2012.06/26(TUE)

松並、東軍の慰霊碑 白河市松並




平成24年(2012)
・ 6月26日
 天気も快晴。JR白河駅前の観光案内所で「戊辰の激戦地」稲荷山までの道順を聞き向う。ズッと以前からJR白河駅はノンビリとした雰囲気で好ましく思っていたが、その雰囲気は今も変わらずに残っていてホッとする
 駅前の通りを南に少し行って右折し突き当りを左折、旧奥州街道(294)を通り何となく着いた

c0185705_15412005.jpg


以下戊辰戦争時の状況と現地案内板表示
--------------------
慶応四年(1868)
五月一日
 白坂口へ本陣を置いた新政府軍、兵力を3つに分ける

 中央隊>忍藩(1小隊)、大垣藩(1中隊)、長州藩(1小隊)、砲兵団
     午前8時出発
 左翼隊>大垣藩(1中隊、砲1)、長州藩(1中隊、1小隊)、薩摩藩(五番隊、砲2)
     午前6時出発
 右翼隊>薩摩藩(携臼砲2、四番隊、二番隊)
     午前4時出発

 中央隊(本隊)は伊地知正治が率い、左翼右翼隊は野津と川村が率いた
 左右の迂回部隊がまず先発し後に中央隊が進軍、小丸山を占拠。なお本隊は大軍とみせかけ、列藩同盟軍が布陣していた白河城南に位置する稲荷山(現九番町西浦、稲荷公園)に砲撃し注意と兵力を引きつけた
 新政府軍別動の2部隊が手薄になった立石山と雷神山へ侵攻して占拠した。新政府軍は稲荷山を包囲する形となり山上から砲撃を加え、さらに兵力を展開して城下へと突入し白河城を占領した
 列藩同盟軍は横山主税をはじめ幹部多数を失い、約700名の死傷者を出したが、新政府軍の死傷者は20名前後と伝えられ、新政府軍の圧勝に終わった
--------------------
c0185705_19375667.jpg

戊辰の役古戦場

 市内の九番町の西端、ここ松並にあり、南は水田が開け、北は稲荷山の小丘を慶応四年(1868)奥羽諸藩鎮定のために、薩長大垣等の西軍が大挙して三方から白河を攻めた。東軍の会津、仙台、棚倉の兵は、白河城の南西の山に陣し、これを迎え撃った。この地は白河口での激戦地で、閏四月二十五日、会津兵は一旦西軍を退けたが、五月一日、再び来襲したので、西郷頼母、横山主税等が稲荷山に陣し迎え撃ったが、激戦、数十合、弾尽き刀折れ、戦死者数知れず遂に敗退のやむなきに至り小峰城は落城、城郭は焼失した。
 戦後両軍は、各々戦死者の碑を建て、霊を慰めた。
 この白河街道の左曲する両側に、長州藩三名大垣藩三名の墓、北側に会津藩戦死者の墓と会津藩主松平容保の題字の銷魂碑がある。

白河市教育委員会

--参考文献;Wikipedia「白河口の戦い」・ パンフレット「戊辰白河口の戦い」--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.06/23(SAT)

大田原城跡




平成24年(2012)
・ 6月22日
 慶応4年、西軍(新政府軍)の軍事拠点となった大田原城跡を見て来た。桜の時期でもあれば地元の商工会が「桜祭り」などを催して人も出るのであろうがこの日は誰とも出会わない
 ここの大田原藩兵と三斗小屋から出張った会幕軍とが戦ったことを想いながら1時間ほど散策
※ 現地の案内表示を写真に撮り後にそれを文字にしてるのだが、そこの「諸役所跡」に”菓子屋部屋”とあった。こう読めたのだが、何だろう

c0185705_19405379.jpg


板室・三斗小屋・大田原城の戦い(2012.06/21)
--------------------
慶応 4年(1868)
・ 5月 2日
 会幕軍、2度の敗戦で三斗小屋に撤退したが、再度大田原城を攻撃
 新たに
  会津藩の原田主馬隊(朱雀足軽三番隊)
  有賀左司馬隊(青龍足軽四番隊)
  飯野藩脱藩の森要三隊
の三部隊が加わり途中から二手に分れて進撃した。このとき大田原城にいた西軍だが主力の薩摩・長州らが白河戦の応援に出払っていて、僅かな大田原藩兵が残るのみ。戦いは会幕軍が圧倒したのだが占領は出来なかった。この夜、会幕軍は石林村(現西那須野)を焼払い、関谷で泊。翌日塩原に入って休息した後田島へ向う
     *
 南柯紀行(大鳥圭介)では第一大隊と大田原について、ごく簡単に次の記述がある
 第一大隊は板□(室)口にて官軍と戦い、其節小笠原新太郎戦死せし由、九月初旬大田原を焼払うたる事を聞けり、
※ 板室口での戦闘があったのは閏4月22日。九月初旬とあるのは五月初旬のことだろう
     *
--以下、現地案内表示から--
大田原城跡
 天文14年(1545)大田原資清によって築城され、町島水口より移り、以来明治4年(1871)の廃藩置県に至るまでの326年間、大田原氏の居城である。
 東西 210メートル、南北 327メートル、面積 9.1ヘクタール。
 本丸、二の丸、三の丸に区画され、この外、北・西両曲輪・馬場・作事場等、築城法にかなった防御を第一とした要塞の地である。明治5年(1872)兵部省に引渡され取り壊された。
 慶長5年(1600)徳川家康は関ヶ原戦の前、奥羽の情勢からこの地を重視して城の補修を命じ、さらに徳川三代将軍家光は寛永4年(1627)常時玄米千石を城中に貯蔵させ奥州への鎮護とした。文政8年(1825)には火災によって焼失したが、同9年新たに造営した。戊辰の役には西軍の軍事拠点となったために、東軍に手薄のところを攻められたが、火薬庫の爆発によって落城をまぬかれた。
 明治19年長野県渡辺国武(大蔵大臣)の所有に帰したが、昭和12年嗣子千冬(司法大臣)が、これを大田原町に寄贈したので、公園として整備し、市民の憩いの場となっている。

c0185705_11215621.jpg


二の丸跡
 大田原城は南東へ流れる蛇尾川右岸丘陵頂と麓の平地にある。比高約二五米複郭式の平山城で、城郭は東西三百米余、南北四百五十米、面積六,九ヘクタール。
 東側は蛇尾川の断崖をそのまま利用する本丸を中心に南へ二の丸、三の丸が並び北に北郭(北城)、西麓に西郭、馬場がある。二の丸には長屋二棟と弾薬庫があった。本丸へ通じる冠水門、南側からは三の丸の城主の住居、稲荷祠へ通じる道路がある。

c0185705_2226424.jpg


台門跡
 この門を入ると本丸である。本城唯一の石垣を用いた重層門である。右手に太平洋戦争中に大田原監視硝が置かれた。

c0185705_11232348.jpg


諸役所跡
 文政8年(1825)の大田原城御殿図によれば、正庁建物は正面十五間半(28.2米)奥行二六間(47.3米)総建坪(792.37平方米)である。
 玄関は唐破風造り殿舎内には城主の御住居の間・御広間・大広間の外諸役所として御槍の間・御書の間・御用所・御祐筆の間・御勝手間・御吟味役諸所・御目付役諸所・菓子屋部屋・坊主部屋・行灯部屋等の部屋があった。この正庁建物は明治5年(1872)兵部省に引渡され取りこわされた。

c0185705_22265383.jpg


--------------------
--参考文献;現地案内表示板/南柯紀行(大鳥圭介)--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.06/21(THU)

板室・大田原城・三斗小屋の戦い




平成24年(2012)
・ 6月21日
 三斗小屋宿には未だ行った事がない。一日をかけて、ユックリとノンビリなら或いは可能かとも考えるが今の時期クマが怖い。沼っ原から麦飯坂、ここを下って三斗小屋宿に至るコースが良さそうだ
--------------------
c0185705_1164578.jpg

慶応 4年(1868)
・閏 4月 6日-16日
 一旦日光から撤退した会幕軍は田島で軍の再編をし配置部署を定めた
  第一大隊( 450)     三斗小屋
  第二第三の 2大隊( 650) 日光口
  第四大隊・草風隊     塩原口
  同純義隊         白河口
・ 会幕軍
 田島で軍を再編した会幕軍は、第一大隊・別伝習隊・伝報隊・大砲隊・工兵隊が会津中街道を南下して三斗小屋から板室方面へ向った
 総数約 600人
  隊長 秋月登之助
  参謀 工藤(内田)衛守(別伝習隊)
     松井九郎(牧原文吾)
 いずれも元・御先備の会津脱藩士である。秋月と共に伝習第一大隊を率いた土方歳三は宇都宮で負った傷の治療中で不在
・ 西軍(新政府軍)
 薩摩・長州・大垣・忍の各藩隊ら、白河戦線の応援の為に大田原城に集結した
     *
板室の戦い
慶応 4年(1868)
・閏 4月20日
 板室に滞陣した会幕軍は、大田原城攻撃のため伝習二小隊を塩野崎へ先発させた 
・閏 4月21日
 会幕軍は斥候隊(一番小隊)・大砲隊・二番中隊・回天隊・伝報隊・別伝習隊を三道に分けて出撃した。しかし、先に出撃の情報を得ていた西軍はこれを塩野崎で待ち伏せて襲撃した
 西軍に不意を突かれた会幕軍は反撃もまゝならず、板室に撤退する
 西軍(薩摩・長州・大垣・忍の4藩)の約200人はそのまま塩野崎に泊陣し、翌22日に油井から板室を襲撃することとなる
・閏 4月22日
 六斗地、油井、阿久戸から板室で戦闘
 西軍は会幕軍を撃破した後、板室・阿久戸・油井の家々を焼払って大田原に戻り、会幕軍は三斗小屋への撤退を余儀なくされた
 この戦闘で小笠原新太郎(伝習第一大隊)、野村勝三郎(伝習隊)戦死

大田原城攻撃(再)
・ 5月 2日
 会幕軍、2度の敗戦で三斗小屋に撤退したが、再度大田原城を攻撃
 新たに
  会津藩の原田主馬隊(朱雀足軽三番隊)
  有賀左司馬隊(青龍足軽四番隊)
  飯野藩脱藩の森要三隊
の三部隊が加わり途中から二手に分れて進撃した
 このとき大田原城にいた西軍だが主力の薩摩・長州らが白河戦の応援に出払っていて、僅かな大田原藩兵が残るのみ。戦いは会幕軍が圧倒したのだが占領は出来なかった。この夜、会幕軍は石林村(現西那須野)を焼払い、関谷で泊。翌日塩原に入って休息した後田島へ向った
 その後、三斗小屋には青龍足軽四番隊と第一大隊の半分も再び滞陣するが、第一大隊の半分は6月に入ると撤収して、残るは
  有賀左司馬の青龍足軽四番隊
  原平太夫の青龍寄合二番隊(前は日光口にいた)
の計 100~ 200名の会津藩隊だけの布陣となる
・ 7月25日
 三斗小屋にいた会津藩隊の一部が黒羽藩領(高久地区)の13ケ村を放火、100戸以上の民家が焼払われた
・ 8月22日
 西軍、白河にいた館林藩3小隊と黒羽藩3小隊が、三斗小屋を目指して出発。彼等は三斗小屋の会津藩隊を撃破し、会津西街道にいる西軍と合流して若松へ攻め込む事にしていた。三斗小屋へは、那須岳を越えて行く部隊(北温泉泊陣)と、会津中街道の板室から行く部隊(大沢泊陣)の二手に分れた

三斗小屋の戦い
・ 8月23日 
 那須岳越えの襲撃部隊は、更に北回り(大丸経由)と南回り(那須湯本経由)の二手に分れて進軍した。先に戦闘が始まったのは南回りの隊の方面で、会津藩隊を撃破した諸隊はこの日から三斗小屋に泊。ともに襲撃する事になっていた板室回りの部隊だが、進軍に手間取り三斗小屋手前の沼ケ原で夜を明かし、戦闘には間に合わず。翌24日に合流した
 青龍足軽四番隊、10名以上の戦死者を出す
・ 8月24日 大峠
 三斗小屋に滞陣する館林&黒羽藩隊、会津国境の大峠を占領
・ 8月26日 中峠&駒返坂の戦い
 館林&黒羽藩隊、三斗小屋から野際に向けて進出。途中の中峠と駒返坂で戦闘、会津藩隊は敗退した。中峠には約50人、駒返坂には約200人の会津藩兵がいたと云う(西軍両藩の記録)
 この日の戦闘で
  青龍足軽四番隊長の有賀左司馬(32才)
  同寄合二番隊長の原平太夫(44才)
等が戦死。残った隊士は野際を退き、田島方面の会津藩隊に合流した模様
・ 9月 1日
 三斗小屋に戻った館林&黒羽藩隊は会津へ向けて出発。途中、会津西街道を北上してきた西軍諸隊と合流して大内峠を越え、関山で凌霜隊など会幕軍と衝突しつつ若松へ向った
・ 9月 8日 明治と改元
明治元年(1868)
・ 9月10日
 残留部隊によって三斗小屋は全戸焼き打された
--参考文献;三斗小屋温泉誌--
--------------------
c0185705_1173271.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.06/19(TUE)

会津中街道一里塚




平成24年(2012)
・ 6月19日
 会津中街道、福島から大峠を越え高林宿を過ぎて横林宿に至る手前の一里塚。道の両脇に一対で現存している

c0185705_10434791.jpg
 

案内板
--------------------
 会津中街道は1695年(元禄8年)に自然災害で通れなくなった会津西街道にかわる道としてつくられました。全長は約128キロメートルで、福島県の会津若松から県境の大峠・三斗小屋・板室、そしてこの地の横林を経て、矢板・氏家の阿久津河岸に至っています。会津藩の廻米(かいまい、江戸などに運ばれる米)輸送等に使われた道で、会津街道、会津東街道、会津北街道などとも呼ばれ、横林宿には物資の中継ぎなどを行なう問屋が置かれていました。
 一里塚は、江戸時代に一里(約4キロメートル)ごとに街道の両側に築かれた塚で、その上にエノキやマツなどが植えられました。旅人の目安であり、休息の場でもあったようです。横林の一里塚は地域の農村景観を形づくる貴重な文化遺産であり、江戸時代の廻米輸送の歴史を物語っています。

会津西街道
  会津藩の廻米輸送は、会津中街道がつくられる前は会津西街道やその他の道を利用していました。ところが会津西街道は1683年(天和3年)の日光大地震によって葛老山が崩れ、川をせき止めてできた五十里湖によって通行出来なくなりました。

五十里湖
  五十里湖は、江戸日本橋から50里の距離にあることから呼ばれたといわれ、1723年(享保8年)に大雨で決壊します。五十里ダム建設後にできたダム湖も五十里湖と呼ばれています。
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.06/17(SUN)

接骨木の一里塚




平成24年(2012)
・ 6月17日
 この一里塚と街道、会津中街道のものだと思ってたが違っていたかも知れない。会津中街道の宿は次のとうりで、接骨木(にわとこ)は14.横林宿と隣接しているのだが..
※ 次の宿は 15.石上宿(現大田原市)で、会津中街道は 14.横林宿から西に向かうようだ
・ 6月19日
 気になったので行って確かめて来た
 道向かいのもう一つの一里塚には「会津東街道」の石柱がある。会津中街道は会津東街道とも呼ばれはしたようだが、さて?

※ 道の両側にあるのが分かる写真と差し替えた
c0185705_1033252.jpg

c0185705_10375277.jpg

--------------------
会津中街道
  1.若松城下 (福島県会津若松市)
  2.面川宿  (福島県会津若松市門田町面川)
  3.香塩宿  (福島県会津若松市大戸町上三寄香塩)
  4.小塩宿  (福島県会津若松市大戸町上小塩)
  5.桑原宿  (福島県会津若松市大戸町上小塩)
  6.小出宿
  7.弥五島宿
  8.松川宿
  9.野際宿  (福島県南会津郡下郷町野際新田)
  (大峠:標高 1468m)
  10.三斗小屋宿 (栃木県那須塩原市那須岳国有林)
  11.板室宿  (栃木県那須塩原市板室)
  12.百村宿
  13.高林宿
  14.横林宿
  15.石上宿
  16.山田宿
  17.矢板宿  (栃木県矢板市)
  18.川崎宿  (栃木県矢板市川崎反町)
  19.乙畑宿  (栃木県矢板市乙畑)
  20.氏家宿  (栃木県さくら市氏家)
  (阿久津河岸)

--参考文献; Wikipedia「会津中街道」--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.06/16(SAT)

H24 白河集古苑企画展




平成24年(2012)
・ 6月16日
 白河集古苑企画展が開催される予定。楽しみに待ちたい
--------------------
「新島八重」企画展 福島県内3会場同時開催!!

 2013年、福島県を舞台としたNHK大河ドラマ「八重の桜」(主演;綾瀬はるか)が放映される
 主人公の新島八重(1845~1932年)は、「幕末のジャンヌ・ダルク」などと称され、激動の時代を生き、福島県・会津の誇りを生涯守り続けた女性である。この秋、大河ドラマ放映100日前を記念し、県内3会場において、八重ゆかりの遺品等を展示し、会津時代から京都時代までの八重の生涯を紹介するもの

企画展の概要

会場       白河会場         二本松会場        会津若松会場
期間       9月14日~11月4日    9月14日~11月4日    9月14日~11月4日
展示コンセプト  八重の生涯と戊辰戦争   八重の生涯と戊辰戦争   守護職拝命150年と
         プライド         覚悟           洋装姿の新島八重
場所       白河集古苑(白河市)    二本松市歴史資料館    鶴ヶ城天守閣博物館
入場料      無料           無料           500円(※1)
休館日      月曜日、祝日の場合は翌日 月曜日、祝日の場合は翌日
※1 天守閣の入場料を含む
--------------------
・ 新島八重(八重子)
 弘化 2年11月 3日(1845年12月 1日)- 昭和 7年(1932年 6月14日)
 幕末から昭和初期の日本女性。同志社創立者の新島襄の妻
 父は会津藩の砲術師範・山本権八。戊辰戦争時には砲撃を指揮し、若松城籠城戦では自らもスペンサー銃を持って戦ったという

c0185705_10235618.jpg

 白河集古苑 〒961-0074 福島県白河市郭内1-73(城山公園内)TEL;0248-24-5050
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2012.06/13(WED)

六方越 大鳥旧幕府軍




平成24年(2012)
・ 6月13日
 さほど忙しいってことも無いのだが出掛けるのが億劫になっている。加えて、今まで使ってきたパソコンの調子が悪く止む無く更新(dynabookR731・6月8日)したのだが、調整や引っ越し作業などにナンヤカヤ時間がかかって出掛けられないでいる
 この作業中に出て来た写真のことで..
--------------------
平成23年(2011)
・11月 1日
 快晴!五十里ダムから栗山(現日光市)に向う。トンネルを抜け川治ダム・日向を経て「青柳日光線」で霧降、日光まで
 写真は途中、栗山の村落が見渡せる場所から撮ったもの
--------------------

c0185705_10171095.jpg


慶応 4年(1868)
・閏 4月 1日
 旧幕府軍(都督大鳥圭介)は軍を再編するため一旦日光を撤退し田島(現福島県南会津町田島)に向かう
・閏 4月 2日
 「六方越」を経て日向村で宿泊。大鳥が宿泊している名主宅に、会津藩士和田忠蔵と同磯上蔵之丞が訪ねてきて家老萱野権兵衛からの伝言を述べた。旧幕府軍の会津領退去要請であった。大鳥は要請を拒否
・閏 4月 3日
 大鳥、五十里宿で会津藩家老萱野権兵衛に面会し、宇都宮や日光での戦況を伝え承諾を得る。五十里宿と三依宿(現日光市三依)に分散して宿泊
・閏 4月 4日
 横川宿(現日光市横川)
--------------------
※ この六方越、次に「南柯紀行」大鳥圭介の記述を引用する

南柯紀行

慶応 4年(1868)
・閏 4月 1日

 閏四月
 朔日兵隊中議論二種あり、甲は今此に弾薬兵粮の儲もなく、持久せば不日困迫に至るゆえ一旦会津領内に入り一体の規律を調え薬粮を備え而して後再び帰り来るを良とすと、乙曰く今眼前に敵兵の来るを見て一戦も為さず会領に入るは武人の恥ずるところなり、弾薬は乏しと雖も決戦して神廟の前に死せば是れ元より願う所の墳墓の地なれば遺憾なしと云、両説共に理あり、乍去乙は真に愉快の見識なれども衆人の行いがたきところにして歩兵共にて殊更土崩瓦解を免れず、ゆえに予は甲説の方穏かにして全隊を取締るにも最も良しと思えり、因て本日早朝各隊の士官を集会し各別に異見も之れなき故に、今より先ず傷者を運出する手筈を為し今晩にも爰許出発可然と各隊に令を伝えたり、会津表より林正十郎、宰相殿より手書を持来り是迄の戦功を賞せられ、予には御紋附の羽織を贈られ兵隊へは酒肴料を贈られたり、且云不日会津よりも兵を出し勢を合すべき見込にして已に有志の輩は出立したる者あり、必ず此上尽力あるべしとなり、是に於て全軍士官感泣せり乍然前件既に決定したれば一旦は会領へ引揚げの事を林に告げ、其旨を速に宰相殿に還報し給えとて即日分れたり。
 今早朝土州の人数已に今市に入り来る由なれば、草風隊幷伝習一小隊を七里村に出して今市に備えしむ、午時頃今市の方に砲声聞ゆるの報告あり、間もなく今市より兵を出し七里村にて戦争起れりと注進あり、因て予思うに先の如く已に軍議決したれば可成丈戦争を為さざる方可然と考うれども、既に砲声聞ゆるに至ては夫々兵を備え置き其内に各隊支度なし今晩にも出発すべしと令を伝え、彼是周旋中砲声も止みければ斥候の者を遣わせしに格別の戦にも為らず相引きて戦止み味方怪我草風隊一人敵は三人打斃したりと云、其後各隊速に出発の用意を為し病者は小佐越通より送るべき令を伝う、先鋒は七ツ時頃日光を発す予が出でしは已に六時過にて燭を点せり。
 日光より会領五十里に至る両道あり、一は今市より小佐越に出て高原を経て五十里に行くなり、是れ即本道にて牛馬も通じ会津廻米の道なり、一は日光より直に山に入り山岳を越え日陰村に出て五十里に出ずるなり、是れ間道にて八里程の間人烟なく山道危険牛馬通り難く蜀道の険にも劣るまじと思う斗なり、之を六方越と曰う。
 日光に出て山路にかかりしところ、雨後にて泥深く初めの間は提灯ありたれども終には蠟燭尽き咫尺を弁ぜず、加之多衆の人員なれば前後粉擾陸続として歩を進むること能わず、一歩踏墜せば下は千仞の深谷なれば半丁にては行止り一丁行きては休み、大軍の山道を挙る辛苦喩うるにものなし、別に嚮導と曰うものもなければ只大凡方角を定めて跋渉し、深山窮(幽)谷を経て路程凡三里も行きたるに已に夜半の景色なりければ今一里も行きたれば休息せんと、疲れたる脚を引て進み程能き木陰に倚りて腰を掛け、其傍に落ちたる枯木を拾い集め火を点じ露に湿えるを乾かせしに、最早夜半過ぎにもなりければ何れも疲労し覚えず焚火の囲に団欒して、石を枕とし木の枝を折て蓐となし露臥し一睡を為せしに、風の来て樹を吹動す毎に露落ちて顔或は背を霑し屢々夢を覚したり、平日は少し仮寝して衾薄ければ忽ち感冒せしが不思議に風邪罹らず奇妙なるものなり、暁方眊(眼)覚めて四方を見るに千山万岳一碧中に一種の花あり、即都下にては躑躅と名づくるものと同物にて、其樹幹一尺五寸又は二尺余もありて高さ一丈五尺或は二三丈に至るもあり、枝繁茂して四方に垂れ桃色の花を着くるあり又白色の花を帯ぶるあり、就中其雪白なるもの白躑躅の花の大なるものに似て其嬋姸淡白なる姿万花中比喩すべきものなし、之を名けて野州花と呼ぶ、これ野州のみに生ずるを以てなり、実に四山の景況小桃源とも謂うべきなり因て一詩を賦す。

  深山日暮宿無家、枕石三軍臥白沙、暁鳥一声天正霽、千渓雪白野州花、
  重巒道険細於糸、暗夜挙来兵悉疲、澗底掬泉分緑草、樹陰燃火拾枯枝、
  滴襟零露寒驚夢、払袂山風冷透肌、林外馬嘶天欲曙、満渓朝霧日舛(昇)遅、

c0185705_2050452.jpg



--------------------
参考文献;「評伝 大鳥圭介・威ありて、猛からず」高崎哲郎
     「南柯紀行」大鳥圭介
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]