カテゴリ:徳川義臣傳( 11 )

2015.07/25(SAT)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
永井玄蕃




c0185705_2234265.jpg

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883

 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
永井玄蕃
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈7/31〉(引用)

永井玄蕃ハ幕臣にして尤も強勇の聞あり榎本以下の人々と共ニ品川沖より軍艦に乗じ直ちニ函館に走り上陸ニ及んで江刺を攻て破り又松前城をも乗取大ひニ勢を得てより榎本を総裁と為し其身も又副総裁を兼て遂ニ五稜郭をも陥れます/\官軍と相戦ひ頗る両軍に其名を知らる海陸の兵大擧して悉く脱兵の得る處となる其後諸士ニ代り降伏す

飛ちがふ弾丸の日毎にたへぬより今に小鳥の陰さへも見す

--------------------
ながい なおゆき
永井尚志
文化13年(1816)11月 3日
 三河奥殿藩の第五代藩主・松平乗尹とその側室の間に生まれ、幼名を岩之丞、号を介堂といった。25歳の頃に旗本の永井尚徳の養子となる
嘉永 6年(1853)
 目付として幕府から登用される
安政元年(1854)
 長崎海軍伝習所の総監理(所長)として長崎に赴き、長崎製鉄所の創設に着手する
安政 5年(1858)
 岩瀬忠震と共に外国奉行に任じられ、ロシア、イギリス、フランスとの交渉を務め、通商条約調印を行なった。その功績で軍艦奉行に転進したが、直後の将軍後継者争いで一橋慶喜を支持する一橋派に組したため、南紀派の大老・井伊直弼によって罷免され、失脚した
文久 2年(1862)
 京都町奉行として復帰
元治元年(1864)
 大目付となる
文久 3年(1863)の八月十八日の政変、
元治元年(1864) 7月19日の禁門の変では幕府側の使者として朝廷との交渉にあたる
慶応 3年(1867)
 若年寄となり大政奉還においても交渉能力を発揮した。鳥羽・伏見の戦い後は慶喜に従って江戸へ逃げ戻り、その後は榎本武揚と共に蝦夷地へ向かって箱館奉行となり、新政府軍と戦った。しかし、敗れて榎本と共に自決しようとしたが、周囲に止められて降伏した
明治 5年(1872)
 明治政府に出仕し、開拓使御用係、左院小議官を経て、
明治 8年(1875)
 元老院権大書記官に任じられた
明治24年(1891)7月1日
 死去した。享年76
     *
※ 幼い頃から利発で読書が好きであったため師について経史を学び、独学で蘭学を修めた。泰西事情に通じていたという。その学才を伝えきいた永井能登守尚徳が、永井家の養子として迎えた
※ 長崎海軍伝習所では、勝麟太郎、矢田堀鴻、木下利義、榎本釜次郎、肥田浜五郎、他数十人を教えた
※ 戊辰戦争で幕府軍が敗れることを知っていたのに、最後まで忠誠を尽くして戦った忠臣として高く評価されている。また、旗本から若年寄に栄進したのは、異例のことである
※ 戊辰戦争では、息子(養子)・岩之丞と共に品川を脱出し、函館の五稜郭に立て籠もり、共に戦った
※ 養子である永井岩之丞の長女・夏子は内務官僚の平岡定太郎に嫁ぎ、その孫が作家の三島由紀夫で、尚志は三島の養高祖父にあたる
--引用・要約;「永井尚志」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2014.11/03(月)08:25--
--------------------
箱館戦争 1/2(2014.10/07)
箱館戦争 2/2(2014.10/08)

〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)


■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.07/25(SAT)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
勝安房守




c0185705_134839100.jpg
 
明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883

 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
勝安房守
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈7/31〉(引用)

勝安房守ハ始め麟太郎といふ安政年中幕命に依て操舩の術を長崎に学びのち海軍奉行となり又歐州へ使ひす此君博学非凡にして門に入るの英傑尤も多く維新の官軍東下するに際し慶喜公の内命を受て東西にほんそうし遂に江戸に事なからしむるに至る後召されて参議に任せられ又海軍卿を兼らる然れ共幾程もなく其職を辞し専ら雪月花を友として娯まれける

五月雨にしばしは濁れ隅田川すむを常なる世にしあなれは

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.07/24(FRI)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
大久保一翁




c0185705_2233566.jpg


明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883

 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
大久保一翁
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈6/31〉(引用)

大久保一翁ハ徳川家の臣にして博学多識始め右近将監といふ大監察使たり後長崎奉行にうつり越中守に任せらる慶應三年若年寄となる翌年王師東下するに際し慶喜公の内命を蒙り百方盡力して江戸に事なからしむ明治五年に東京府知事を拝命し同九年ニ教部少輔に転し十年に至つて元老院議官をはいめいし今尚ほ勤續せらる

ちりはらひちりはらひても拂えぬ心のちりよいかにしてまし

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.11/25(TUE)

徳川義臣傳 徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
榎本和泉守




c0185705_8105341.jpg

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883
 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
榎本和泉守
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈 8/31〉(引用)

榎本ハ通称を鎌次郎と称す諱ハ武揚梁川と号す幕府瓦解の際にハ開陽丸といふ軍艦に乗じ以下六艘を率ゐて品川を脱し直ちニ函館ニ上陸す榎本ハ海軍に熟し頗る軍略あるを以て其機図りて陸軍ニハ大鳥之れニ応じて尽く地を得るにより衆議ニ依て総裁ニ仰がれたり明治二年の春官軍大挙して迫るニ及んで之れニ当るニ又敵味方驚かしむ後衆ニ代りて降られ当時ハ正四位にて全権公使となり北京ニ赴かれたり

沖なかのそなれ洲崎を立鳥も見ゆはかりなる秋の夜の月

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.11/23(SUN)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
土方歳三




c0185705_2203093.jpg

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883
 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
土方歳三
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈 25/31〉(引用)

土方歳三ハ幕府の旗下にして始め京師にあり伏見鳥羽の戦争破れしより江戸ニ返り諸士を募り主家を再興せんと謀り軍議を決して榎本永井の人々と共に品海を脱し函館に趣き尚ほ奥羽の士を募り官軍の来るを待受屡々寄手を脳す然れ共官兵ハ新手を入替無二無三に攻立けるに脱兵防戦ニ尤も苦む歳三毎も真先ニ進み敵を切る数十人に及ぶ後乱弾にあたりて死すといふ

行末はいかになるらん武士の涙に袖をひたすけふかな

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.11/22(SAT)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
板倉伊賀守




c0185705_1613022.jpg

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883
 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
板倉伊賀守
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈 5/31〉(引用)

板倉伊賀守ハ幕府の代にハ閣老にして慶喜公と共に京師にあり大坂に退き又江戸に返る此時諸士東北に脱走するを以て伊賀守も走る然るに脱兵振ハず大敗の時彦根の軍門に降りて宇都宮城中にあり時に大鳥圭介大兵を率ひ結城を落し進んで宇都宮城を攻落す伊賀守城中にあるを以て脱兵之れを奪つて去る板倉勝静之れより会津に走り又函館におちのちくだりしといふ

心あらば筑波の山のほとゝきす君が旅寝をなくさめてなけ

--------------------
板倉勝静
文政 6年(1823) 1月 4日- 明治22年(1889) 4月 6日
板倉勝静(いたくらかつきよ)は、幕末の江戸幕府の奏者番・寺社奉行・老中首座(筆頭)。備中松山藩の第7代藩主。板倉家宗家13代
--引用・要約;「板倉勝静」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』
2014.08/18(月)16:01--
--------------------
慶応 4年(1868)
・ 4月26日
 宇都宮城の攻防戦に敗れ、大鳥旧幕府軍は今市・日光に到るのだが、ここで大鳥圭介は元老中松山藩主板倉勝静と安居院に於いて面談する。以下は大鳥が「南柯紀行」に記したその様子である
     *
『・・・宇都宮落城以来板倉候父子寺院に潜居せられし由、使を以て余を招かれたれば直ぐに行きて逢いしに、格別の卓見も無く唯此地にて干戈を動かしては廟前へ血を濺ぐに至り、忠誠も却て水泡抔と旧に依て因循の輪なり、是れ尤一山の僧徒より頼み入て余に話せしことと覚えたり、愈々防戦と決心其手筈調いし上は、仮令弾丸神廟に触るるといえども無レ拠次第なり、唯防禦の策未だ相立たず苦辛せりと答えて帰れり』
--------------------
山田方谷と閑谷学校(2013.05/09)
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.09/01(SUN)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
牧野越中守




長岡藩藩旗「五間梯子」(2014.08/09)

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883
 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
牧野越中守
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈6/31〉(引用)

c0185705_214102.jpg


越後長岡の城主なり戊辰の変革にハ幕府を再度興さんと藩士及ひ會藩江戸の諸脱士を城内に籠らせまた各所に出張せしめて大ひに戦ふ此時や東北諸々の戦爭尤も烈しと雖も長岡の如きハ又激烈にして両軍の死傷殊に多く一度城陥ると雖も又これを復し其後官軍の據る處となるに及んで藩主ハ會津に落尚ほ脱士をつのりしバ/\抗撃せしも後降られたりといふ

山深み 雲井はるかに めつらしく 声きこゆなり 山ほとゝきす

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.08/31(SUN)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
丹羽左京太夫




二本松(カテゴリ)

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883
 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
丹羽左京太夫
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈4/31〉(引用)

c0185705_16264185.jpg


奥州二本松の城主なり慶応四年松平肥後守朝敵の名あり官軍大挙して進み來るの際丹羽家に於ても會津に荷擔し兵士を八方に出して官兵に抗す然るに白川城忽ち陥るに及んで脱兵を始め四方に散ず官軍勢ひを得て二本松城に迫る諸士城中に立こもると雖も遂に大手を破られ敵城中に乱入す藩主搦手より落て會津城中にのがれ其後くだりて今華族に列せられてあり

初秋は 草木にのみの 露なるを つひに袖にも くだすなるらん

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.08/31(SUN)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
松平越中守




c0185705_9215625.jpg

明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883
 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地
--------------------
松平越中守
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈4/31〉(引用)

勢州桑名の城主たり会津中将と倶に京師にあり此時徳川慶喜公大政を奉還せられ大坂に退かれしが再度上洛の折柄ハ会津と侶倶に先降たり頃ハ慶応四年正月三日のことにして伏見の関門に到りし時俄かに戦端を開き双方の死傷も多かりしが幕兵敗るるに及んで海路江戸に遁れ会津城に拠り屡々兵を交へて戦ひ尤も烈しく然れども衆寡敵せずして降り今華族たり

国守る ますらたけおは さりなから ゆくへはかれぬ 世の姿かな

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.07/23(WED)

徳川義臣傳 近代デジタルライブラリー
松平肥後守




c0185705_19505234.jpg


明治/戰記 徳川義臣傳 岡田霞船編・金松堂、1883
 明治十六年 十月三日 出版御届
 同    十一月   出版
 編輯人  東京府平民 岡田良策/淺草區淺草西三筋町三十四番地
 出版人  東京府平民 辻岡文吉/日本橋區横山町三丁目二番地

--------------------
松平肥後守
[近代デジタルライブラリー]徳川義臣傳・甲、コマ番号〈 3/31〉(引用)

奥州會津の城主にして廿八万石を領し徳川十四代の将軍に従ひ京師にあり此時也長藩頻りに洛中を伺ひ不慮の戦争にも之れに打勝浪士のふつとうに及ぶも直ちに鎮静に至らしめ先帝の御感浅からず然るに十五代慶喜公の御代に至り伏見鳥羽の戦争より本國會津に籠城に及び兵を八方に出して官兵を防ぎ数十度の戦ひに寄手大ひに敗るゝと雖も官軍會兵の武勇を感ぜしといふ明治元年九月廿四日降伏し方今華族にして其芳名ハ高し

若松に 見し夢さめて 悔をのみ 田なべの里に 伏ぞわづらふ

--------------------
〈徳川義臣傳〉
大鳥圭介(2014.06/08)
秋月登之助(2014.06/10)
松平太郎(2014.06/13)
松平肥後守(2014.07/23)
松平越中守(2014.08/31)
丹羽左京太夫(2014.08/31)
牧野越中守(2014.09/01)
板倉伊賀守(2014.11/22)
土方歳三(2014.11/23)
榎本和泉守(2014.11/25)
大久保一翁(2015.07/24)
勝安房守(2015.07/25)
永井玄蕃(2015.07/25)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]