カテゴリ:さくら市( 7 )

2017.07/29(SAT)

喜連川藩 栃木県さくら市喜連川4420-1




--------------------
c0185705_16585597.jpg

[#IMAGE|
  写真↑;喜連川陣屋の在ったところには、現さくら市喜連川庁舎等が、その裏手には塩谷氏の築いた山城、倉ヶ崎城跡(現お丸山公園)が在る。そこに赤く塗られた"一の堀橋"が写真↑なのだが、これは元々のものを模し(復元)たものなのか、或いは公園の施設として新たに整備したのもなのか不明。そもそも陣屋と倉ヶ崎城とは一帯として陣屋であったのかどうかも?、おそらく有事の際の備えとして維持してたのではないかと思うのだが?・2017.07/29

喜連川藩
・・・は、関ヶ原の戦いの後に下野国塩谷郡喜連川(現在の栃木県さくら市喜連川)に立藩された藩。藩庁は喜連川陣屋。藩主は足利国朝(正室は古河公方・足利氏姫)を藩祖とする喜連川氏。喜連川氏は足利尊氏の次男・足利基氏の後裔であり、名族足利氏のなかで唯一明治維新まで大名格で存続した家である(分家を入れると細川氏も含まれる)
・藩史
文禄2年(1593)に国朝が没すると、国朝の弟頼氏と足利氏姫が縁組みした。頼氏は関ヶ原の戦い(1600)に出陣しなかったが、戦後に徳川家康に戦勝を祝う使者を派遣したことから慶長7年(1602)に1000石の加増を受けた。それでも総石高4500石程度に過ぎず、本来ならば大名ではなく藩と呼ぶことはできない。しかし江戸幕府を開き源氏長者となった家康は、かつての将軍家でありかつ源氏長者でもあった足利氏の格式を重んじ、高い尊称である御所号を許して厚遇した。また四品格となり、代々の鎌倉公方が叙任された左兵衛督や左馬頭を称したが、これは幕府からの受けた武家官位ではなく自称であった。にも関わらず、幕府などもこの自称を認めていた。また足利の名字を名乗らず喜連川を称した
     *
以後の将軍も代々喜連川家を重んじ、享保年間には藩庁が喜連川陣屋にもかかわらず諸侯扱いとなり、10万石の国主並家格となった。しかし石高が大幅に加増されることはなく、喜連川家は江戸期を通じて表高・実高が1万石に満たなかった唯一の諸侯とされている
     *
このように、喜連川家が江戸幕府から受けてきた待遇は「大名(諸侯)」・「旗本」・「交代寄合」のいずれにも当てはまらず、その実態は幕藩体制における武家の身分統制から外れており徳川将軍家との明確な主従関係すら存在しなかった(喜連川家は自身を「天下ノ客位」「無位ノ天臣」と称していた)。こうした特殊な存在が許されたのは、喜連川家の祖である古河公方が徳川家の関東移封の少し前まで実際に関東地方の支配者としての一定の権威を有していた存在であり、徳川家による関東地方支配および幕藩体制における日本全国支配が確立していない時期には喜連川家に対する一定の配慮がなされたとみられる
     *
寛政元年(1789)には500石の加増を受けたものの、10万石の格式を保つ出費は莫大であり、藩財政は厳しかった。荒川・内川の氾濫と天保の大飢饉は藩財政をますます窮乏させた。9代目藩主喜連川煕氏は天保10年(1839)から藩政改革に乗り出し、義援米のための倉の設置、厳格な検地の実行、新田開発、藩内の士風刷新などの政策を実行しようとした。しかし家中での上士と下士の対立と、財政基盤の弱さが政策の実行を阻害し、ほとんど成果が上がらなかった
唯一の救いは、喜連川が奥州街道沿いの宿場町であったことで、奥州の大名、わけても仙台藩の参勤交代時には喜連川の宿場は潤った。仙台藩が費用節約のために喜連川を通り過ぎたくても、宿場前にはいつも喜連川藩主(御所様)が待っていたという。一度、仙台藩が喜連川を迂回して参勤交代した時には、御所様は義務もないのに江戸城参勤に赴き、伊達侯に嫌味を言ったと伝えられる。
     *
江戸時代を通じて喜連川氏の支配は続いた。維新後の明治3年(1870)、廃藩置県に先立って喜連川藩は封土を新政府に奉還して日光県に組み込まれ、喜連川藩は消滅した。翌4年には日光県の合併に伴い、宇都宮県の一部となった。喜連川氏は足利姓に復し、華族に列し子爵に叙せられた
・喜連川陣屋
喜連川陣屋(きつれがわじんや)はさくら市にあった陣屋である。現在、跡地はさくら市喜連川庁舎(旧喜連川町役場)となっている。なお市内の個人宅に城門が移築現存してあり、門には足利氏の家紋化粧が残されている
--引用・要約;「喜連川藩」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2017.02/25(土)15;28--

c0185705_17004982.jpg

  写真↑;倉ヶ崎城跡(現お丸山公園)への歩道・2017.07/29
--------------------
--以下、現地の案内(碑)から--
橋名の由来 ※橋は大蔵ヶ崎橋のようだ
 源平の合戦に源氏の大将源義経に従って武勲をたてた塩谷惟広が文治二年(一一八六)初めて城を築き大蔵ヶ崎城と言った
 城は三方が崖で幾重もの空堀をめぐらした堅固な山城であった
 天正十八年(一五九二)第十七代城主惟久は豊臣秀吉の東征に際し、人員その他物資の調達を命じられたが、惟久は機を失してこれに応じなかったため、秀吉の怒りに触れることを恐れて出奔したので廃城となった
 しかし、惟久の妻嶋子は秀吉が□□に出陣した折、出向いて惟久に二心のないことを釈明したため、秀吉は嶋子の懇願を聞き入れ名門足利氏の断絶を惜んで古河公方家(のち喜連川に移って喜連川公方)を再興させた
 ここに、初代惟広築城以来八百余年の大蔵ヶ崎城(のち倉ヶ崎城)の歴史を偲び、この名を後世に残すために橋の名としたものである
     平成元年三月  喜連川町



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.09/16(WED)

宝篋印塔 さくら市(氏家)勝山・さくら市ミュージアム




--------------------
現地の案内表示から
ほうきょういんとう
宝篋印塔
「宝篋印陀羅尼経」を納めた供養塔を宝篋印塔といい、平安末から作られ、石造のものは鎌倉期から造立された。基壇上に基礎、塔身、笠、相輪を積み上げ、塔身の四面に梵字を彫るのが一般的だが、本塔は金剛界の四方仏を陽刻し、大型で安定感があり、笠石の隅飾突起が直立するなど、鎌倉時代でも最古期の特徴を示している
 氏家町桜野の実業家であり、貴族院議員であった瀧澤喜平治のコレクションの一つで、喜平治が京都から取り寄せたとされる。氏家ロータリークラブにより、平成5年、ミュージアム氏家の開館を記念して寄贈され、平成11年に相輪が修補された

※ 勝山城跡に「ミュージアム氏家」が建設されたのだが、勝山城と宝篋印塔の関連は無いようだ
--------------------
c0185705_14475074.jpg

写真;2015.09/15(加工)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.09/16(WED)

明治天皇駐蹕之蹟 さくら市(氏家)・勝山城跡




c0185705_16493298.jpg

写真;2015.09/15
--------------------
             ちゅうひつ
明治天皇駐蹕之蹟
明治九年六月十一日
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.09/16(WED)

勝山城跡 さくら市氏家(勝山)1297




c0185705_11425120.jpg

写真;大手口の橋・2015.09/15
--------------------
以下、現地の案内板から
かつやま
勝山城跡
 勝山城は南北420m、東西370m、鬼怒川の段丘面を天然の要害にした崖端城である。鎌倉末期頃、氏家氏が築き、その後芳賀氏によって強固な防備が完成した。中世下野における、宇都宮氏一族の北方防衛の拠点であり、戦国時代では那須氏との激戦地となったが、堅牢な城で落城することはなかった。だが宇都宮氏が慶長2年(1597)豊臣秀吉の命で改易したのに伴い、あえなく廃城になった
 明治以降の城跡は、特に黒須家が私財を投じて勝山周辺の土地を購入したことなどにより、よく遺存されていた。しかし、戦後の開発の波は勝山にも押し寄せ、文化人らによる啓蒙活動や保存運動が続けられたが、ついには本丸跡も破壊された
 しかし、これを機に本丸跡は公有地となり、初めての学術調査が行われ、大手口や土塁を復旧し、町指定史跡となった。平成5年(1993)城域内にはミュージアム氏家が開館し、廃城後400年を経て、勝山城は文化の拠点としてよみがえった
     *
 中世期の勝山城本丸は深い掘と高い土塁を巡らしており、これを囲む二の丸とは大小2つの木橋で結ばれていた。一つは城主や重臣たちが渡るこの大手口橋である。もう一つは通用口として南西部の搦手に架かっていた
 大手口には木橋とともに強固な大手門と北側土塁の張り出し部に櫓台が設けられており、本丸に攻め込む敵に対して矢を射る矢掛けの構造になっている
 昭和61年(1980)の発掘調査で、橋脚台とともに4つの柱穴が確認され、幅3.8m、長さ20mの木橋の存在が立証された。この橋は、調査結果や他の事例を参考に、往時の橋の姿を推定復元したものである
--------------------
案内図
c0185705_17112098.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.09/16(WED)

浮島地蔵 さくら市(氏家)上阿久津




c0185705_1144822.jpg

写真;2015.09/15
--------------------
以下、現地の案内板から
うきしまじぞう
浮島地蔵
 鬼怒川沿岸の人たちが恐れたのは、洪水や水死などの水難です。それを救済してもらおうと水神や地蔵などの民間信仰が生まれ、特に浮島地蔵が信仰されてきました。どんな洪水にも流されず浮いてその地にとどまり救済する霊力のあるのが浮島地蔵なのです。大中の浮島地蔵も五十里洪水の時でも浮いていたそうです。上阿久津の浮島地蔵は鬼怒川の大水で重い石地蔵なのに浮きながら上阿久津に流れついたという伝説があります
 この地蔵の台座には元文4年(1739)とあります。「八日念仏講中」「女人等現当二世安楽所」の銘文は毎月八日に女性たちが念仏講を供養してきました。そのため今では、子授け・安産・子育てと女性に関係の深い信仰となっています
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.09/15(TUE)

弥兵衛ざくら公園 さくら市(氏家)上阿久津




c0185705_21402710.jpg

写真;2015.09/15
--------------------
以下、現地の案内板から

弥兵衛ざくら公園(仮称)
 阿久津河岸が入船千艘・出船千艘などと、大そうなにぎわいを見せていた頃です。鬼怒川の本流から荷倉の無数に立ち並ぶ榎の木沼まで運河が掘ってありました。当時この運河を”ミオ”と呼んでおりました。”ミオ”の北側に高い土手が築かれていて、船積み場を洪水から守ってました。また土手の上には杉などが植えられ、下は一面に熊笹が茂っていました。ミオの両岸には桜の木がたくさん植えられていたから、春になると見事に満開の桜が人の目を楽しませてくれたのです。桜の下には酒を楽しむ人が多く集まりました。無言の桜はこんな人達が好きなのでしょう。そんな人達に妙薬を授けました

 「春の弥生の酉の日に この花の下で酒を飲み交すと一生涯 中風にはかからない」

と、村人や船頭たちは、ここを花見の名所とし、桜の季節にはたいへんにぎわっていました
 鉄道が敷かれると川船はだんだん必要がなくなり、河岸は自然と消滅してしまいました。一帯にあった河岸の構築物は取りこわされ、運河も埋められ、土手の木も伐り倒されていきました
 ここに髪結い床を生業としていた"江屋弥兵衛"という粋な老人がおりました。見事な桜の木が次々と伐られていくのが切なく、残る二、三本の桜を請い受けてそのまま残しておきました
 こよなく花を愛した弥兵衛爺さんも、年老いて世を去りましたが、この桜を「弥兵衛ざくら、やひょう桜」と後の世の人は名づけて伝えてきた場所です
     管理 上阿久津文化財保存委員会
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.09/15(TUE)

阿久津河岸・船玉神社 さくら市(氏家)上阿久津150




c0185705_1953253.jpg

写真;2015.09/15
--------------------
以下、現地の案内板から
あくつかし ・ ふなだまじんじゃ
阿久津河岸・船玉神社
 徳川家康が江戸城に入部すると、領地である関八州諸国からの建築用材や食糧の輸送はもっぱら川船によった。幕府が開かれ、やがて参勤の制が布かれると、東奥の糧穀や物産などは、阿久津まで陸送され、ここから川船で江戸に送られるようになり、さらに商用の荷駄も旅人もこれを利用するようになった。川船の発着所を「河岸」という
 阿久津河岸は奥州街道の鬼怒川渡河点にあたり、最上流に位置するという地の利を得て、慶長以来、明治の中期まで水陸交通の要地として300年間の繁栄を続けた
 鬼怒川上流独特の川船を「小鵜飼船」といい、また、船頭たちが水上安全の守護神として河岸場にまつったのが、船のみたま・船玉(魂)大明神である。境内は船の形を模して作られたといわれ、舳の位置に神殿がたてられており、一般の神社とは趣を異にしている
--------------------
会津中街道〈宿場〉 ※ 詳細は下記「リンク」大峠(会津中街道)を!
1 .若松城下 (福島県会津若松市)
・・・
9 .野際宿  (福島県南会津郡下郷町野際新田)
(大峠;標高1468m)
10.三斗小屋宿(栃木県那須塩原市那須岳国有林)
・・・
17.矢板宿  (栃木県矢板市)
・・・
20.氏家宿  (栃木県さくら市氏家)
(阿久津河岸)
--Wikipedia「会津中街道」2013.05/25--

大峠(会津中街道)(2013.05/24)

--------------------
c0185705_1935352.jpg

写真;鬼怒川左岸「阿久津河岸」附近・2015.09/15
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]