<   2015年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2015.08/30(SUN)

前田雀郎句碑 宇都宮、二荒山神社




c0185705_14445615.jpg

写真;2013.11/19
--------------------
以下、現地の案内板から
まえだ じゃくろう
前田雀郎句碑

     夢の中 古里人は 老いもせず

 雀郎は、名前を源一郎といい、明治三〇年二荒山の眼下であった相生町の足袋商前田屋の長男として生まれた
 若くして川柳の道に入り、宇都宮市立商業学校卒業後上京して講談社に入社、のち都新聞社に移り、都柳壇の選者となる一方、古俳諧の研究につとめ「俳諧と川柳」、「柳多留序文の研究」等の研究書を刊行し川柳の正しい在り方を示した
 昭和十九年戦火を避けて宇都宮に疎開し、県内において川柳の普及と指導に務め、昭和二七年下野新聞に柳壇が設けられるや選者となり、同年栃木県文化功労者に選ばれた
 昭和二九年再上京し、同三三年「川柳探究」を刊行し、川柳の進む道を世に問うた
 このようにして、全国的な川柳家として活躍した雀郎であったが、昭和三五年病を得て急逝した。享年六二であった
     宇都宮観光コンベンション協会
     宇都宮雀郎会
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/28(FRI)

澤為量の出羽転戦 澤為量・奥羽鎮撫副総督の征討記録から




c0185705_19553674.jpg

写真引用;慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史(近代デジタルライブラリー)

さわ ためかず
澤為量の出羽転戦
   年  月 日
慶応3年 12月  王政復古
  4  1月3- 4.鳥羽・伏見の戦
       5.新政府は東海道、
       9.東山道、
       20.北陸道、
     2月3.九州へそれぞれ鎮撫総督派遣
       9.江戸城占拠
     3月2.奥羽鎮撫総督以下五百(八百?)余名、京を発つ
         奥羽鎮撫 総 督 九條道孝(29歳)
              副総督 澤 為量(56歳)
              参 謀 世良修蔵、醍醐忠敬(19歳)、大山格之助
       18.仙台領松島湾に着(大阪より軍艦)
       23.仙台城下「仙台藩藩校養賢堂」着、ここを本陣として滞陣
     4月10.庄内情勢の悪化で庄内藩征討の命令が下る
       12.「養賢堂」を出立
       14.岩沼で九條総督の本隊と別れ、天童藩重臣吉田大八(37歳)を先導役とし、わずかの薩長兵と共に大雪の残る笹谷峠から奥羽山嶺を西に越え庄内藩征討へと向う
         以来、出羽戦線では庄内軍など列藩同盟軍と激しい攻防戦を繰り返した
    閏4月20.未明、福島で仙台藩士らが世良修蔵を斬首
     5月  米沢・仙台両藩軍の進攻懸念により急遽新庄から秋田北辺へ転陣。しかし、同盟論大勢の秋田に止まれず、なお北上を続けて出羽最北部の大館に至り、さらに北上しようとするが津軽藩に拒否され日本海に面する能代湊へと転陣
     6月18.この頃鎮撫軍は苦戦
         列藩同盟が天童藩吉田大八の身柄引渡しを要求すると、吉田は米沢藩に自ら捕えられ切腹した
     7月1.奥羽鎮撫三卿(九條総督、澤副総督、醍醐参謀)、久保田城下で集結に成功。以降同城を策略地とした
     8月11.列藩同盟軍の進攻により横手城が落城した。横手に出陣していた澤は神宮寺へ転陣
明治元年 9月10.列藩同盟軍、神宮寺の本道・山道両筋から挟撃。澤副総督、またも角館へ転陣
         この日「雪暫時にして雨」
         ※ いづれも転陣とは言いながら落行(逃避行)ではあるが、よく奥羽の地に踏み止まり、九月下旬新政府軍の奥羽戦線勝利となる
--引用、要約;「戊辰戦争出羽戦線記」神宮滋著・無明舎出版・2008年発--
--------------------
清川の戦い
   年  月 日
慶応4年 4月  奥羽鎮撫総督府、庄内征討を決定する
       14.副総督澤為量、参謀大山格之助を出羽へ派遣。天童藩吉田大八が先導し、薩長の兵凡そ二百三十名が従った
       17.山形を経て上山に入る
       20.天童に着き羽州街道を北へ新庄に向う
       23.午後一時、新庄に着き川舟で最上川を清川に向う。新庄は羽州街道の宿場町であり、近くには最上川舟運の河港をもつ交通の要所である。対して庄内は一方を日本海に接し、三方は険しい山に囲まれ守り易く攻めにくい地である。ただ、最上川の流れ込む東側は開けており、庄内藩は東境清川に兵を出していた
       24.清川の手前土湯で舟を下りた総督府軍は山道を進み腰巻岩を占領、さらに一隊は立谷沢川上流の浅瀬を渡り清川南側の山を占領した。庄内軍指揮官松平甚三郎は兵をまとめ立谷沢川左岸で応戦しようとしたが、総督府軍の高所から撃ち下ろす奇襲攻撃に死傷者が続出して苦戦、御殿林という杉林に逃げ込み応戦する。はじめ、戦況は圧倒的に総督府軍が有利であったが、庄内藩が清川に配備した兵凡そ四百が次第に冷静さを取り戻して攻勢となり、加えて近隣の多数の農民が旗や幕を持ち出して背後の山から加勢した。また、庄内軍の増援がおいおい到着すると総督府軍は撤退を開始した
           総督府軍  戦死者12名、負傷者 9名
           庄 内 軍  〃  17 、〃  14
       25.総督府軍、新庄に帰還
         ※ 清川は清河八郎の出身地である
--引用、要約;「戊辰戦争全史〈上〉」菊地明/伊東成郎編・p.247・石山順子--

年表・新潟、東北の戊辰戦争(2015.08/21)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/26(WED)

戊辰戦争出羽戦線記




c0185705_13373125.jpg

        戊辰戦争出羽戦線記
        神宮滋 編著 無明舎出版
--------------------
戊辰戦争出羽戦線記 ◎ 目次
--------------------
 はしがき  5
序 章 澤為量と戊辰戦争出羽戦線  11
        戊辰戦争/澤為量の出羽戦線/老いてなお志高し/異風の公卿/公卿お飾り論/さわさんみ/本書の構成
第一章 澤副総督の行軍及び在陣日誌  23
        三月二日京師発程~六月十三日三卿久保田集結見通しまで
        三月廿日松島浜発途~仙台城下陣中
        四月九日仙台滞陣~七月廿九日久保田在陣
        八月十四日仙北在陣~九月廿三日久保田在陣
        八月廿三日仙北在陣~九月十日久保田在陣
        八月朔日久保田在陣~明治二年正月東京凱旋後
第二章 澤(副総督、同会議所)の発信受信文書  121
第三章 探索報知文書  141
 むすび  173
 補論 東北から今一つの戊辰戦争論  175
        戊辰戦争なしで中央集権国家は成立し得たか
        北方政権論は東北正義論の前座であっていいか
        雪冤物語が繰り返されていないか
        小異と愛惜は論理の外であってよいか
 付属資料  185
 参考資料  203
--------------------
戊辰戦争出羽戦線記(澤為量・奥羽鎮撫副総督征討記録から)
 発行日;2008年 6月20日
 著者 ;神宮滋
 発行所;無明舎出版
--------------------
さわ ためかず
澤為量 文化九年(1812)三月十四日ー明治二十二年(1889)八月九日
 幕末・明治初期の公卿
 戊辰戦争では、慶応四年(1868)二月奥羽鎮撫総督に任ぜられ、ついで九条道孝の総督就任とともに副総督となり出陣した。このとき澤は五十六歳であったが、新政府軍と奥羽越列藩同盟軍が熾烈な戦闘を展開した東北戦争において出羽(山形、秋田)戦線の陣頭にたち各地を転戦、十月凱旋する。明治二年(1869)六月、軍功により賞典禄二百石を永世下賜された



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/26(WED)

【リンク・一覧】
※ カテゴリ【宇都宮市】からリンク




カテゴリ
宇都宮戊辰戦争史跡ほか【リンク・一覧】
栃木県宇都宮市
--------------------
 材木町  安養寺  土佐藩・高橋喜佐冶墓(2016.03/04)
 材木町  安養寺  宇都宮藩・山口弥太郎、中居直記、原要之助墓(2016.03/04)
 材木町  観専寺  宇都宮藩・宮沢治部助墓(2016.03/04)
--------------------
 鶴田町       雨情旧居(2014.10/02)
--------------------
 西川田  光音寺  戊辰戦死墓(光音寺)(2014.12/11)
--------------------
 西原   光琳寺  桑名藩七名墓(光琳寺)(2015.01/11)
 西原   光琳寺  官軍因州藩士之墓(光琳寺)(2014.10/02)
 西原   光琳寺  官軍因州藩士之墓 2(光琳寺)(2014.10/03)
 西原   報恩寺  戦死烈士墓(報恩寺)(2014.10/02)
 西原   報恩寺  戊辰薩藩戦死者墓(報恩寺)(2014.10/01)
 西原   報恩寺  官軍七首級之墓(報恩寺)(2014.10/01)
 西原   六道辻  六道辻「戊辰役戦士墓」(2012.08/14)
--------------------
 塙田   慈光寺  間瀬半八郎墓(慈光寺)(2015.03/06)
 塙田   慈光寺  大澤富三郎墓(慈光寺)(慈光寺)(2015.12/28)
--------------------
 馬場通り 二荒山神 前田雀郎句碑(二荒山神社)(2015.08/30)
 馬場通り 二荒山神 宰鳥(蕪村)句碑(2013.11/24)
 馬場通り 二荒山神 二荒山神社攝社下之宮(2013.11/23)
 馬場通り 二荒山神 ニ荒山神社(2013.11/20)
 馬場通り 二荒山神 蒲生君平顕彰碑(二荒山神社)(2013.11/20)
 馬場通り 二荒山神 宮の細道 --おたりや堂--(2015.12/28)
--------------------
 本丸町  宇都宮城 富士見櫓(2013.11/19)
 本丸町  宇都宮城 清明台櫓(2013.11/15)
 本丸町  宇都宮城 贈従三位戸田忠恕之碑(2013.11/21)
           宇都宮第二次攻防戦要図(2013.10/09)
--------------------
 幕田町       戦士死十七名霊(幕田)(2014.01/18)
--------------------
 宮町   能延寺  矢島佐吉、高木次郎、雨宮良之助の墓(2015.12/27)
--------------------
 陽西町       栃木県護国神社(2014.01/19)
--------------------
 その他       藩主逃亡(2012.09/24)
 その他       宇都宮城の攻防Ⅰ(2012.05/28)
 その他       宇都宮城の攻防Ⅱ(2012.05/30)
--------------------
           淺田惟季北戰日誌ニ云(2013.11/20)
           三、宇都宮戦争(凌霜隊戦記)(2014.12/27)
           壬生、安塚の戦い(2012.09/10)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/24(MON)

若松城天守閣




c0185705_7245287.jpg

若松城天守閣 再建
 寛永十六年(一六三九)加藤成明は城郭の大改修を行い、七層の天守を五層に改めた。このときの天守が明治七年に破却されるまで会津平野にその威容を誇っていた。現在の再建天守閣は昭和三十九年に着工、翌四十年九月に竣工した
--参考文献;佐藤恒雄「鶴ヶ城を歩く」1998年 9月19日発行、歴史春秋出版社--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/24(MON)

【リンク・一覧】
※ カテゴリ【会津若松市】からリンク




カテゴリ
若松戊辰戦争史跡ほか【リンク・一覧】
福島県会津若松市
--------------------
 一ノ堰  光明寺  一ノ堰の戦い戦死者墓碑(光明寺)(2013.09/19)
 一ノ堰       一ノ堰萩の原六地蔵尊(2013.09/12)
 一ノ堰       一ノ堰の戦い(2013.09/11)
--------------------
 一箕町       石部桜(2013.04/29)
 一箕町  飯盛山  飯盛山/白虎隊十九士(墓)(2016.07/23)
 一箕町  飯盛山  白虎隊十九士(墓)1・鈴木源吉・篠田儀三郎・安達藤三郎・有賀織之助
 一箕町  飯盛山  白虎隊十九士(墓)2・間瀬源七郎・簗瀬武治・簗瀬勝三郎・野村駒四郎
 一箕町  飯盛山  白虎隊十九士(墓)3・永瀬雄次・津田捨蔵・津川喜代美・西川勝太郎
 一箕町  飯盛山  白虎隊十九士(墓)4・林 八十治・伊東悌次郎・池上新太郎・石田和助
 一箕町  飯盛山  白虎隊十九士(墓)5・伊藤俊彦・石山虎之助・井深茂太郎
 一箕町  飯盛山  水戸藩諸生党鎮魂碑(2016.07/24)
 一箕町  飯盛山  凌霜隊之碑(飯盛山)(2016.07/24)
 一箕町  飯盛山  会藩勤皇詩碑(2016.07/25)
 一箕町  飯盛山  会津藩殉難烈婦の碑(2016.07/25)
 一箕町  飯盛山  飯沼貞雄(貞吉)翁の墓 (2016.07/26)
 一箕町  飯盛山  飯盛山霊牛神堂(2016.07/27)
 一箕町  飯盛山  ローマ市寄贈の碑(2016.07/30)
 一箕町  飯盛山  松平容保公弔歌の碑(2016.08/01)
 一箕町  滝沢   旧滝沢本陣(2016.10/22)
 一箕町  滝沢   松平容保公像(旧滝沢本陣)(2016.10/26)
 一箕町  妙国寺  殉節白虎隊士之霊(2016.12/06)
--------------------
 追手町  鶴ヶ城  鶴ヶ城を歩く【目次】(2015.08/22)
 追手町       萱野権兵衛屋敷跡(2016.05/20)
--------------------
 大戸町  常金寺  鈴木五郎墓、鈴木忠之助墓(2016.10/23)
--------------------
 大町   一之町  札の辻・大町四ツ角周辺(2016.04/20)
 大町   一丁目  歴史の舞台・清水屋旅館跡(2016.04/21)
 大町   二丁目  東明時・西軍墓地(墓碑配置図)(2016.06/07)
 大町   二丁目  西軍墓地(2016.06/13)
 大町   融通寺  町野主水家墓所(融通寺)(2015.05/01)
 大町   融通寺  町野主水墓・融通寺 (2016.07/07)
 大町   融通寺  町野久吉首塚・融通寺 (2016.07/07)
 大町   融通寺  町野家家族墓・融通寺 (2016.07/07)
--------------------
 小田山  恵倫寺墓 柴四朗・五郎の墓(恵倫寺墓地)(2015.10/16)
 小田山       西軍砲陣跡(小田山)(2015.10/16)
 小田山       小田山公園碑(2015.10/17)
 小田山       丹羽能教墓(2015.10/17)
 小田山       田中玄宰墓(2015.10/17)
 小田山       観音堂跡(2015.10/17)
--------------------
 河東町  戸ノ口原 戸ノ口原古戦場跡(2015.05/04)
 河東町  戸ノ口原 白虎隊が露営した菰土山(2015.05/04)
 河東町  戸ノ口原 戊辰戦争戦死者の墓群(2015.05/04)
--------------------
 北会津町 上米塚  上米塚の渡し跡(2015.07/30)
 北会津町 宝寿院  古田伝之助墓(2016.12/05)
--------------------
 北青木  善龍寺  会津藩士墓地(案内図)(2016.07/20)
 北青木  善龍寺  西郷頼母・千重子墓(2016.07/20)
 北青木  善龍寺  二十一人之墓(2016.07/21)
 北青木  善龍寺  なよたけの碑・千重子辞世の句碑(善龍寺)(2016.07/22)
 北青木  善龍寺  山門(善龍寺)(2016.07/22)
--------------------
 北出丸大通り    北出丸大通り(松平容保・秋月悌次郎)(2015.06/10)
 北出丸大通り    西郷頼母邸跡(2015.06/12)
 北出丸大通り    会津藩家老内藤邸跡(2015.09/05)
--------------------
 行仁町  真龍寺  柿澤勇記墓(真龍寺)(2015.09/02)
--------------------
 黒岩   大窪山  旧会津藩大窪山共同墓地(2016.07/21)
           旧会津藩大窪山共同墓地(案内図)
--------------------
 慶山   大龍寺  戊辰戦争殉難節供養碑(大龍寺)(2015.10/15)
 慶山   大龍寺  山本家之墓所(大龍寺)(2015.10/16)
 慶山   大龍寺  永井氏七人之墓(大龍寺)(2015.10/17)
 慶山   大龍寺  沼澤家二代重通墓(大龍寺)(2015.10/17)
 慶山   大龍寺  沼澤七郎之墓(大龍寺)(2015.10/17)
 慶山   大龍寺  小笠原長時公及び室・息女墓(大龍寺)(2015.10/19)
--------------------
 建福寺前 建福寺  河井継之助君埋骨遺蹟(2015.09/02)
--------------------
 神指町       神指城跡(2013.09/13)
 神指町       高瀬の大木(ケヤキ)(2013.09/13)
--------------------
 蚕養町  蚕養國神 蚕養國神社(2015.09/02)
 蚕養町  蚕養國神 照宮御誕生記念碑(2015.09/07)
 蚕養町  蚕養國神 峰張ザクラ(2015.09/07)
--------------------
 栄町   興徳寺  秋月登之助墓(興徳寺)(2015.09/03)
 栄町   興徳寺  幕末余聞(興徳寺)(2015.09/05)
 栄町   興徳寺  蒲生氏郷公墳墓之地(興徳寺)(2015.09/04)
 栄町   興徳寺  蒲生氏郷公の肖像(興徳寺)(2015.09/04)
 栄町   興徳寺  氏郷公辞世の歌碑(興徳寺)(2015.09/05)
 栄町   興徳寺  興徳寺墓地(秋篠宮妃紀子さま父方御先祖の墓)(2015.09/05)
--------------------
 材木町  秀長寺  秀長寺古戦場碑・戦没者供養塔・佐川官兵衛歌碑(2015.11/06)
 材木町  秀長寺  秀長寺古戦場碑(2015.11/07)
 材木町  秀長寺  佐川官兵衛歌碑(2015.11/07)
 材木町  秀長寺  忠魂碑(2015.11/08)
 材木町  住吉神社 住吉神社(2015.11/07)
--------------------
 城前        旧陸軍29連隊正門(レンガ門)(2016.05/20)
 城前        山川大蔵(浩)屋敷跡(2016.05/20)
 城前        柴邸跡(2016.05/21)
--------------------
 十六橋       ファン・ドールン先生(2012.10/21)
 十六橋       渡邊信任翁頌徳碑(2012.10/13)
 十六橋       母成峠、十六橋の戦い(2012.10/11)
--------------------
 七日町  阿弥陀寺 戦死墓(阿弥陀寺)(2014.09/04)
 七日町  阿弥陀寺 斎藤一の墓(阿弥陀寺)(2014.09/05)
 七日町  阿弥陀寺 黒河内伝五郎の墓(阿弥陀寺)(2014.09/05)
 七日町  阿弥陀寺 御三階(阿弥陀寺)(2014.09/05)
 七日町  阿弥陀寺 萱野長修遥拝碑(阿弥陀寺)(2014.09/04)
 七日町  阿弥陀寺 東軍墓地(阿弥陀寺)(2016.04/21)
 七日町  阿弥陀寺 松平容保公肖像(2016.04/22)
--------------------
 飯寺   本光寺  無縁戦死供養(本光寺)(2015.07/29)
 飯寺   本光寺  長岡藩士殉節之碑(本光寺)(2015.07/29)
 飯寺   本光寺  河瀬重則墓(本光寺)(2015.07/29)
--------------------
 日新町  長命寺  長命寺築地塀(2014.09/03)
 日新町  長命寺  会津藩戦死二名墓(長命寺)(2014.09/04)
 日新町  長命寺  会津藩士戦死者之墓(長命寺)(2014.09/03)
--------------------
 東山町  天寧寺  郡 長正之墓(天寧寺)(2015.04/29)
 東山町  天寧寺  句碑(天寧寺)(2015.05/16)
 東山町  天寧寺  近藤勇藤原昌宜之墓(天寧寺)(2015.04/30)
 東山町  石山   佐々木只三郎墓(会津武家屋敷)(2014.09/05)
 東山町  石山   旧中畑陣屋主屋(会津武家屋敷)(2014.09/22)
 東山町  石山   冠振りぐし?(2014.09/22)
 東山町  院内御廟 松平照姫(院内御廟)(2014.10/15)
 東山町  院内御廟 会津藩主院内御廟案内図(2014.10/12)
 東山町  院内御廟 会津藩主院内御廟(2014.10/11)
--------------------
 まちなか散策    北出丸大通り(2015.06/10)
--------------------
 南千石町 井上浄光 藤森八太郎墓(井上浄光寺)(2016.05/21)
--------------------
 門田町  花見ヶ丘 葦名家花見ヶ森廟(2015.10/15)
 門田町  黒岩   旧会津藩大窪山共同墓地(2016.07/21)
 門田町  泰雲寺  内藤氏家属墓(2017.06/07)
 門田町  泰雲寺  上田氏家属墓(2017.06/07)
 門田町  泰雲寺  内藤氏家臣墓(2017.06/07)
 門田町  泰雲寺  武川信臣墓(2017.06/07)
 門田町  泰雲寺  梶原平馬供養塔(2017.06/07)
 門田町  泰雲寺  大竹主計墓/原 早太墓(2017.06/07)
 門田町  泰雲寺  内藤得道墓(2017.06/09)
--------------------
 山鹿町       山鹿素行誕生の地(2015.06/07)
--------------------
 米代        藩校日新館跡(2013.03/17)
 米代        山本覚馬・新島八重生誕の地(2013.03/14)
--------------------
 その他       復古外記(会津藩降伏)(2013.10/06)
 その他       起き上がり小法師(2013.02/03)
 その他       会津蔵出弁当(2012.10/28)
--------------------
           九、若松城に入る(凌霜隊戦記)(2015.01/09)
           若松城下の戦・寒河江の戦~謹慎、幽居(桒名藩戊辰戦記)(2015.08/10)
           慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史(目次) (2016.02/22)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/24(MON)

【リンク・一覧】
※ カテゴリ【白河市/白河城/戊辰白河口戦争記】からリンク




カテゴリ
白河戊辰戦争史跡ほか【リンク・一覧】
福島県白河市
--------------------
 愛宕町  関川寺  結城宗広の墓(2014.04/05)
 愛宕町  関川寺  棚倉藩小池理八供養碑(2014.04/06)
 愛宕町  関川寺  本田東陵墓碑(2014.04/05)
--------------------
 馬町        南無阿弥陀仏(2014.04/07)
 馬町   大統寺  大統寺住職賢邦の墓(大統寺)(2014.11/17)
--------------------
 円明寺       松平(奥平)清照墓(2014.08/26)
 円明寺       松平直矩・基知墓(2014.08/26)
 円明寺       丹羽長重(2014.08/30)
 円明寺       丹羽長重墓(円明寺)(2014.08/27)
 円明寺       二本松藩士慶応戊辰役戦死之霊(2014.08/25)
 円明寺       白河藩大名家墓所(円明寺)(2014.08/26)
--------------------
 大搦目       戊辰戦死之碑(2014.08/04)
--------------------
 大沼桜岡      戦死供養塔(2014.08/25)
--------------------
 小田川       戊辰戦死供養塔(小田川)(2014.11/03)
 小田川  宝積院  寳積院(宝積院)(2014.06/17)
--------------------
 表郷   鹿島神社 内儀茂助之墓(鹿島神社)(2014.10/18)
--------------------
 表郷金山 正金寺  水戸浪士江幡雄四郎墓(正金寺)(2014.11/17)
 表郷金山 正金寺  梅澤長次郎/西田林平墓(正金寺)(2014.11/17)
--------------------
 表郷中野      霊桜碑(2014.04/21)
--------------------
 女石        仙台藩からす組の旗(2014.06/21)
 女石        仙台藩士戊辰戦歿之碑、戦死供養塔(2014.06/21)
 女石        仙臺藩士戊辰戰歿各靈百年忌追悼会嚴修記念塔(2014.06/26)
 女石        遊女志げ女の碑(2014.06/22)
--------------------
 郭内   白河城  カテゴリ;>白河城
 郭内   鎮護神山 戊辰薩藩戦死者墓(鎮護神山)(2014.05/25)
--------------------
 金屋町       戦死供養塔(2014.04/06)
 金屋町  妙関寺  妙関寺の乙姫桜(2014.04/07)
 金屋町  妙徳寺  市川方静の墓(2015.10/02)
--------------------
 白井掛       無縁塚(白井掛)(2014.11/03)
--------------------
 白河の関      古歌碑(2014.04/18)
 白河の関      古関蹟の碑(2014.04/18)
 白河の関      白河の関の空堀(2014.04/28)
 白河の関      白河の関跡(2012.09/26)
 白河の関      白河神社(2014.04/18)
--------------------
 白坂        金売吉次兄弟の墓(2012.09/24)
 白坂        大垣藩士戦死之跡(2012.09/23)
 白坂        大垣藩酒井元之丞戦死の跡(2013.04/12)
 白坂   観音寺  供養石仏像(観音寺)(2014.11/10)
 白坂   観音寺  大垣藩・長州藩墓(観音寺)(2014.11/02)
 白坂   観音寺  大平八郎の墓(観音寺)(2014.11/03)
 白坂   観音寺  會藩士鈴木儀之助墓(観音寺)(2014.11/03)
--------------------
 白坂明神      境の明神(陸奥)(2013.04/11)
 白坂明神      從是北白川領(2014.02/16)
--------------------
 関辺        戦死墓(2014.05/26)
--------------------
 大工町  皇徳寺  菊地央の墓(皇徳寺)(2014.09/20)
 大工町  皇徳寺  戊辰戦争戦死者供養碑(皇徳寺)(2014.09/20)
 大工町  皇徳寺  羅漢山人及び小原庄助(皇徳寺)(2014.09/19)
--------------------
 田島黒谷 清光寺  宇都宮藩増淵勝蔵之墓(清光寺)(2014.09/09)
--------------------
 寺小路       戊辰役戰死之碑(2014.06/16)
--------------------
 道場町  小峰寺  住職のお地蔵さん(小峰寺)(2014.10/18)
 道場町  小峰寺  戦死供養碑(小峰寺)(2014.09/19)
--------------------
 南湖        楽翁公遺蹟白河南湖公園(2014.09/09)
 南湖        共楽亭(2014.09/08)
 南湖        松風亭蘿月庵(2014.09/09)
 南湖        棚倉藩戦死者の碑(南湖)(2013.04/12)
 南湖        南湖神社(2013.04/23)
--------------------
 東釜子       釜子陣屋跡(2014.07/27)
 東釜子  長傳寺  遠山権之助墓(長傳寺)(2014.08/05)
 東釜子  長傳寺  戦死集霊供養塔(長傳寺)(2014.08/04)
 東釜子  長傳寺  忠千碑(長傳寺)(2014.08/05)
--------------------
 藤沢   白川城跡 感忠銘碑(2014.07/29)
 藤沢   白川城跡 白川城跡(2016.04/14)
--------------------
 藤沢山       戊辰役戰死之碑(八竜神)(2014.09/08)
--------------------
 本町   永蔵寺  戦死供養塔(永蔵寺)(2014.09/09)
 本町   長寿院  慶応戊辰殉国者墳墓・西軍(長寿院)(2014.05/26)
 本町   長寿院  白河役陣亡諸士碑(長寿院)(2014.05/26)
 本町   長寿院  慶応戊辰殉国者墳墓・墓碑配置図(西軍)(2016.04/09)
--------------------
 松並        会津藩戦死墓、会津藩銷魂碑(松並)(2012.06/27)
 松並        会津藩銷魂碑(2013.05/18)
 松並        慶応四年五月朔日白河口戦闘図(2013.05/20)
 松並        戦死墓と銷魂碑(白河市松並)(2015.07/11)
 松並        西郷頼母の歌碑(2013.05/17)
 松並        長州大垣藩戦死六名之墓(2013.05/18)
 松並        東軍の慰霊碑(2012.06/27)
 松並        戊辰の古戦場(稲荷山)(2014.08/27)
 松並        戊辰の悲劇(2012.10/30)
--------------------
 向新蔵  常宣寺  阿部内膳正煕之墓(常宣寺)(2014.06/21)
 向新蔵  常宣寺  常宣寺の紅葉(2014.11/04)
 向新蔵  常宣寺  戦死墓(常宣寺)(2014.06/22)
 向新蔵  常宣寺  聡聴院(常宣寺)(2014.06/21)
 向新蔵  常宣寺  貞順院の墓(常宣寺)(2014.06/22)
 向新蔵  常宣寺  南無阿弥陀仏供養碑(常宣寺)(2014.06/20)
 向新蔵  常宣寺  明治戊辰戦死墓(常宣寺)(2014.06/24)
 向新蔵  常宣寺  會津藩戊辰戰死十二士之墓(常宣寺)(2014.06/20)
 向新蔵  龍興寺  海老名衛門君碑銘(龍興寺)(2014.11/16)
 向新蔵  龍興寺  龍興寺(白河)(2014.11/16)
 向新蔵  龍興寺  龍興寺の石仏(2015.11/27)
--------------------
 向町   聯芳寺  福島藩十四人碑(聯芳寺)(2014.06/18)
--------------------
 巡り矢  万持寺  藝藩加藤善三郎光義墓(万持寺)(2015.04/06)
--------------------
 屋敷添       官軍大竹繁三郎之墓(夏梨)(2015.06/20)
--------------------
 米山越       仙台斎藤善治右衛門戦死供養(2015.07/12)
--------------------
           白河城の攻防(2012.06/02)

 戊辰白河口戦争記  第一章 幕軍鳥羽伏見に敗る
           第二章 西軍江戸城に進撃
           第三章 奥羽鎮定の方針
           第四章 奥羽列藩の白石会議
           第五章 世良参謀福島に殺さる
           第六章 会兵白河城を奪取
           第七章 戦争当時の白河城
           第八章 白河口の戦争
           第九章 五月朔日の大激戦
           第十章 西軍白河に滞在
           第十一章 輪王寺宮奥羽に下り給う
           第十二章 東西相峙す二旬 1/2 
           第十二章 東西相峙す二旬 2/2 
           第十三章 西軍棚倉城に迫る
           第十四章 白河地方に砲声の絶ゆるまで
           第十五章 板垣参謀三春に向う
           第十六章 若松城遂に陥る
           第十七章 奥羽諸藩降る
           第十八章 西軍帰還の途白河に宿泊
           第十九章 1/3 東西両軍の墓碑及び供養塔
           第十九章 2/3 東西両軍の墓碑及び供養塔
           第十九章 3/3 東西両軍の墓碑及び供養塔
           第二十章 戊辰戦争と地方民 1/2
           第二十章 戊辰戦争と地方民 2/2



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/22(SAT)

【リンク・一覧】
※ カテゴリ【会津若松市】からリンク




歴春ブックレット19
佐藤恒雄
「鶴ヶ城を歩く」みちのくに聳え立つ天下の名城

目 次
--------------------
○ 大手門(追手門)付近
   大手門前と伏兵郭
○ 北出丸
  北出丸は最も堅固な出丸
  北出丸桝形
  遠藤敬止頌徳碑
  歩兵第六十五聯隊・若松聯隊区司令部記念碑
  忠魂碑
   花見の歌碑
   武徳殿
   西門(北出丸搦手門)

c0185705_2344447.jpg

○ 本丸へ
   椿坂(横手坂)
   遊女石
   溶結凝灰石
  桝形
  太鼓門
   城門
○ 帯郭
  天守台
  合坂--武者走り--
   雁木坂--もう一つの武者走り--
   石垣「打込み接ぎ」
  鐘撞堂
  鶴ヶ城稲荷神社
   天守台からの「張り出し」・横矢
  表門(鉄門)
  綾瀬はるかさんのメッセージ(2016.05/29)
   北向稲荷
   石垣「切込み接ぎ」
○ 本丸
   本丸御殿跡
  天守閣
   再建天守閣
   鯱(しゃちほこ)
   走り長屋
  干飯櫓
   横矢掛・柱跡
  月見櫓跡
  茶壺櫓跡
   高石垣
  廊下橋
  「荒城の月」の石碑
  茶室・麟閣
  腰掛待合(茶室「麟閣」)
  御三階跡
  御三階(阿弥陀寺)
  萱野国老殉節碑
○ 西出丸
  西出丸
   梅坂(知期理坂)
○ 二の丸
○ 三の丸
  八重之像
  福島県立博物館
  秋月悌次郎歌碑
  鶴ヶ城跡と桜の花
  佐川官兵衛顕彰碑

○ 鶴ヶ城よもやま話
   まじない、魔除け、悪気を払う
   Q&A
   鶴ヶ城取り壊し
   会津を支配した主な領主・藩主
   濠の深さ
   井戸
   籠城戦
  ・藩祖保科正之の母
   名は静。元北条家家臣神尾伊与の娘。神尾は北条家滅亡後、江戸へ出て徳川家への仕官希望が困難なため、静を大奥の「大姥」へ奉公させました。やがて静は秀忠の子を宿し、見性院(武田信玄の二女)、信松院(武田信玄の六女)達に見守られ、江戸白銀丁の静の姉婿竹村助兵衛宅で、慶長十六年(一六一一)五月七日に出産しました。正之は幼名を幸松といい、元和三年(一六一七)七歳のとき、信濃国高遠城主保科肥後守正光(二万五千石)の養子となり、静は正之と信州高遠に移住しました
   幕末会津藩軍制改革
   石垣普請の専門家
   蒲生時代の金箔瓦
   植物
  ・三角点
   廊下橋口門の北側、御弓櫓跡の近くの土塁上に三角点があります。標高二三八・一メートルです。ご覧になる方は、天守閣の北側のほうから ---
○ 参考文献
○ あとがき
   私は鶴ヶ城のボランティアガイドをしています。大勢の仲間がいます。お互いに切磋琢磨し、研鑽に励み、お城へお出になった方が快く見学をされて帰られますよう頑張っています。私はガイドを行うようになって少し経った頃、ガイドの自分なりのマニュアル「鶴ヶ城を歩く」という小冊子を作りました。せっかく作ったのだからと兄弟や親戚にも見せてあげました。そのうち仲間からも希望があり、大勢の方に読んでいただきました。感謝しています。あれから三ヶ年が過ぎました。この度・・・
   平成十年九月十九日
--引用;「鶴ヶ城を歩く」佐藤恒雄著/歴史春秋出版(株)/1998年発行-- 
--------------------
○ その他
  照姫稲荷
  馬洗石
  戊辰戦争若松城下詳細図



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/21(FRI)

戊辰戦争とうほく紀行 加藤貞仁
無明舎出版、1999年




年表〈新潟・東北の戊辰戦争〉
--------------------
      年  月 日 
慶応4年(1868) 3月 20.九条道孝奥羽鎮撫総督、仙台に入る
           20.庄内藩が寒河江と柴橋の代官所から2万3千俵の米を奪う
        4月 10.会津と庄内の軍事同盟成立
           14.沢為量・鎮撫副総督ら、庄内征討のため出羽へ向う
           24.薩長兵が庄内領清川を攻撃(東北で最初の戦火)
             澤為量の出羽転戦、24.清川の戦い(2015.08/28)
           29.七ヶ宿の関宿で仙台、会津、米沢の3藩代表が会津の謝罪嘆願について密談
       閏4月 4.庄内藩の攻撃で天童落城
           11.白石で奥羽列藩会議。14藩の代表が出席
           18.三崎峠を秋田軍が攻撃したが同士討ちが起きて失敗(春の御陣)
           20.未明、福島で仙台藩士らが世良修蔵を斬首
           20.会津藩兵と旧幕府脱走兵が白河城を占領
           24.会津藩兵が守備していた上越国境の三国峠を上州諸藩の征討軍が突破
           25.白河城を征討軍が攻撃するが敗退
           27.小出島の会津藩陣屋が陥落。征討軍は小千谷も占領
           27.柏崎の西、鯨波で桑名軍が征討軍を撃退
             鳥羽伏見~鯨波戦争(2015.01/22)
        5月 1.征討軍が白河城を奪取。会津、仙台などの同盟軍は戊辰戦争最多の700人が戦死
             戊辰白河口戦争記(2013.01/21)
           1.沢為量・鎮撫副総督、庄内を脱出し秋田へ向う
           2.小千谷の慈眼寺で長岡藩の河井継之助が征討軍先鋒軍監・岩村精一郎と談判するが決裂
           3.征討軍が榎峠を占領。長岡藩は開戦を決意
           3.奥羽列藩同盟が成立。奥羽の25藩が加盟。後に越後の6藩が加わり奥羽越列藩同盟に発展
             奥羽越列藩同盟(2014.09/29)
           10.長岡・会津などの同盟軍、榎峠、朝日山を占領
           13.征討軍、朝日山を攻撃したが仮参謀の時山直八(長州)が戦死するなど失敗
             桑名藩戊辰戦記2(2015.01/24)
           18.九条道孝奥羽鎮撫総督ら仙台を脱出、盛岡へ向う
           19.長岡、落城。藩主牧野忠訓は会津へ落ち延びる
             桑名藩戊辰戦記2(2015.01/24)
           26.同盟軍の第一次白河奪還攻撃。失敗
c0185705_2010129.jpg

        6月 16.福島県浜通り制圧を目指す征討軍、平潟に上陸
             新政府軍、平潟に上陸(2013.09/27)
           18.天童藩中老、吉田大八が切腹
           24.棚倉、落城
             六、棚倉城の戦い(2012.12/06)
           28.征討軍、泉藩陣屋を占領
           29.征討軍、湯長谷藩陣屋を占領
        7月 1.奥羽鎮撫総督府の九条総督、醍醐参謀、秋田藩の藩校明徳館に入り沢副総督と再会
           4.秋田藩士が仙台藩の使節一行を斬殺。秋田藩は同盟を離脱
           11.秋田軍などの征討軍、雄勝峠を越えて新庄領に進出。仙台藩第七大隊長の梁川播磨ら金山町で戦死
           13.征討軍が小砂川(象潟町)の庄内軍を攻撃。庄内軍は三崎峠で反撃
           13.平城、落城
           14.庄内軍の攻撃で新庄、落城
           15.同盟軍、第七次白河奪還攻撃に失敗。以後、組織的な白河奪還攻撃はできなくなる
           16.深浦で庄内軍の和船を秋田藩士らが捕獲
           16.女鹿(遊佐町)を秋田藩など征討軍が一時占拠
           25.同盟軍、八丁沖を渡り長岡城を奪還。しかし、河井継之助が銃弾を受け重傷
           25.征討軍、太夫浜(新潟市)に上陸。新発田藩、寝返る
           26.三春藩、降伏
             明治戊辰役三春藩烈士碑(2014.09/07)
           27.征討軍、水原代官所を占領
           28.征討軍、本宮を占領、二本松へ迫る
           28.三日市藩、降伏
           28.矢島陥落
           29.二本松、落城。少年隊が多数戦死
             二本松少年隊の奮戦(2013.09/07)
           29.征討軍、新潟を占領。米沢藩総督色部長門ら戦死
           29.征討軍、長岡を再奪還
        8月 1.村松藩主と家老堀右衛門三郎ら米沢へ逃避
           2.三根山藩、降伏
           4.相馬藩、密かに降伏の使者を派遣
           5.村松藩、降伏
           6.本庄、落城。亀田藩は庄内藩に降伏
           9.盛岡藩、十二所口から秋田領へ侵入
           10.黒川藩、降伏
           11.相馬・仙台国境の駒ヶ嶺を征討軍が攻略
           11.村上藩、降伏。抗戦派は庄内へ逃走
           11.横手城(19歳の城代・戸村大学)、落城
           12.扇田神明社で秋田軍と盛岡軍が激戦
           13.同盟軍、角間川(大曲市)を占領
           14.新発田藩兵が若松街道を進撃。角石原で激戦
           16.会津・只見で河井継之助が死去
             河井継之助墓(医王寺)(2014.08/06)
           17.弘前藩に錦旗が下される
           20.盛岡軍、扇田を奪還。秋田軍は鷹巣へ後退
           20.仙台軍、第二次駒ヶ嶺奪還攻撃に失敗
           21.会津攻撃の征討軍、母成峠を突破
             母成峠、十六橋の戦い(2012.10/11)
           22.猪苗代、落城。征討軍は十六橋を占拠
             亀ケ城跡(2014.09/06)
           22.盛岡軍の攻撃で大館が落城
           23.征討軍、会津若松城下へ侵入。白虎隊士が飯盛山で自刃
           23.庄内ゲリラ部隊の夜襲で、花館(大曲市)に進出した薩摩藩三番隊長・島津新八郎ら戦死
           25.鶴ヶ城西方の柳橋付近で、中野竹子、神保雪子戦死
             中野竹子殉節之地(2013.09/13)
           26.榎本武揚の旧幕府艦隊、松島湾に到着
           27.秋田軍などの征討軍、荷上場(二ツ井町)で盛岡軍を撃退。以後、反攻に転じる
           28.盛岡軍、国見峠を越えて生保内(田沢湖町)に侵入するが撃退される
           29.鶴ヶ城から1000人が出撃。しかし、大敗北
        9月 1.日光口から侵入した征討軍、大内峠を突破
           2.米沢藩、降伏
             招魂碑(米沢城址)(2015.04/28)
           5.会津若松市南西部の住吉神社付近で会津軍が征討軍を撃退。籠城戦中唯一の会津軍の勝利
           6.秋田軍が大館を奪回。盛岡軍は三哲山へ後退
明治元年(1868)    8.明治と改元
           8.会津若松・飯寺で山本帯刀らの長岡軍潰滅
             長岡藩士殉節之碑(2015.07/29)
           9.会津軍佐川官兵衛部隊が大内、田島を奪還
           10.相馬・仙台国境の旗巻峠を征討軍が占領
           10.椿台(雄和町)周辺で激戦。庄内軍が敗退
           11.征討軍、庄内領関川(温海町)を占領
           11.庄内軍、刈和野(西仙北町)を占領。征討軍は神宮寺(神岡町)も放棄
           12.仙台藩、御前会議で降伏を決定
           15.福島藩、降伏
           15.会津若松南部の激戦で、会津藩の幹部が多数戦死
           15.刈和野の戦いで、大村藩少年鼓手・浜田謹吾が戦死
           17.上山藩・山形藩、降伏
           17.庄内軍、秋田から総退去を始める
           18.天童藩、降伏
           18.棚倉藩主・阿部正静が降伏
           20.寒河江で激戦。桑名藩兵が多数戦死
             若松城下の戦・寒河江の戦~謹慎、幽居(2015.08/10)
           22.会津藩、降伏
           23.弘前軍、野辺地の盛岡軍を攻撃。しかし、撤退
           24.泉藩・湯長谷藩・平藩の各藩主、謝罪降伏
           25.一関藩主田村邦栄、謝罪降伏
           26.庄内藩、降伏。翌日、開城
        10月 9.盛岡藩世子南部利恭、謝罪降伏
           12.石巻・折浜で仙台藩額兵隊が榎本艦隊に乗船、出港
明治2年(1869) 3月 25.宮古湾の海戦。函館軍の軍艦「回天」が、征討軍艦隊を攻撃するが失敗
        4月 6.函館攻撃の征討軍、青森を出港
明治3年(1870) 6月 10.むつ市大湊に斗南(旧会津)藩士と家族1800人上陸
--------------------
--引用、要約;「戊辰戦争とうほく紀行」加藤貞仁著/無明舎出版、1999年--
戊辰戦争とうほく紀行(2015.07/09)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.01/17(SAT)

東北の山野を血に染めて
新人物往来社の本




c0185705_13103549.jpg

--------------------
平成27年(2015)
・01月17日
 幕末明治史料、古書売買「マツノ書店」から注文してあった本が届いた
--------------------
桑名藩戊辰戦記
一九九六年十二月十日 第一刷発行
 著 者  郡 義武
 装丁者  平野 稔
 発行者  菅 英志
 発行所  新人物往来社

〈著者略歴〉
郡 義武 (こおり・よしたけ)
1940年、三重県桑名市生れ。先祖は桑名藩士である
現在、色彩メーカー研究所勤務。余暇に戊辰戦争、航空史の調査研究に取り組んでいる
「歴史研究会」会員、「碧血碑」同人、「歳三の遺骨を故郷へ帰す会」会長
共著に『新選組大辞典』(新人物往来社)
現住所 埼玉県

■ 目次
 一 大阪城脱出
 二 江戸の騒乱
 三 江戸脱走
 四 宇都宮城攻略
 五 北越柏崎集結
 六 雷神隊誕生
 七 鯨波の戦
 八 長岡の蒼龍立つ
 九 決戦 朝日山
 十 雷神隊勇名轟く
 十一 巧妙な陣地戦
 十二 北越最後の戦闘
 十三 会津若松城下の激闘
 十四 転陣 庄内行
 十五 寒河江の血戦
 十六 庄内降伏
 桑名藩軍制並死傷者姓名
 あとがき
--------------------
内容(「MARC」データベースより)
戊辰戦争を最後まで戦った会津・松平容保の弟・松平定敬を藩主にいただく桑名藩兵は、宇都宮、北越、庄内、寒河江と戦いつづけた..。東北の山野を血に染めて戦った桑名藩士の姿を生き生きと描く

桑名藩七名墓(2015.01/11)

桑名藩戊辰戦記 東北の山野を血に染めて(2015.01/17)
桑名藩戊辰戦記1鳥羽伏見~鯨波戦争(2015.01/22)
桑名藩戊辰戦記2長岡城落城(2015.01/24)
桑名藩戊辰戦記3与板攻防戦(2015.03/30)
桑名藩戊辰戦記4北越最後の戦闘(2015.03/31)
桑名藩戊辰戦記5若松城下の戦・寒河江の戦(2015.08/10)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]