<   2015年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2015.12/31(THU)

有故潜行北越帰途所得




c0185705_11465282.jpg

--------------------
有故潜行北越帰途所得 会津 秋月胤永

  行無輿兮帰無家 行くに輿(こし)なく帰るに家なし
  國破孤城乱雀鴉 国破れて孤城雀鴉(じゃくあ)乱る
  治不奏功戦無略 治(ち)功を奏せず戦いに略なし
  微臣有罪復何嗟 微臣罪ありまた何をか嗟(なげ)かん
  聞説天皇元聖明 聞くならく天皇元より聖明
  我公貫日発至誠 我が公の貫日至誠より発す
  恩賜赦書応非遠 恩賜の赦書(しゃしょ)はまさに遠きに非ざるべし
  幾度額手望京城 幾度(いくたび)か手を額にして京城を望む
  思之思之夕達晨 之(これ)を思い之を思えば夕(ゆうべ)晨(あした)に達す
  憂満胸臆涙沾巾 愁いは胸臆(きょうおく)に満ちて涙は巾(きん)を沾(うるお)す
  風淅瀝兮雲惨澹 風は淅瀝(せきれき)として雲は惨憺(さんたん)たり
  何地置君又置親 何(いず)れの地に君を置き又親を置かん
--------------------
秋月悌次郎詩碑(2013.04/27)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/29(TUE)

藝藩戦死墓 日光市下鉢石町




--------------------
c0185705_10132239.jpg

写真;2015.12/27

藝藩戦死墓
 広島藩四名の合葬墓のようだ(日光・龍蔵寺には「藝州戦死八士墳墓」があり、この四名についても合わせて祀ったのだろうか...)
藝州戦死八士墳墓(龍蔵寺)(2015.02/11)

広島藩〈安芸・四十二万六千石・浅野氏・外様〉
 ・梶川五郎左衛門 明治元年八月二十六日下野横川村で戦死/二十六歳/日光観音寺に葬/東京港区泉岳寺に墓/靖国
 ・松浦熊雄    応変隊/戦士/明治元年九月一日岩代火玉峠で戦死/二十五歳/日光観音寺と東京港区泉岳寺に墓/靖国
 ・渡辺他人丞   応変隊/戦士/明治元年九月二日岩代栃沢村で戦死/四十歳/日光観音寺と東京港区泉岳寺に墓/靖国
 ・田辺内蔵之進  応変隊/明治元年九月九日会津勝間美峠で傷、のち死/二十歳(二十四歳とも)/日光竜蔵寺と東京港区泉岳寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
c0185705_10141423.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/28(MON)

大澤富三郎墓 宇都宮市塙田1丁目3-3・慈光寺




c0185705_2128392.jpg

写真;2015.12/27

大澤富三郎墓

墓碑表に
忠誠院功山義道居士
墓碑左に
 ほとんど判読出来なかったのだが、大澤富三郎と刻されていたのがやっと読めた

宇都宮藩〈下野・七万一千石・戸田氏・譜代〉
 ・大沢富三郎 明治元年九月一日会津大内峠で戦死/四十二歳/宇都宮慈光寺に葬/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
慈光寺
c0185705_212940100.jpg

--------------------
間瀬半八郎墓(慈光寺)(2015.03/06)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/28(MON)

宮の細道 --おたりや堂-- 宇都宮市馬場通り・二荒山神社




c0185705_8482879.jpg

写真;2015.12/28
--------------------
以下、現地の案内板から

宮の細道 おたりや堂 三番
 十二月十五日は冬の神、一月十五日は春の神として氏神様がこのおたりや堂にお出ましになり、田楽をご覧になり、その後氏子内を巡られる「おたりや」にとって重要なところです。
 この日、どんど焼きが二荒山の境内で行われ、古い縁起物・お札などが燃され、その火に当たると風邪をひかないと言われる。
     宇都宮東ロータリークラブ
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/27(SUN)

矢島佐吉、高木次郎、雨宮良之助の墓 宇都宮市宮町2-10・能延寺
 能延寺の墓地は二か所に別れており、戦死墓があるのは本堂とは道路を挟んだ反対側、塀に囲まれた中にある(向って左に矢島佐吉・中央に高木次郎・右に雨宮良之助の三基が並んである)




矢島佐吉墓
c0185705_19391651.jpg

彦根藩(近江・二十五万石・井伊氏・譜代)
 ・矢島佐吉  徒士/銃手組渡辺九郎右衛門隊/明治元年四月十七日下野小山で戦死/二十二歳/宇都宮能延寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
高木次郎墓
c0185705_19412775.jpg

彦根藩(近江・二十五万石・井伊氏・譜代)
 ・高木次郎  釟太郎とも/徒士/渡辺九郎右衛門隊/明治元年四月十七日下野小山で戦死/三十六歳/宇都宮能延寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
雨宮良之助墓
c0185705_20263260.jpg

彦根藩(近江・二十五万石・井伊氏・譜代)
 ・雨宮良之助 徒士/明治元年四月十六日下野小山で戦死/二十六歳/宇都宮能延寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--

栃木、福島の戊辰戦争 1/2(2013.12/01)

--------------------
能延寺
c0185705_200319.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/22(TUE)

沼ッ原 那須塩原市黒磯




 会津中街道、板室本村を北に向うと、沼ッ原→麦飯坂→三斗小屋宿→大峠→野際新田に至る
--------------------
c0185705_2312209.jpg

慶応 4年(1868)
・ 8月22日
 西軍、白河にいた館林藩3小隊と黒羽藩3小隊が、三斗小屋を目指して出発。彼等は三斗小屋の会津藩隊を撃破し、会津西街道にいる西軍と合流して若松へ攻め込む事にしていた。三斗小屋へは、那須岳を越えて行く部隊(北温泉泊陣)と、会津中街道の板室から行く部隊(大沢泊陣)の二手に分れた
三斗小屋の戦い
・ 8月23日 
 那須岳越えの襲撃部隊は、更に北回り(大丸経由)と南回り(那須湯本経由)の二手に分れて進軍した。先に戦闘が始まったのは南回りの隊の方面で、会津藩隊を撃破した諸隊はこの日から三斗小屋に泊。ともに襲撃する事になっていた板室回りの部隊だが、進軍に手間取り三斗小屋手前の沼ケ原で夜を明かし、戦闘には間に合わず。翌24日に合流した
・ 8月24日 大峠
 三斗小屋に滞陣する館林&黒羽藩隊、会津国境の大峠を占領
・ 8月26日 中峠&駒返坂の戦い
 館林&黒羽藩隊、三斗小屋から野際に向けて進出。途中の中峠と駒返坂で戦闘、会津藩隊は敗退した。中峠には約50人、駒返坂には約200人の会津藩兵がいたと云う(西軍両藩の記録)
・ 9月 1日
 三斗小屋に戻った館林&黒羽藩隊は会津へ向けて出発。途中、会津西街道を北上してきた西軍諸隊と合流して大内峠を越え、関山で凌霜隊など会幕軍と衝突しつつ若松へ向った
・ 9月 8日 明治と改元
明治元年(1868)
・ 9月10日
 残留部隊によって三斗小屋は全戸焼き打された
--------------------
c0185705_1945497.jpg

板室・大田原城・三斗小屋の戦い(2012.06/21)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/18(FRI)

有田文太郎之墓 那須塩原市越堀116・浄泉寺




--------------------
c0185705_21281954.jpg

写真;2015.12/17

官軍
土佐藩有田文太郎之墓


土佐藩(土佐・二十四万二千石・山内氏・外様)
・有田文太郎 明治元年八(九)月若松で傷、十月二十五日下野越堀で死/二十一歳/栃木県黒磯・浄泉寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
浄泉寺
c0185705_21291040.jpg




「越掘宿」と戊辰戦争(2012.09/28)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/18(FRI)

柘植善太夫墓 那須町芦野・西光寺




--------------------
c0185705_10111756.jpg


 忍藩
 柘植善太夫墓


忍藩(武蔵・十万石・松平氏・譜代)
・柘植善太夫 真影流の剣と大島流の槍で高名/明治元年五月一日磐城白河で戦死/二十八歳/下野那須郡芦野・西光寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------

c0185705_1011431.jpg



芦野宿(2014.10/24)
第九章 五月朔日の大激戦(2013.01/21)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/17(THU)

塙祐七墓 那須町芦野2870・最勝院




平成27年(2015)
・12月17日
 福島以北は既に冬で行き難い。で、まだ積雪の無い那須地方(芦野、最勝院→西光寺→越堀、浄泉寺)を廻ってきた
--------------------
写真;2015.12/17
c0185705_236747.jpg


墓碑表
 官軍阿州
 上田甚五右エ門内
 塙祐七藤原好孝墓
 慶應四辰歳八月三日

徳島藩(阿波・二十五万七千九百石・蜂須賀氏・外様)
・塙 祐七  明治元年東北征戦中病死/二十九歳/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
最勝院
c0185705_21244950.jpg

--------------------
芦野宿(2014.10/24)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.12/13(SUN)

山王茶屋峠下跡地 会津西街道・糸沢峠下




--------------------
c0185705_8532720.jpg

平成27年(2015)
・12月13日
 山王茶屋は「奥会津博物館」に移設され、古民家レストランとなって保存されているが、その茶屋が元あった場所を見てきた
 慶応四年(1868)閏四月、日光を撤退して田島に向う大鳥圭介が、会津藩若年寄山川大蔵とはじめて出会った場所である
 この後、大鳥圭介は山川と行動を共にすることとなる
--------------------
山王茶屋と糸沢宿(2012.07/24)
栃木、福島の戊辰戦争 1/2(2013.12/01)南柯紀行/大鳥圭介
山川大蔵(浩)(2013.04/01)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]