カテゴリ:会津美里町( 6 )

2015.08/02(SUN)

岩崎山弁天神社/御水神社 白鳳山公園、会津美里町字船場




白鳳山公園(2015.07/28)
向羽黒山城ニの曲輪跡(2015.08/02)

c0185705_11431157.jpg

写真;2015.07/28
--------------------
以下、現地の案内板から

岩崎山弁天神社
御 水 神 社


 古来相伝ふ向って右の祠は、越の国(新潟方面)から阿賀川を遡って水郷会津に移住し南青木組花坂村から、宗像宮司が神護景雲元年(七六七)神託により此地に遷し祭ったと云ふ。この宗像の神は、海津見系(あまつみ)の女神弁財天である。猶、ここから南に向って旧本丸の中腹に奇岩怪石数ある中に大昔ここに天人が住み、磨臼に使ったと云ふ中空に聳ゆる磨臼岩がある。又、左に万延元年(一八六〇)九月岩崎山弁天宮・西隣の地に御水神社を遷し祭った。文久元年(一八六一)四月十九日郡奉行神宮・其の他十八ヶ村、岩崎堰関係代表者多数が参集して水神祭大式典が行なわれたと伝ふ
     平成十三年十月
     会津美里町教育委員会
     会津大川土地改良区
--------------------
c0185705_1243059.jpg

写真;2015.07/28



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.08/02(SUN)

向羽黒山城ニの曲輪跡 白鳳山公園、会津美里町字船場





白鳳山公園(2015.07/28)
岩崎山弁天神社/御水神社(2015.08/02)

c0185705_1029361.jpg

写真;2015.07/28
--------------------
以下、現地の案内板から
むかいはぐろやましろ にのくるわ
向羽黒山城ニの曲輪跡(二の丸)
     国指定文化財
 向羽黒山城は東北の雄、葦名盛氏が永禄四年(1561)に着工し、同十一年に完成した軍事的にかたよった縄張りをもつ山城である。この二の曲輪は実質的には近世の本丸(城主の居所)にあたる所と考えられ、一の曲輪の嶮峻さに比べ、曲輪取りも広く、展望性に富んでいて、生活に必要な飲料水を確保している水の手曲輪も近くにあり、生活機能が重視されている。この平場上から礎石も発見されているのでそれを用いた建造物などが存在したとも考えられる
 大川の清流を眼下に、眺望絶佳のこの曲輪は四百余年前の盛氏の大きな夢を今に伝えている
     会津本郷町教育委員会
--------------------
c0185705_10562934.jpg

写真;ニの曲輪からの眺望 2015.07/28
--------------------
あしな もりうじ
蘆名盛氏
戦国時代の陸奥国の武将・戦国大名。蘆名氏第16代当主

生涯

勢力拡大

・大永元年(1521)第15代当主・蘆名盛舜の子として生まれる
・天文6年(1537)伊達稙宗の娘を正室に迎え
・天文10年(1541)父・盛舜から家督を譲られた
・天文11年(1542)山内氏を討って会津における勢力を拡大する
・天文16年(1547)同じく稙宗方の田村隆顕と中通りにおいて衝突したため晴宗方に転じた
・天文19年(1550)からは本格的に中通りへの進出を開始して田村隆顕と戦う
・永禄4年(1561)庶兄・氏方の謀叛を鎮圧する。この年、盛氏は家督を嫡男・盛興に譲って、大沼郡岩崎城に隠居し、剃髪して止々斎と号した。しかし隠居後も政治・軍事の実権を掌握し、引き続き家中の統制にあたった

盛興の死から晩年

・永禄6年(1563)須賀川城主・二階堂盛義と戦い岩瀬郡へと進攻する。盛義は晴宗の長女・阿南姫を娶っていたので、伊達軍が二階堂氏救援のために数度にわたって桧原に攻め込んできたが、岩山城主・穴沢信徳がこれを撃退した
・永禄9年(1566)盛義が嫡男・盛隆を人質に出して降伏したため、盛興の正室に晴宗の四女・彦姫を迎える条件で蘆名・伊達間でも講和が成立した
・天正2年(1574)伊達実元と共に田村氏傘下の二本松義国・大内義綱を破り、田村清顕を従属させることに成功した。だが、同年6月に家督を継いでいた盛興が29歳の若さで急死してしまう。盛興には男子がおらず、さらに盛氏にも他に男子が無かったため、人質としていた二階堂盛義の子・盛隆に盛興未亡人を娶らせて蘆名家の家督を継がせ、盛氏が後見人として政務を執った
・天正3年(1575)女婿・結城義親を支援して白河結城氏の家督相続問題に介入
・天正6年(1578)上杉謙信死後の混乱(御館の乱)に乗じて、越後に出兵するなど積極攻勢を続けた
・永禄3年(1560)から天正4年(1576)にかけて6度も徳政令を出せるほど蘆名の権力は強化されていたが、二階堂氏出身の新当主・盛隆に反発する重臣たちとの不和や、長年にわたる田村・佐竹との抗争による戦費の不足などにより、盛氏の晩年にはすでに蘆名氏最盛期の力を失いつつあった
・天正8年(1580)6月17日に死去。享年60
--引用・要約;「蘆名盛氏」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2013.09/04(水)12:43--



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.07/30(THU)

街道の往時をしのぶ石畳 会津美里町氷玉峠付近
会津西街道(下野街道)




c0185705_22591252.jpg

写真;2015.07/28
--------------------
街道の往時をしのぶ石畳
 会津西街道(下野街道)氷玉峠付近に残る石畳である。その場所は少ないが、氷玉峠は当時の面影をひっそりと今に伝えている
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.07/30(THU)

三郡境の塚 会津西街道(下野街道)氷玉峠付近
会津美里町




--------------------
以下、現地の案内板から
さんぐんさかい
三郡境の塚
 この塚は「三郡境の塚」と伝えられるもので、現在も会津若松市、会津美里町、下郷町の境界となっています
 その昔「大内峠は涙で登る。泣いた涙が沼となる」と馬子たちに唄われように、この三郡境の周囲の山々は一〇〇〇mを超え、下野街道の中でもひときわ険しい道であったようです
 氷玉峠を喘ぎながら登ってきた馬子たちも、この地で一息し、再度、大内峠の頂上を目指したのでしょう
 また、この地は藩主通行の際の御駕篭引き受け地あったとも伝えられています。朝早く若松城を出立した参勤交代の行列は、大内宿まで約一里を残すこの地で、関山宿の人たちから大内宿の人たちに引き継がれて峠を登り、大内沼を巡って大内宿に入り、昼食をとってから再び、参勤の途についていったそうです
--------------------
※ 三郡境 ;南会津郡・大沼郡・河沼郡の境で、ここまでが南山蔵入領だった



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.07/28(TUE)

白鳳山公園 会津美里町字船場
向羽黒山城跡(旧大沼郡本郷町)




向羽黒山城ニの曲輪跡(2015.08/02)
岩崎山弁天神社/御水神社(2015.08/02)

c0185705_21344079.jpg

写真↑;死節碑 2015.07/28

死節碑(別楯隊寄合萱野隊の死節碑)
萱野隊の生存者によって、明治28年(1895)8月に建立された
題字は松平容大公、碑文は南摩綱紀。裏面には萱野隊の戦死者6名と生存者30名の名が刻まれている

 佐藤政治  五石二人扶持/会所次番格/萱野隊/明治元年七月二十七日越後草生水で戦死/二十二歳
 小川勇之助 四石二人扶持/別楯隊寄合萱野右兵衛隊/明治元年八月一日越後草生水で戦死/十九歳
 岸 清兵衛 五石二人扶持/新領別楯隊寄合組萱野隊/明治元年八月一日越後赤坂山で戦死/五十五歳
 栗木惣吾  四石二人扶持/萱野右兵衛隊/明治元年八月一日越後赤坂山で戦死/三十七歳
 新藤仲節  五石二人扶持/別楯隊寄合萱野隊/明治元年八月一日越後草生水で戦死
 遠藤虎之助 五石二人扶持/明治元年八月一日越後石間口で傷、二十四日中村で死/四十一歳
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
c0185705_2135349.jpg

写真↑;明治戊辰戦役萱野隊記念碑 2015.07/28

明治戊辰戦役萱野隊記念碑
 本郷焼に従事していた者など三十六名が志願して参加した。萱野右兵衛は越後口総督一瀬要人の配下、番頭隊長として越後戦線で戦うが、この本郷志願兵は萱野右兵衛隊寄合組に属した
慶応 4年(1868) 3月12日
 本郷志願兵三十六名を含めた萱野右兵衛隊寄合組二百五十名は若松を出立し、14日に水原陣屋に布陣。その後、榎峠の戦いなどで奮戦、終戦まで各地を転戦して六名の戦死者を出した
 この碑は、昭和32年(1957)9月24日、戊辰戦役90年祭の際に子孫により寄進された
--------------------
c0185705_21365214.jpg

写真↑;萱野隊長之碑 2015.07/28

萱野隊長之碑
 大正6年(1917)、死節碑を移築する際、戊辰戦争で萱野隊々士であった陶工たちが隊長萱野右兵衛を偲び建立した
     *
萱野右兵衛
1840~1872年/家禄五百石
〈戊辰戦争〉
 物頭、町奉行、番頭を歴任したのち、戊辰戦争では、会津本郷の陶工達を率いて、越後水原奉行を兼ね越後戦争に活躍する
 7月24日に三条にて行われた会津方諸藩士戦死者の追善供養弔が会津藩主催によって行われ、その際右兵衛は城主名代として出席している。
〈戊辰戦争後〉
 敗戦後高田に謹慎1720人の旧藩士を藩老格として統括し、また、斗南への移住の責任者として尽力するが、のち越後戦争を共に闘った陶工達からの招きで本郷に移住し、陶土を砕く萱野水車を造り業とした
 惜しむらく享年33歳(病死)
 隊士思いで民にも親身に接したことから水原の民や、部下から慕われた
--引用・要約;「幕末維新人名事典」新人物往来社--

※ これら三つの碑は白鳳山公園の麓附近「かんのん坂」を登って2,3分のところにある



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2015.06/08(MON)

西郷栄之進墓 会津美里町勝原字西勝(安楽寺)




c0185705_9534352.jpg

写真;2015.06/07
--------------------
西郷栄之進
会津藩/士中隊/戊辰役戦死
--引用;幕末維新全殉難者名鑑--
--------------------
安楽寺
c0185705_1014672.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]