カテゴリ:>笠間市( 2 )

2014.03/05(WED)

北大路魯山人と「春風萬里荘」 笠間市下市毛




c0185705_16545019.jpg

写真;2014.03/02
--------------------
以下、現地の案内板から

財団法人 笠間日動美術館
分館 春風萬里荘

春風萬里荘は伝来300年の茅葺き民家造りで江戸時代の大庄屋の建物を神奈川県北鎌倉より昭和40年に移築したものです
移築前には万能の異才である北大路魯山人が約30年間自邸として使用しておりました。 現在は笠間市内にある日動美術館の分館として初期洋画・日本画・書・陶磁器とともに北大路魯山人の当時居住していたままに再現、移築され北大路魯山人作品多数も併せて展示公開されております
 開館時間 ; 午前9時30分~午後5時(入場は4時30分まで)
 休 館 日 ; 月曜日(祝日の場合はその翌日)年末年始
 入 場 料 ; 一般600円/大高生400円/中小生300円
--------------------

c0185705_16554071.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.03/05(WED)

笠間稲荷神社 茨城県笠間市




c0185705_15565587.jpg

写真;笠間稲荷神社拝殿(2014.03/02)
--------------------
平成26年(2014)
・03月02日
 笠間(笠間稲荷神社、春風萬里荘)→大洗(「磯浜海防陣屋跡」を探したが見付けられず!)
・  03日
 水戸偕楽園(常磐神社、東湖神社)→弘道館(水戸城跡)
--------------------
以下、Wikipedia「笠間稲荷神社」2014.03/05 から引用

笠間稲荷神社

 笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)は、茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)である。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。別称胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷

 祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)である。五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間350万人の参拝客が訪れる。また、正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数で茨城県1位を誇る

日本三大稲荷の一つとされている

歴史

 社伝では白雉2年(661年)に創建されたとされるが、近世までの沿革は不詳である。『常陸国風土記』によると、7世紀ごろにはすでに当地で宇迦之御魂神への信仰が行われたと記されている
 江戸時代になると広く知られるようになり、歴代の笠間藩主が厚く崇敬した。三代藩主松平康長や忠臣蔵で有名な浅野家なども、転封し笠間を離れても分霊を新たな領地で祀るなど、庶民のみならず歴代藩主からも手厚い信仰を受けてきた
--------------------

c0185705_1644561.jpg

写真;笠間稲荷神社(2014.03/02)
--------------------
--笠間藩--
日向国延岡藩より牧野貞通が入ると、以後越後長岡藩の支藩として明治維新を迎えることとなる。戊辰戦争では、官軍に属して会津藩攻撃に加わり、賞典禄を受け、本藩の越後長岡藩とは際だった違いを見せたのである
--Wikipedia「笠間藩」2014.03/05--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]