<   2015年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2015.05/27(WED)

助川海防城跡 日立市助川町 5-10-4




c0185705_22491486.jpg

写真;2015.05/27
--------------------
以下、現地の案内板から

助川海防城跡
 水戸藩第九代の藩主徳川斉昭公は、天下に率先して海防の重要性を強調し、天保七年(一八三六)家老山野辺義観を海防総司という新設の重職に任命し、太平洋を一望におさめるここ助川(介川)村の高台、要害の地形に拠って城郭を築いて居住させ、異国船の無断侵入に備えさせた。これが助川海防城である。これを海防城と通称するのは、一大名の城と異なり、わが国にも当時類例のない海防を目的とする城郭だったからである
 この城は完成までに五年の歳月を要し、総面積は六十九万平方メートル(二十余万坪)で、助川小学校の校門付近にあった館入口(城の表門)から三の丸(一部は助川小学校敷地)、二の丸(一部は太陽の家)本丸と進むに従って高く、本丸には、異国船を見張る櫓もあった。海防城は、元治元年(一八六四)九月、幕末水戸藩の内乱のときに焼失し、当時の遺構としては本丸表門の礎石の一部と、二の丸にあった鳩石だけとなった。しかし茨城県史跡に指定された二の丸の一部と本丸跡等には、百余年前の城郭の面影を偲ばせるものがある。ちなみに、大佛次郎氏は、昭和四十年十二月中旬この城跡を訪れて調査をされたが、その直後執筆された氏の歴史小説「夕顔小路」に、この海防城の落城前後の模様が興味深く書かれている
     日立市教育委員会


c0185705_14281459.jpg


山野辺義芸(やまのべよしつね)は、幕末期の水戸藩家老。三代助川海防城主
・・生涯・・
天保 3年(1832)山野辺義観の次男として生まれる
嘉永 2年(1849)兄・義正の死により家督を相続、三代目の助川海防城主となった
嘉永 5年(1852)従五位下に叙せられ、主水正を称す
安政元年(1854)家老職に就いた

幕末期にあたり、水戸藩では党派紛争のめまぐるしい時期であったが、万延元年(1860)、先代藩主斉昭が没し、藩内の党争がさらに激化する。元治元年(1864)三月、藤田小四郎が筑波山にて挙兵し、天狗党の乱が起こる。尊王攘夷派とみなされた義芸は六月、執政の任を解かれた。さらに幕府より天狗党追討令が出され、義芸は仲介を試みるも天狗党側とされ、九月六日、幕府・二本松藩らの陣営に包囲されて投降した。九月九日助川海防城は落城。十二月に家名断絶、知行地と館を没収され、中山邸に禁錮された

明治元年(1868)明治政府から官位を復され、水戸屋敷に住んだ
同年10月の弘道館戦争に参戦
明治19年(1886)死去、享年55
--引用・要約;「山野辺義芸」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』 2012.07/28(土)09:46--
--------------------
養正館(ようせいかん)跡
c0185705_22524524.jpg

写真;養正館(ようせいかん)跡 ※碑は「茨城百景」のもので、養正館との関係は無い?
   ↓はこの付近から見た「茨城百景」と讃えた市内と太平洋、2015.05/27
c0185705_23105346.jpg

--------------------
以下、現地の案内板から
ようせいかん
養正館跡
 養正館は、水戸藩主徳川斉昭から新設の海防惣司という重職に任命され、この地に海防城を築き、水戸より家臣共に移住した家老山野辺義観(やまのべよしみ・一万石)が、天保八年(一八三七)に開設した家臣の子弟教育の施設です。館名は中国の古典に由来し、正道を修め養う意味です
 教育内容は文武一致等を方針とし、四年後に開館された水戸の藩校弘道館に先駈けたものでした。しかし、時代の急迫と共に武術の修練に重点が置かれるようになったことは推察に難くありません
 教育が熱心だった水戸藩の政治の実態を知る上で、養正館依存の意義は大きいのです
     日立市教育委員会

c0185705_21584888.jpg

--------------------
※ 助川海防城を補完するため、水戸藩は日立市域太平洋岸に沿って7つの御番陣屋や台場などの海防施設を設置、整備した
以下、北から
・友部異国船御番陣屋(十王町櫛形小学校西側)
・川尻異国船番所・陣屋(川尻港南端)
・初崎台場(会瀬港北)
・河原子台場(烏帽子岩近く)
・大沼異国船御番陣屋(日立電鉄大沼駅東側)
・水木異国船遠見番所(水木田楽鼻公園近く)
・久慈台場(久慈小学校東側、行戸公園琴平神社辺り)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/27(WED)

瑞龍山(水戸徳川家墓所) 常陸太田市瑞竜町




c0185705_1756588.jpg

写真;2015.05/27
--------------------
瑞龍山(ずいりゅうさん)は、茨城県常陸太田市瑞竜町にある水戸徳川家累代の墓所。現在は管理上の理由で一般には公開されていない
2007年 7月26日、水戸徳川家墓所の名で国の史跡に指定された

歴史
水戸藩第2代藩主徳川光圀が初代藩主徳川頼房の遺志を受け継ぎ、寛文元年(1661)にここを墓地と定めた
延宝5年(1677)には伯父の武田信吉、生母谷久子の墓を改葬した。全山深い木々に覆われ、その所々に歴代藩主の墓がある

特長
葬儀墓制は日本では珍しい儒教の形式によるもので、螭首亀趺(ちしゅきふ:亀の胴体に竜の首が付いている台石)とよばれる墓の様式である

主な埋葬者
水戸徳川家当主 徳川頼房・光圀・綱條・宗堯・宗翰・治保・治紀・斉脩・斉昭・慶篤・昭武(以上水戸藩主)・篤敬(侯爵)・圀順(公爵)・圀斉
水戸徳川家当主夫人
支藩守山藩主
支藩府中藩主
支藩宍戸藩主
支流長倉松平家当主
その他一族

しゅしゅんすい
朱舜水の墓
瑞龍山には累代藩主一族の墓以外に、朱舜水の墓がある。朱舜水は中国明代の儒学者であったが、明の滅亡に際して援助を求め来日し、清の成立に伴い亡命、帰化した。その後、光圀の招きで水戸藩を訪れ、水戸学思想に多大な影響を与えた。なお、常陸太田市は朱舜水の生誕地の縁で中国浙江省余姚市と友好都市交流をもっている
--引用・要約;「瑞龍山」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2013.08/07(水)13:58--
--------------------

c0185705_2148321.jpg

写真;2015.05/27
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/16(SAT)

句 碑 会津若松市東山町石山字天寧208・天寧寺
移山子/幸助




c0185705_12545984.jpg

写真;2015.04/28
--------------------
以下、現地の案内板から

句碑建立由来

會津俳句聯盟會長俳誌峠主宰 馬場移山子 並に滝沢幸助は 作春揃って春燈の燈下集に入集した
之を記念して句碑建立の計画を進めてゐたところ適々會津の名刹天寧寺の御住職新國壽雄師の特段の御理解により 寺苑の一隅を貸與戴き無事完工を見る
乃ってこヽに經過を誌し感謝の意を表します
句 どの山も髙し登るに於てをや    移山子
  雪の夜をあいづ會津となげきけり  幸 助
  平成五年夏   會津春燈會
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/11(MON)

敬弔霊位碑 会津若松市(西軍墓地)




敬弔 □□番号〈 a2〉
c0185705_11492161.jpg

写真;2015.04/28
--------------------
      薩摩 越前
      長州 備州
  敬弔  土佐 大垣  霊位
      肥州 館林
      岡山 以上各藩

    昭和六十三年八月 建立
        願主 廣澤安平
--------------------
※ この碑の建立の詳細等は分からない

墓地入口に立つ標石;「西軍戦死者の墓」
c0185705_11283246.jpg


以下、現地の案内板(西軍墓地)から

戊辰戦役西軍戰没者墓地
明治戊辰(明治元年、一八六八)の戰死した西軍の人々を葬った墓地である。明治二年四月現在の墓石が建てられてからは県の招魂社で管理をし祭祀をしてきたが今次大戰後は官修墓地の制もなくなったので西軍墳墓史跡保存会が年々祭祀を行ってきている
ここに葬られている各藩戰没者は次の通りである

  土佐藩  四十九人
  薩摩藩  三十三人
  長州藩  二十四人
  大垣藩   二十人
  肥州藩   十一人
  備州藩    六人
  岡山藩    三人
  館林藩    二人
  越前藩    一人
  藩籍不明   一人
  計    百五十人
--------------------
墓碑配置図(概略)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/08(FRI)

真辺哲馬、宮崎小三郎墓 会津若松市(西軍墓地)




--------------------
c0185705_22275259.jpg

写真;2016.06/06
官軍土藩真辺哲馬正克墓 墓碑番号〈土佐藩 8〉
・真辺哲馬正克  馬廻役の弟/胡蝶隊/明治元年八月二十三日若松城下で戦死/十九歳/若松・東明寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
※ 「馬廻役の弟」
兄は真辺正精(まなべまさよし)、真辺家八代当主
慶応四年(1868)の戊辰戦争では、板垣退助の配下の迅衝隊第六番隊長として出征し、のち隊制改編により胡蝶隊第四番隊司令となり、特に下野国安塚の戦で大鳥圭介率いる旧幕軍らに対し勇猛果敢に戦い負傷するが、弟の真辺哲馬らと励ましあって敵陣を突破し会津に向け進撃した
会津では若松攻城戦中、弟の哲馬が敵弾に斃れ戦死する
--引用・要約;「真辺正精」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2013.10/18(金)00:52--
--------------------
c0185705_22323622.jpg

写真;2016.06/06
官軍土藩宮崎小三郎品亨墓 墓碑番号〈土佐藩 9〉
・宮崎小三郎品亨 幡多郡実崎村の郷士/迅衝二番隊/子に招集が来たが、病中のため代って出征/明治元年八月二十三日若松で傷、二十四日死/五十三歳/若松・東明寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
墓碑配置図(概略)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/07(THU)

宮崎合助墓 会津若松市(西軍墓地)




--------------------
c0185705_10411948.jpg

官軍/土藩 小隊長宮崎合助正元墓 墓碑番号〈土佐藩 4〉
・宮崎合助 正元  留守居組/迅衝五番隊/城下桜馬場住/明治元年八月二十三日若松で傷、二十九日死/二十六歳/若松・東明寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
墓碑配置図(概略)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/06(WED)

安岡覚之助、三原兎弥太、福岡友次郎墓 若松(西軍墓地)




--------------------
c0185705_14514953.jpg

写真;2016.06/06
官軍/土藩 小軍監安岡覚之助正義墓 墓碑番号〈土佐藩 5〉
・安岡覚之助 正義  香美郡山北村の郷士/長崎に学び土佐勤王党に加盟/慶応元年藩命で終身禁固刑/明治元年赦され、迅衝隊小軍監として東征/八月二十五日若松城で戦死/三十四歳/若松・東明寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
安岡正美(やすおかまさよし)
 江戸時代後期の土佐藩の郷士、勤皇の志士。迅衝隊小軍監。通称は安岡覚之助(かくのすけ)
【生い立ち】
・天保 6年(1835)
 土佐藩郷士・安岡正理(文助)の長男として土佐国香美郡山北村(現高知県香美郡香我美町)に生まれる。母は藤田利蔵の娘。幼少より学才があり、文武の業を修め、砲術を学ぶ。さらに長崎に留学し、蘭学・兵学・地理学を習得して帰国する
【土佐勤王党結成以降】
・文久元年(1861)
 武市瑞山が一藩勤皇を掲げて土佐勤王党を結成すると、正美もこれに加わり瑞山を助けて奔走した。しかし、徳川恩顧の土佐藩は、藩論の主流は佐幕にあり、公議政体論を唱える参政・吉田東洋とは意見が合わず、土佐勤王党では瑞山・河野万寿弥・弘瀬健太らが密議して吉田東洋の暗殺を策し、
・文久 2年(1862) 4月 8日
 この暴挙を決行して、藩政から東洋派の新おこぜ組に属する福岡孝茂(宮内)や真辺正心(栄三郎)、後藤象二郎らを失脚せしめた
・文久 3年(1863) 9月21日
 事態が露見して急進的に武力討幕を目指す土佐勤王党は危険視され、武市瑞山が捕縛され、勤王党の同志も多く捕えられ、翌年の慶応元年(1865)には正美もついに獄に投ぜられ、同年閏5月11日に瑞山が切腹すると、正美や島村雅事・河野万寿弥らは「永牢(終身禁固刑)」を仰せ付けられた
【薩土討幕の密約以降】
・慶応 3年(1867) 5月
 江戸でオランダ式騎兵学を学んでいた乾退助は、山内容堂に随行して土佐に帰藩の途中の京都で、中岡慎太郎からの決死の覚悟の手紙受け取り感銘を受ける
 18日
 京都の料亭「近安楼」で乾退助は中岡慎太郎と時勢について会談
 21日
 中岡の仲介で乾は、土佐藩の谷干城や毛利恭助らと共に、薩摩藩の西郷吉之助・吉井幸輔らと薩摩藩士・小松帯刀邸で密談を行い薩土密約を結び、これを翌22日に山内容堂に報告し、軍制改革を行う旨の同意をとりつけ、大坂で武器を買いつけて帰藩した
 乾は土佐に戻るや兵制改革に着手し、弓隊を廃して砲術隊を組織して、藩論を武力による勤王討幕にまとめ、さらに佐々木高行らの努力によって遂に藩庁を動かして、安岡や島村雅事ら旧土佐勤王党員らを釈放させた
【戊辰戦争で活躍】
 戊辰戦争では旧勤王党の同志らとともに錦旗の下、土佐藩東征軍の主力部隊である迅衝隊の小軍監に任ぜられ各地を転戦するも、
・慶応 4年(1868) 8月25日
 会津戦争で討死した。享年34
 のち特旨を以って正五位を贈位される。御霊は高知縣護國神社・靖国神社に祀られ、墓は会津若松市の東明寺にある
--引用・要約;「安岡正美」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2014.04/16(水)12:29--
--------------------
c0185705_1453440.jpg

写真;2016.06/06
官軍/土藩 三原兎弥太正矩墓 墓碑番号〈土佐藩 6〉
・三原兎弥太 正矩  小姓組/小軍監/城下雑魚場住/明治元年八月二十三日若松城下で傷、二十五日強清水で死/二十五歳/若松・東明寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
c0185705_14543127.jpg

写真;2016.06/06
官軍/土藩 福岡友次郎孝英墓 墓碑番号〈土佐藩 7〉
・福岡友次郎 孝英  家老福岡宮内孝成の二男/胡蝶隊/城下本町住/明治元年八月二十三日会津滝沢で戦死/十九歳/若松・東明寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
墓碑配置図(概略)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/06(WED)

小笠原唯八墓、小笠原謙吉墓(西軍墓地) 若松(西軍墓地)




--------------------
弟謙吉が戦死した二日後、兄小笠原唯八も戦死
官軍諸道軍監牧野茂敬墓 墓碑番号〈 a1〉
c0185705_16195987.jpg

土佐藩
・小笠原唯八茂敬  変名牧野群馬/弥八郎の長男、謙吉の兄/監軍/二百五十石/文久元年江戸で長州の周布政之助と対決/慶応二年から薩摩と提携/明治元年八月二十五日若松で戦死/四十歳/若松・東明寺に墓/贈正五位/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
官軍/土藩 小隊長小笠原謙吉茂連墓 墓碑番号〈土佐藩 3〉
c0185705_15484051.jpg

写真;2016.06/06

土佐藩
・小笠原謙吉茂連  唯八の弟/馬廻/土佐郡大川淵村の人/迅衝三番隊長/明治元年八月二十三日若松で戦死/二十九歳/若松・東明寺に墓/靖国
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
墓碑配置図(概略)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.12/25(WED)

一、江戸出発 本所中ノ橋~
脱走の諸隊合流




郡上藩凌霜隊行動略図(部分引用)
c0185705_15182920.jpg

--------------------
--引用;矢野原与七・凌霜隊戦記「心苦雑記」郡上史料研究会・野田直治、白石博男編 昭和44年5月31日発行--

一、江戸出発 脱走の諸隊合流
慶応 4年(1868)
・ 4月10日
p. 5
 時に、慶応四戊辰年正月三日、伏見辺の戦争より徳川家不慮に朝敵名を蒙り、慶喜公江戸表へ御引き取りの如し。両海道より官軍東下、東海道の総督有栖川先鋒にて、薩長其外西国筋の諸候追々下向す。又中仙道総督は岩倉殿先鋒にて薩州大垣其外諸大名下向する如し。徳川家には降伏と見えて、慶喜公には東叡山御蟄居、江戸参勤の諸大名且つ知行取りの御旗本に至る迄、それぞれ御暇下され・・
〈中略〉
 これに依り、青山家脱走人には、隊長朝比奈茂吉(当年十七才)、副長坂田林左衛門、速水小三郎、其外には小出於菟次郎、菅沼銑十郎、尾嶋左太夫、氏井儀左衛門、中岡弾之丞、田中亀太郎、売間直次、武井安三、山脇金太郎、桑原鑑次郎、松尾才治、小野三秋、米沢小源治、岡本文造、矢野原与七、中瀬鐘太郎、鈴木三蔵、池尾幾三郎、山脇鍬橘、斎藤己喜之助、牧野平蔵、金子勇次郎、浅井晴次郎、斎藤弥門、野田弥助、山田熊之助、小泉勇次郎、安村敬
p. 6
三郎、中村国之助、山田惣太郎、岸本伊平衛、土井重造、山片俊三、白岩源助、石井音三郎、林定三郎、此外に河野綱翁(是は旗本)服部半蔵(会藩脱藩、実は常五郎)、都合四十人、外に小者六人(孫三郎、源蔵、久次郎、久七、小三郎、藤平)。当藩には会津公へ属し度き志願に付き服部氏を相頼み、四月十日本所中ノ橋へ集合し、同所堅川通り船にて下総国関宿より前林と申す処へ十二日上陸、それより同国磯部村勝願寺へ着(前林より一里程、御代官地也)此寺へ三夜逗留す。余程大寺にて候へども田舎寺の事故、布団はなし、銘々相調にて夜を凌ぎ、誠に難渉致す。
 十四日、尾嶋、牧野、斎藤弥門、山片 氏井、関宿近辺迄斥候となり罷り越し候処、関宿候には人数手配りの様子見受け、並びに土人の風説には古河候、結城候にも出兵して勝願寺へ押し寄せ候由、銘々引き取り申し聞け候。(中之橋より草風隊一緒に乗船す。是は御旗本、伊予松山藩、水府藩也)右に付、其夜俄に隊列を組み勝願寺を出陣して前林に至る。其勢草風隊共都合百余人、此所より出舟して関宿をさして罷り越し、同所にて一陣せんとす。さて城近く成るに随ひ夜も明くる様子となるに敵と覚しきもの一人もなし。それより同所堺町と申す処へ上陸、此処にて兵糧を遣ひける時、・・
〈後略〉
--------------------
行動日録
・一〇日 郡上青山藩凌霜隊は本所中ノ橋に集合
・一二日 船で下総関宿から前林に上陸して三泊する
・一四日 草風隊とも百余名は深夜に出陣すると前林で再び乗船、関宿(千葉県)を経て境町(茨城県)に上陸した。敵、一人もなし
・一五日 境宿で草風隊、貫義隊、七連隊、凌霜隊が合流し八百余の勢力となる
・一六日 小山宿の戦闘
--------------------

一、江戸出発
二、小山戦争
三、宇都宮戦争
四、塩原駐留
五、横川戦争
六、大内戦争
七、関山戦争
八、若松城下へ
九、若松城に入る
一〇、降 伏
凌霜隊(名簿)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.05/04(MON)

一〇、降 伏 猪苗代




c0185705_1120256.jpg

写真;猪苗代湖、2015.04/28
--------------------
--引用;矢野原与七・凌霜隊戦記「心苦雑記」郡上史料研究会・野田直治、白石博男編 昭和44年5月31日発行--

一〇、降 伏 開城、猪苗代へ退去
明治元年(1868)
・ 9月21日
p.40
〈前略〉
・・諸兵隊には二十三日早朝より追々三ノ丸広場へ屯集す。且つ大小砲、鎗、長刀其外器械類は北大手へ運び、大小は其儘猪苗代迄帯苦しからざる由にて銘々帯し、追々広場へ集る所の諸兵隊凡そ三千人余、此の外官軍応接役人(若松城に残る也)、病人、婦女子、小者迄凡そ二千人、都合五千余人
病人は青木村(城の南の方半道程)小田村(小田山の麓也)小山村(城の南の方一里程)婦女子幷に十五歳以下男幷
p.41
に六十歳以上男は何れなりとも勝手次第、直ちに町家に罷り越し候様達しこれ有り。岸本には城中にて不慮に手負ひ歩行むつかしく、拠んどころなく小山村へ罷り越す
 さて、三ノ丸広場へ残らず集り順次に隊列を組み埋門より繰り出す。途中往来の両側に官軍見物沢山にて一統大よわりなり。猪苗代の街道も山坂にて難所多し、途中に官軍の屯所を見るに、尾、紀、薩、長、土、大垣、笠間、黒羽其外諸藩人数也。尤も人数は引揚げと見て輜重方ばかりの様也。城より半道余進み峠これ有り。(上り十丁余、下り四五丁)此峠の中等にて兵糧を遣ひ、それより追々進む程に殿口原(※戸ノ口原)といふ所これ有り。(余程大切なる原にて山も少々これ有り)此地にて八月二十三日大戦争これ有り。討死人骸二十程、銃服の儘これ有り。最早一ヶ月にも及ぶゆゑ見向きもならぬ有様、香ひ鼻をつき抜く程にて言語に絶す。皆会藩と見ゆ。(此処破れて城下へ廻し将軍山破れて此原にて防戦す。是も利なくそれ故ニ骸を取片付る事ならず。かやうに情なき有様になる)是を見て一統涙を流し通行す。程なく猪苗代湖水とて大なる水海有り。(四方へ四里とて大湖也。此辺り景色殊に宜し)此辺より山は追々低くなり、田畑多く右へ湖水見えて、籠城後久々にて世界へ出でし心地也・・
〈後略〉
--------------------
行動日録
・二一日 降伏 会候、上杉家の勧告を容れて仁和寺宮に降伏を申し入れた。凌霜隊にも異存無く署名帳に認めて日向内記まで提出した
・二二日 会候父子、一同に「御目見え仰せつけられ」夜、滝沢村妙国寺へ引退、謹慎
・二三日 城明け渡し 武器は大小を除き全て官軍に引き渡し。諸隊は早朝より三の丸広場に集合、その数凡そ三千人、その他残留役人、病人、婦女子、小者まで凡そ二千人、都合五千余人。兵隊は順次隊列を組んで埋門より繰り出し、午後六時過ぎ全員猪苗代に着、本田和泉(菓子屋)と知学(町医者)の二軒に分宿
     岸本伊兵衛は城中で負傷したので小者孫太郎をつけて小山村に残留させる
・二四日 大小残らず名札をつけて会津御用局へ差し出し、無刀となる
・二五日 雪一尺余、寒気きびしく一同難渋。米は玄米配給、朝比奈始めこれを手杵でつく
     取締り官軍は始め尾州、彦根、大村、数日後上杉家と交代
End
--------------------

一、江戸出発
二、小山戦争
三、宇都宮戦争
四、塩原駐留
五、横川戦争
六、大内戦争
七、関山戦争
八、若松城下へ
九、若松城に入る
一〇、降 伏
凌霜隊(名簿)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]