<   2012年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2012.10/01(MON)

藩主大田原鉎丸(勝清)の場合
慶応 4年(1868) 5月 2日 落城寸前だった大田原城




 藩主大田原鉎丸(としまる)は当時八歳。戦争当日、執政大田原数馬は部下に命じて幼藩主を城裏手から脱出させた。片府田村(湯津上村)から河内郡柳原新田(宇都宮市柳田)の今井五郎右衛門宅に宿泊。翌日、大田原藩領である芳賀郡祖母井村(芳賀町)の下郷陣屋に着き二泊、さらに同藩領八ヶ代村(南那須町)割元名主宅で七泊後、分家にあたる森田村(同町)の大田原帯刀宅に落ちのびた。
「下野の戊辰戦争/大嶽浩良」から引用

藩主逃亡(宇都宮藩)(2012.09/24)
板室・三斗小屋・大田原城の戦い(2012.06/21)
大田原城跡(2012.06/23)

大田原勝清
 藩主在位は1862年 -1871年
 その後大田原藩知事(廃藩後)、貴族院議員、子爵。1930年没、70歳
--------------------
※ 割元(わりもと)
 江戸時代、地方行政にあたった村役人の最上位の者。代官・郡代など地方役人の指揮下に数か村の庄屋・名主を支配し、年貢の割り当て、訴訟の調停などにあたった。割元総代。割元名主。大庄屋

--参考文献;「栃木の戊辰戦争/大嶽浩良」--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]