十四人墓




c0185705_10171698.jpg

写真;↑大内ダム建設の際に移転された「戦死二十四人墓」 2015.07/28

平成24年(2012)
・ 8月30日
 会津盆地の南端、関山宿(会津美里町)から栃沢宿、大内ダムを経て大内宿に至る旧下野街道(会津西街道)をグルッと一回りして来た
 慶応4年(1868)8月下旬から9月、若松表は緊急の危機に瀕し各地に転戦していた部隊を呼び戻し新政府軍の会津進攻を阻止せんとした。それによりここ大内峠から栃沢、関山の地では激戦が繰り広げられたのである
--------------------
以下、現地の案内碑から

慶応戊辰年(1868)九月一日より翌未明に亙り日光口守備隊長山川大蔵は、大内峠に據り官軍佐賀・宇都宮・大田原の各藩の兵を迎撃す
この戦斗で宇都宮藩大沢富三郎以下二十四名の戦死者の霊を供養せんと地元有志にて茲に墓碑を建立せり
     *
※ 大沢富三郎 正精
宇都宮藩/明治元年九月一日会津大内峠で戦死/四十二歳/宇都宮・慈光寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
慶応 4年(1868)
・ 8月23日
 白河口の新政府軍は母成峠の会幕軍(大鳥圭介ら)を撃破して若松城下に突入したが兵力不足であった
・ 9月 1日未明
 日光口、大内村に宿営していた新政府軍は若松城下への突入を急いでいたが、会幕軍(日光口守備隊長山川大蔵)の銃撃を受ける。反撃してなお大内峠に向い激戦となり、宇都宮藩大沢富三郎以下四人が戦死。一旦大内村に退く
・ 9月 2日早朝
 新政府軍、再び進撃を開始したが会幕軍は徹底抗戦し氷玉峠で膠着。大総督府直属の軍監中村半次郎が直接指揮をとる
・ 9月 3日
 新政府軍、栃沢を攻略し関山に進出
・ 9月 4日
 新政府軍は会幕軍陣地に突入し、会幕軍は堪らず関山に火を放ち撤退。新政府軍はようやく関山から本郷へと進攻する

※ 大内から関山までの戦闘における会幕軍の戦死者は、青龍足軽三番隊中隊頭の野村悌之助以下将兵約四十名に及んだ
※ 会幕軍日光口守備隊長山川大蔵は城下の形勢悪化により帰城、替って一連の戦闘を指揮したのは小山田伝四郎か

c0185705_19414737.jpg

 墓碑、向って左側面に「明治四十一年九月建立」とある
 右の小さな墓は会津藩士小出勝之助単独のものだという

・小出勝之助  戊辰役戦死
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]