カテゴリ:長野県( 2 )

2017.01/21(SAT)

古屋作左衛門の追討
復古記/国立国会図書館デジタルコレクション




--------------------
[国立国会図書館デジタルコレクション]復古記 第11冊 コマ番号 457
p.868- 869
復古外記 北陸道戰記 第五 明治元年閏四月五日
【コマ 457】
○是ヨリ先、古屋某(作左衛門)等、越後ヨリ信濃ニ入リ、飯山(本多助成ノ治所)城下ニ逗ル、尾張、松代等、諸藩兵ヲ発シテ之ヲ討シ、北クルヲ追テ越後ニ入ル、東山道総督、乃チ監軍岩村高俊(精一郎、土佐藩士)ヲ遣シテ、諸藩兵ヲ督セシム、是日、書ヲ二督ニ致シテ、其状ヲ報シ、且高田藩ノ形跡疑フヘキヲ以テ、速ニ軍監ヲ派遣シ、本道軍監ト協議シテ、之カ區慮ヲ為サシメンコトヲ請フ。
--------------------
 鳥羽伏見の戦いの後、幕府歩兵代11連隊、第12連隊兵士が江戸開城を不服として脱走した。古屋佐久左衛門は彼等を帰順させ、更に第6連隊の兵を加えて約900名の部隊を結成した
・3月 9日
 梁田の戦いでは新政府軍の奇襲攻撃を受けて敗北。翌日、鹿沼にて部隊を再編成し、藤原を経て22日には、会津に入り松平容保に謁見、24日には部隊名を衝鋒隊に改める。翌25日には、若松城下を発ち、水原をへて
・4月 1日、新潟に着いた。その後、11日には与板へ移動、高田を経て23日には飯山城下へと迫った
・4月25日
 衝鋒隊と、新政府軍の松代・尾張藩兵との間に戦闘が始まる。戦いの前半は衝鋒隊が優勢であったが、玉虫色の態度を示していた飯山藩が、衝鋒隊に対して突然発砲、衝鋒隊は総崩れになり敗北した(飯山戦争)
 越後へ退却すると、高田藩の裏切りにあって襲撃され、衝鋒隊は四分五裂となり敗走した。しかし小千谷にて再結集し、閏4月27日からの鯨波戦争では小千谷市南方に位置する雪峠にて会津軍と共によくこれを守ったが、新政府軍の三度に渡る波状攻撃を受け、小千谷を放棄、片貝村へと退いた
--引用・要約;「衝鋒隊/古屋作左衛門」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』--

c0185705_9533616.jpg

↑写真;東軍総督・古屋佐久左衛門(1833~1869)/足利市梁田公民館史料

梁田戦争戦死塚(2014.04/13)
梁田戦争1(2014.04/11)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2016.11/14(MON)

魁塚碑 長野県諏訪郡下諏訪町




--------------------
以下、現地の案内板から
           さきがけづか
下諏訪町文化財/史跡 魁塚(碑)
ここは赤報隊長相楽総三以下幹部八士その他の墓である。慶応四年正月江戸城総攻撃のために出発した東山道総督軍先鋒嚮導の赤報隊は、租税半減の旗印をたてて進んだが朝議一変その他によって賊視され明治三年同志によって墓がつくられた
名を「魁塚」として祭られた
爾来地元では祭りを絶やさず昭和御大典には御贈位の恩典に浴した草莽として、維新史の上に大きく輝く人々である
     昭和四十九年六月二十四日指定/下諏訪町教育委員会

c0185705_1041251.jpg

写真;魁塚碑(t.hさん提供)、2016年11月
--------------------
赤報隊(明治元年一月~三月)
 慶応三年十二月江戸薩摩藩邸から脱出した相楽総三らは京都の薩摩藩邸に屯集していたが、明治元年一月七日、新たな同志を糾合して近江に入り、九日東江州松尾山で討幕先鋒軍赤報隊の旗を上げ、東海道先鋒官軍に先立って東進を始めた。同志は江戸藩邸組のほか新選組から分離した高台寺党、近江勤王党などの人々で、その背後には西郷隆盛らの支援があった。しかし相楽らは東征を急ぐ余り西郷からの軍令を無視する形となり、また隊士一部に無法の行為が出はじめたので、官軍は彼らに偽官軍の汚名を着せて処刑を進め、三月三日には信州下諏訪で相楽以下幹部を斬首した。草莽無名の先鋒隊に大功を立てさせては大藩の面目にかかわるとの考えもあったのであろう。昭和になって作家長谷川伸らの精力的な調査でやっと汚名が拭われた。長野県諏訪郡下諏訪町に相楽総三とその同志の墓が建立されている。
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
     *
・相楽総三  本名小島四郎/別名村上四郎、二荒二郎など/下総相馬郡椚本新田村郷士/小島兵馬の四男で江戸赤坂三分坂住/文久元年から同志を糾合/慶応三年十月江戸薩邸浪士隊総裁/明治元年一月赤報隊結成/三月三日偽官軍の汚名で信州下諏訪で斬/三十歳/贈正五位/靖国
・渋谷総司  変名渋谷謹三郎、大谷総司など/下総葛飾郡小金佐津間の人/慶応三年末、薩邸浪士隊使番から赤報隊使番へ/明治元年三月三日信州下諏訪で斬/二十二歳/贈従五位/靖国
・大木四郎  本名大樹匡/秋田藩士/慶応三年秋薩邸浪士隊監察/十二月二十五日脱出、西航して赤報隊入り/明治元年三月三日信州下諏訪で斬/十九才
・西村謹吾  変名山本鼎、必衛、菅沼八郎/伊勢亀山の人/慶応三年秋薩邸浪士隊監察/出流山へ出撃/赤報隊監察兼使番/明治元年二月北信州で捕、三月三日下諏訪で斬/二十五歳
・竹貫三郎  変名菊地斎、栃内蔵四郎/秋田の人/慶応三年秋薩邸浪士隊監察、ついで赤報隊監察/明治元年三月三日信州下諏訪で斬/二十五歳
・小松六郎  信州上塚村の百姓で本名六兵衛/明治元年三月三日信州追分で斬
・高山健彦  変名望月多仲、長三など/駿河田中の人/薩邸から出流山、赤報隊へ/明治元年三月三日信州下諏訪で斬
・金田源一郎 駿河田中の人/変名宇佐美庄三郎(庄五郎とも)/明治元年三月三日信州下諏訪で斬
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
c0185705_19543656.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]