カテゴリ:秋月登之助( 3 )

2015.09/03(THU)

秋月登之助墓 会津若松市栄町2-12




c0185705_12201038.jpg

幕末会津藩闘将 秋月登之助之墓
原田家/三原家墓に合祀
写真;2015.09.02
--------------------
--以下、現地の案内板から--

略 伝
秋月登之助は田島・代官江上又八の息/江戸にありて幕末会津藩の為に盡力す/江戸城幕軍大鳥圭介(陸軍奉行)の下に伝習第一大隊長となる/新撰組副長土方歳三はその参謀として参加する/宇都宮城奪回戦、今市の攻防にて負傷/土方も負傷、共に若松城下に帰着/再出陣、母成峠にて奮戦す/后、土方は箱館方面におもむく
登之助・背高く巨眼、好箇の偉丈夫にして濃紺の上着、緋絨のズボン、胸間に紐長く呼笛、殊に容姿を顕著にせり
土方歳三、常に登之助に謙譲の立場にて登之助を助け翼賛したと伝えられている
--------------------
興徳寺
c0185705_1294667.jpg

写真;2015.09/02

カテゴリ:秋月登之助



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.06/10(TUE)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
秋月登之助




c0185705_2217178.jpg


宇都宮城の攻防Ⅱ(2012.05/30)
宇都宮第二次攻防戦要図(2013.10/09)
第二次今市戦(2012.12/20)

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883

 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地

--------------------
秋月登之助
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・乙、コマ番号〈 26/31〉(引用)

秋月登之助ハ會藩の士にして尤も文武ニ達す藩主朝敵となられてより一藩の士を擧て官軍ニ当らんとせし時ニ登之助ハ大隊長となりて本國を發し加藤今見の人々と共ニ野州ニ出張し、官兵佐土原彦根藤堂土州の兵等と今市駅ニ大ひニ戦ひ之れを破り尚諸々ニ轉戦して能く兵を指揮す又白川及び二本松の戦いにも屢々奮闘血戦ニ及んで大ひニ其名を知られたり
--------------------
秋月登之助(あきづきのぼりのすけ、天保13年(1842)-明治18年(1885) 1月 6日?)
幕末の会津藩士。本名は江上太郎種明。会津田島の代官江上又八種順(十六石三人扶持)の子。会津藩京都守護職拝命により、武芸に秀でた者のみで編成された京都詰先備甲士として藩主容保の身辺警護にあたる
慶応 4年(1868)
・容保は江戸の会津藩邸から引き上げたが、登之助は旧幕府軍に加わった。始めは幕府軍第七連隊の歩兵差図役並だったが、その後大鳥圭介の伝習隊に加わった。宇都宮城の戦いでは伝習第一大隊の隊長として参謀の土方歳三と共に戦った。母成峠の戦いで目撃されたのを最後に消息不明となる
 会津若松市の興徳寺にある江上家の墓所には、「秋月登之助、明治18年1月6日行年44才」とある
--引用・要約;「秋月登之助」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』 2014. 3/21(木)11:21--
--------------------
※「興徳寺」 会津若松市栄町 2-12

〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2013.04/01(MON)





秋月登之助(あきづきのぼりのすけ、天保13年(1842)-明治18年(1885) 1月 6日?)
幕末の会津藩士。本名は江上太郎種明。会津田島の代官江上又八種順(十六石三人扶持)の子。会津藩京都守護職拝命により、武芸に秀でた者のみで編成された京都詰先備甲士として藩主容保の身辺警護にあたる

慶応 4年(1868)
・容保は江戸の会津藩邸から引き上げたが、登之助は旧幕府軍に加わった。始めは幕府軍第七連隊の歩兵差図役並だったが、その後大鳥圭介の伝習隊に加わった。宇都宮城の戦いでは伝習第一大隊の隊長として参謀の土方歳三と共に戦った。母成峠の戦いで目撃されたのを最後に消息不明となる

 会津若松市の興徳寺にある江上家の墓所には、「秋月登之助、明治18年1月6日行年44才」とある

--参考文献;Wikipedia「秋月登之助」2013.04/01--
秋月登之助墓(2015.09/03)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]