カテゴリ:大玉村・山入( 2 )

2013.12/09(MON)

墓碑 大玉村玉井
二本松少年隊と新政府軍、戦死者の墓碑




c0185705_22552252.jpg

※ 写真;2013.12/09

〈※向って右〉
二本松少年隊
     久保鉄次郎 (十五才)
     久保豊三郎 (十二才)

 大玉村玉井まで"戦死三十一人の墓"参りに出掛けたが、そこに新しい(と思う)墓碑(慰霊の碑)が建てられていた

〈※向って左〉
長州藩  吉村熊之助 (二十一才)
薩摩藩  伊座敷金之進(十九才)
薩摩藩  次郎
土佐藩  近藤楠馬  (二十二才)
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2013.12/09(MON)

山入村の戦い 大玉村玉井
慶応四年(1868)八月二十日




戦死三十一人墓 大玉村

c0185705_9575035.jpg

※ 写真;2013.12/09
--------------------
平成25年(2013)
・12月09日
 白河→須賀川→郡山→本宮を経て大玉村に行く
--------------------
以下、現地の案内板から
後世に語り継ぐ
戊辰の役山入村(玉井村)の戦い
慶応四年(一八六八)一月三日、京都鳥羽伏見において徳川幕府軍十五代将軍徳川慶喜と薩摩、長州、土佐等(官軍)との間に戦端を開いた戊辰戦争は官軍の勝利となり四月十一日江戸城は開城となり徳川幕府崩壊し明治新政府が誕生した。しかし官軍はあくまでも会津討伐を目的とし進軍し奥羽攻防となり白河城、棚倉城、三春城が落城そして七月二十九日には二本松城が落城した。
山入村(玉井村)の戦いは八月二十日会津侵攻に向けて本宮宿より玉井村に進軍した官軍と会津母成峠より出撃し山入村に進軍した会津軍との間に山入村の西の内、黒沢、五ノ神、宇津野地区を中心に起った戦で本宮、二本松に集結した官軍三千名は一部二百名を陽動部隊として中山峠攻撃に向け残る二千七百名の主力は玉井村に滞陣した。会津軍が山入村に進軍しているとの情報を得た官軍は五百名が進撃を開始した。一方会津軍の陣営は手志子森に旧幕府伝習第二大隊二百名が陣を構え左翼の西の内には二本松兵右翼の五ノ神、宇津野方面には会津仙台兵二百を配置した布陣であった。
左翼の二本松兵に攻撃を加えた官軍は本道をさけて竹の内地区南を流れる安達太良川を越えて進み途中で流れが二手に分れ北の寺沢川を進んだ一隊は左翼の兵に、西に進んだ一隊は右翼の兵に攻撃を加えまた村道を進んだ官軍は六角本揃、小菅と進攻し油渕の北側シダ林周辺より伝習隊に銃撃を加えた
伝習隊の陣地には大砲一門据え官軍を迎え撃ち又先鋒隊は各所で官軍と銃撃戦や白兵戦を展開した。八月二十日午後三時頃に両軍兵激突した戦闘は薄暮れ過まで続き会津軍の両翼の兵に戦力が乏しく敗退、伝習大隊のみが奮戦するも官軍に三方より包囲され多大の損害を受て母成峠に向け敗走した。後に残る会津軍有士三十一人戦利あらずと枕をならべ腹かっきり討死したその後九月二十二日会津城が落城した。山入村の戦死者は会津軍四十三名官軍四名二本松少年隊本村死ニ名であった。
 以上語り継ぐ
     玉ノ井史談会
--------------------
以下、現地の「戦死者氏名の碑」から
玉井山入村の戦争・戦死者氏名碑
会津藩    梶田銀蔵   伝習第二大隊   慶三郎
       原 政治    〃       仁三郎
       吉田長治    〃       発市
二本松藩   松本織之助   〃       政吉
伝習第二大隊 浅井清之丞   〃       松五郎
 〃     秋山仁助    〃       元二郎
 〃     磯村悦ニ郎   〃       要助
 〃     梅里保三郎   〃       米蔵
 〃     玉木久ニ郎   〃       良平
 〃     西宮浅吉    〃       熊二郎
 〃     山本稲之助   〃       竹二郎
 〃     山本房二郎   〃       源助
 〃     丸尾三郎    〃       源太
 〃       浅右衛門  〃       小三郎
 〃       亀三郎   〃       小兵衛
 〃       勘右衛門  〃       庄七
 〃       勘吉    〃       甚之介
 〃       喜兵衛   〃       清吉
 〃       金蔵    〃       清七
 〃       金八    〃       清助
               〃       竹三郎
               〃       藤吉
               〃       吉蔵

〈裏面〉
平成三年十月吉日建之

       玉井史談会
       武像鉄夫
       本間 正
       渡辺敬太郎
       武田吉弘
       渡辺徹司
       野内正一
       佐藤一子(旧玉応)
--------------------

c0185705_1074451.jpg

※ 写真;2013.12/09

栃木、福島の戊辰戦争 2/2 (2013/12/01)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]