カテゴリ:>大峠( 3 )

2013.05/30(THU)

野際新田に残る家 下郷町野際新田
会津中街道(松川街道)




--------------------
平成25年(2013)
・ 5月24日
 大峠を見た帰り、野際新田あたりの道脇に「戊辰戦争で焼け残った家」があって、これを覗き見させて貰ったが、いきさつなどの詳細は不明である..

c0185705_15532391.jpg

--------------------
三斗小屋宿~野際宿の戦い
慶応 4年(1868)
・ 8月23日 
・西軍、三斗小屋宿に滞陣していた会津藩隊を襲撃
 那須岳越えの襲撃部隊は、更に北回り(大丸経由)と南回り(那須湯本経由)の二手に分れ進軍した。先に戦闘が始まったのは南回りの隊の方面で、会津藩隊を撃破した諸隊はこの日から三斗小屋に泊。ともに襲撃する事になっていた板室回りの部隊だが、進軍に手間取り三斗小屋手前の沼ケ原で夜を明かし、戦闘には間に合わず。翌24日に合流した
 青龍足軽四番隊、10名以上の戦死者を出す
・ 8月24日 大峠
 三斗小屋に滞陣する館林&黒羽藩隊、会津国境の大峠を占領
・ 8月26日 中峠&駒返坂の戦い
 館林&黒羽藩隊、三斗小屋から野際に向けて進出。途中の中峠と駒返坂で戦闘、会津藩隊は敗退した。中峠には約50人、駒返坂には約200人の会津藩兵がいたと云う(西軍両藩の記録)
 この日の戦闘で
 青龍足軽四番隊長の有賀左司馬(32才)
 同寄合二番隊長の原平太夫(44才)
等が戦死。残った隊士は野際を退き、田島方面の会津藩隊に合流した模様
・ 9月 1日
 三斗小屋に戻った館林&黒羽藩隊は会津へ向けて出発。途中、会津西街道を北上してきた西軍諸隊と合流して大内峠を越え、関山で凌霜隊など会幕軍と衝突しつつ若松へ向った
・ 9月 8日 明治と改元
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2013.05/26(SUN)

大峠の石仏
会津中街道(松川街道)




--------------------
 大峠の石仏(首無し地蔵?)
 24日、大峠に行ったがこの峠にある石仏である。観音沼から峠を目指したのだが、ここに出ると一気に視界が開ける。西に流石山、東に三本槍岳、南下ると三斗小屋宿に至る

大峠(会津中街道)(2013.05/24)
板室・大田原城・三斗小屋の戦い(2012.06/21)

--------------------
写真;2013.05/24
c0185705_19262265.jpg

--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2013.05/24(FRI)

大 峠 会津中街道(松川街道)




--------------------
平成25年(2013)
・ 5月24日
 観音沼から林道と徒歩の安直な「大峠行」である。旧道を三斗小屋宿から歩いてみたいとの思いはあるが体力不足で無理!
 大峠は標高1468メートル、里は既に夏めいてきたが此処ではまだ木の芽も出きらずに見通しも良くて、しかも快晴。大峠付近には僅かだが雪も残って風も涼しく、頗る快適であった
     *
慶応 4年(1868)
・閏 4月
 会幕軍(会津・旧幕府の連合軍)は新政府軍の会津侵攻を阻止するため会津中街道を南下。三斗小屋宿を拠点に兵を配置した

板室・大田原城・三斗小屋の戦い(2012.06/21)

c0185705_1928568.jpg

写真;2013.05/24
--------------------
会津中街道

概要

 1883年(天和3年)の日光大地震により鬼怒川支流の男鹿川が土砂で堰き止められ五十里湖が出現した際に、会津西街道が通行不能になり会津藩3代藩主松平正容によって1695年(元禄8年)に整備された。氏家宿から矢板宿、板室宿を経て那須山中の三斗小屋宿、標高1468mの大峠、松川宿などを経て会津に至る代替街道である。会津西街道が再整備され次第に使われなくなっていった
 自然湖である五十里湖は、その後1723年(享保8年)の大雨で決壊し、死者1万2千人を出す土石流となり、宇都宮、真岡近辺まで被害が及んだ

歴史

1646年(正保 3年) 会津藩により辰街道が整備される
1653年(承応 2年) 会津藩により辰街道の宿駅に附子村を指定される
1667年(寛文 7年) 会津領内の街道に一里塚の整備令が出される
1683年(天和 8年)  9月に発生した日光大地震により会津西街道が交通不能になる
1694年(元禄 7年) 湯宮村又衛門ほか 2名により大峠開発請願書が会津藩に提出される
1695年(元禄 8年)  3月、会津藩による道筋村々の調査が行われる
            また、坂巻家より矢板宿問屋開設願いが出される
同年        7月、荒井村名主により「間数相改差し上げ調」が報告される
同年        8月、田嶋にて工事入札行われる
同年        9月 5日、工事着工される
同年        9月28日、会津松川宿~下野板室宿で「新道はじめ」廻米 2駄
同年       10月 9日、完工する
同年       10月15日、工事完成が南山代官依田五兵衛により会津藩へ報告される
同年       10月19日、各継立場間の測量が行われる
1696年(元禄9年)  1月、下野川崎宿に高札が立つ
同年        4月、会津藩 3代藩主、松平正容が参勤交代のため通行する
同年        5月、越後村松藩 3代藩主、堀直利が参勤交代のため通行する
1697年(元禄10年)  6月、会津藩主、松平正容が参勤交代のため通行する
1698年(元禄11年)  5月、越後村松藩主、堀直利が参勤交代のため通行する
1699年(元禄12年)  8月、暴風雨により各所に被害が出る
1704年(元禄17年)  6月10日、田町問屋の大橘家が日限定書のため評定所へ召し出される
同年        7月、暴風雨により通行困難になり、脇街道に編入される

宿場

1 .若松城下 (福島県会津若松市)
2 .面川宿  (福島県会津若松市門田町面川)
3 .香塩宿  (福島県会津若松市大戸町上三寄香塩)
4 .小塩宿  (福島県会津若松市大戸町上小塩)
5 .桑原宿  (福島県会津若松市大戸町上小塩)
6 .小出宿
7 .弥五島宿
8 .松川宿
9 .野際宿  (福島県南会津郡下郷町野際新田)
(大峠;標高1468m)
c0185705_21285476.jpg

10.三斗小屋宿(栃木県那須塩原市那須岳国有林)
11.板室宿  (栃木県那須塩原市板室)
12.百村宿
13.高林宿
14.横林宿
15.石上宿
16.山田宿
17.矢板宿  (栃木県矢板市)
18.川崎宿  (栃木県矢板市川崎反町)
19.乙畑宿  (栃木県矢板市乙畑)
20.氏家宿  (栃木県さくら市氏家)
(阿久津河岸)
阿久津河岸・船玉神社(2015.09/15)

--Wikipedia「会津中街道」2013.05/25--
--------------------
※ 奥州駒返坂について
会津藩は元禄8年(1695)松川通り(会津中街道)を開削した。天和3年(1683)9月1日、日光大地震により五十里湖が出現し、南山通り(会津西街道)での参勤や廻米が困難になったためである/その道筋は、若松・面川・香塩・小塩・桑原・小出・弥五島・松川・野際・三斗小屋・板室・百村・高林・横林・上石神・山田・矢板・川崎・乙畑・氏家に至る31里10町52間の街道である/旧街道は現道よりも東側に位置している。野際宿からつづら折りの坂を上り切り、下る坂を「奥州駒返坂」と呼んでいた。ここには元禄8年銘「奥州駒返坂」の碑があり往時を偲ぶことができる/険阻な大峠を越えるため、時の藩主松平正容公もこの場所で駒を返し徒歩で峠を越えたと伝えられる
  下郷町
--現地の案内板から--
--------------------
林道大峠線終点

終点位置  下郷町大字音金字大峠地内
施工年度  昭和二十七年
路線延長  四、九二五米
幅  員  三、六  米
管 理 者  下郷町役場
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]