カテゴリ:>白石市( 6 )

2016.03/12(SAT)

片倉小十郎景綱公頌徳碑 宮城県白石市・白石城・本丸




--------------------
c0185705_1436572.jpg

写真;2014.09/28 碑の右後ろは天守(三階櫓)

かたくらかげつな
片倉景綱
 戦国時代から江戸時代前期にかけての武将である。伊達氏家臣で、伊達政宗の近習となり、のち軍師的役割を務めたとされる。仙台藩片倉氏の初代で、景綱の通称「小十郎」は代々の当主が踏襲して名乗るようになった。兜は、神符八日月前立筋兜
 関ヶ原の後の慶長7年(1602)、主君・政宗が仙台藩主になると一国一城令が敷かれる中、特例として残された白石城1万3000石の城主を賜るも病のため、亘理領内の神宮寺村で療養し、慶長10年の春に白石へ移った
 生誕;弘治三年(1557)
 死没;元和元年(1615)十月十四日
--引用・要約;「片倉景綱」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2016.02/23(火)11;04--
※ 十二代城主邦憲の時、戊辰戦争に敗れて白石城は没収された
--------------------
白石城の図 (2014.09/30)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.09/30(TUE)

白石城の図 天和二年(1682)の図
奥州白石城・共通入館券、裏面




白石城の図/天和ニ年(1682)の図
 1 三階櫓
 2 未申櫓
 3 辰巳櫓
 4 多門櫓(大手門)
 5 菱門
 6 舛門
 7 繭門
 8 茶室
 9 厩門
--------------------
白石城図(概略)
c0185705_8414554.jpg

--------------------
白石城概要
 主として仙台藩伊達氏の支城として用いられ、片倉氏が代々居住した。九州の八代城などと並んで、江戸幕府の一国一城制の対象外とされて明治維新まで存続した。天守の代用となっていた三階櫓は、支城という格と幕府への配慮から天守の名をはばかり大櫓と名づけられたとされる。かつての城は、本丸、二の丸を中心に、幾重にも外郭を備えた堅城であった。虎口のうち、大手門付近には幅が変化し、鍵の手に折れる通路など,特に工夫がみられる
 明治初頭の廃城令により廃城処分とされ、ほとんどの建物は破却された。天守閣は石垣なども撤去され更地になった。現在、三階櫓など本丸の一部が1995年に木造で復元されて現在は公園となっている
 現存する建物としては、厩口門が市内の延命寺山門に、東口門が市内の当信寺山門に、どこの門か定かではない城門が名取市の耕龍寺山門に、煙硝蔵が市内の個人宅に、それぞれ移築されている。土塁は当時のものがそのまま残っている
     *
・慶応四年(1868)、戊辰戦争の際、東北諸藩の代表たちが白石城に於いて白石列藩会議を開く。これが奥羽越列藩同盟の結成につながった
--引用・要約;「白石城」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』2016.02/23(火)07;47--
--------------------
大手一ノ門及び二ノ門 (2014.09/30)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.09/30(TUE)

大手一ノ門及び二ノ門 白石城
1997年3月、三階櫓(天守)・大手一ノ門及び二ノ門・土塀の復元工事を完了した




大手一ノ門
c0185705_1049611.jpg

大手一ノ門 木造一重 高さ   約11尺4寸6分(3.47m)
      本 瓦 葺 幅    約16尺4寸5分(4.93m)
--------------------
大手二ノ門
c0185705_10493264.jpg

大手二ノ門 木造二重 建築面積 約24坪  (80.27㎡) 鏡柱には1尺8寸×1尺3寸(56cm×39cm)
                          の台湾産桧を使用
      本 瓦 葺 延床面積 約16坪  (55.46㎡)
           高さ   約31尺8寸( 9.39m)
--------------------
本丸御殿(白石城)(2014.09/30)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.09/30(TUE)

片倉家中武家屋敷 白石市益岡町1-16




c0185705_10503364.jpg

写真;2014.09/28
--------------------
片倉家中武家屋敷

宮城県指定文化財の旧小関家の建つ後小路(うしろこうじ)は、白石城北、三の丸外堀にあたる沢端川に面した町並みで、現在も静かな住宅地です
旧小関家は、後小路南側東端の屋敷で、宝暦十一年(1761)の白石城下絵図に「小関右衛門七」とあります。この地は中級家中の屋敷であり、小関家は鬱蒼たる庭樹でおおわれ、前面、側面を清冽な水流が巡り、景観的にもすぐれたものがあります
平成三年(1992)に、主屋・門・塀が小関家から白石市に寄贈されたのを機に全面的に修復されました

・屋敷・建物の形状
 武家屋敷内部
土橋を渡り、簡素な切妻造の棟門をくぐり、正面の土塀を曲折して表出入口(台所口)に通ずる。L型に露地を囲んだ土塀には正面に簡素な狭間が付く。式台付き玄関はないが、塀中門から露地を経て直接に正座敷の縁側に通ずる
主屋は北面して建つ。桁行七.五間、梁行四間の直(す)ご家(や)で、土台のない石場建。屋根は寄棟造、茅葺で裏手に櫛形の煙出し破風(はふ)を付ける。座敷廻りは真壁造、台所廻りは大壁造となる
上手の前面に「なかま」と呼ぶ正座敷、その裏側に「なんど」をとり、これら二室の下手に広い一室構成の「ちゃのま」(おかみ)を配した『広間型三間取(さんまどり)』の極めて簡素な間取が復元された。「なかま」の奥に「床の間」を、表側に「平書院」を付け、棹縁(さおぶち)天井を張るが、他室は天井がなく、また板敷である
台所庭に三本の独立円柱が建つが、中央の妻壁近くの「うしもち柱」を頂点に、前後対照的に二本の柱を配し、それぞれ「うしばり(中うし)」、「どいげた」を支承する。三引き物と称して、古式な、堅牢な架構法である。なお、「うしばり」は、「ちゃのま」と台所庭との境の位置で、左右の柱間に渡した梁の中央に載り、力を均分した安定した『鳥居建』の技法となるのも注目される

・見取り図

・建築年代・沿革
解体時に発見された「享保十五年二月十二日」(1730)の墨書によって、二百六十余年前の古建築であることが明らかになりました
小関家と享保十五年の創建期との関係は必ずしも明確ではないが、小関家の初代太右衛門元成は松前八之助家中の小関弥右衛門元直の次男で、延宝八年(1680)、松前家から片倉四代村長に嫁した少林院市子(いちこ)の方の添人として白石に来て、はじめて片倉家中となりました。元成十二歳の時といいます
享保元年(1716)には番士に編入、その後は奥方用人として活躍しました。小関家の屋敷地が当初から変動がないものとすれば、墨書の享保十五年という創建時期はこの初代元成の晩年か、次の二代元友(もととも)の時代に相当すると思われます
その平面形状、架構手法とも極めて素朴、古式で、仙台藩の二百五十年を経た古民家のそれと殆ど異なるものがなく、農民住宅を素地として、次第に武士住宅としての体裁を整えてくる過渡的形態を示すとともに、創建年代の明らかな貴重な遺構です

--引用;Hp「白石城・歴史探訪ミュージアム」--
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.09/30(TUE)

本丸御殿(白石城) 白石市益岡




c0185705_1151296.jpg

写真;「本丸御殿」復元模型・2014.09/28
--------------------
以下、現地の案内板から

白石城本丸は、仙台藩主伊達家が白石城に宿泊するための「御成御殿(おなりごてん)、政庁的役割を果した「表御殿(おもてごてん)」、城主片倉家の私的な居館であった「奥向御殿(おくむきごてん)」からなっていた
⑫「御成御殿」
「御成上段」「御次」「三ノ間」「御成寝所、御休所」の部屋で構成され、本丸の一番奥、西側にあり警備上一番安全な所が選ばれている
白石は奥州街道の要衝でもあり、江戸への参府の途中、藩主(仙台伊達家)の宿泊施設としてたびたび使われ、藩主御成の際は、藩主専用の「御成式台」から座敷に上がった
⑧「表御殿」
片倉家の公式の対面を行う場所で、西端の「御老中ノ間」「御次ノ間」「御書院」「御広間」「中ノ間」、東端の「下ノ間」までの部屋があり、他に中奥(なかおく)ともいうべき「御用ノ間、御家老詰所」「記録役詰所」「御小姓頭詰所」「御用番詰所」等の執務部屋からなっている。片倉家家中は「中ノ口式台」から出入りした
⑯「奥向御殿」
城主や奥方の日常生活空間であり、表御殿と平行に建っていた
当主用の「御座ノ間(ござのま)」「御次」「御寝所」、奥方用の「御茶ノ間」「中ノ間」「御休所」があり、他に「奥老部屋(おくろうべや)」「女中部屋」「御医師部屋」がある。奥へは「奥方式台」から出入りした
     *
本丸東南隅には園池のある庭園があり、池際に「御茶室」があった
これら、白石城本丸内の復元模型は「白石城歴史探訪ミュージアム」に展示されています
--------------------
c0185705_1232148.jpg




■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2014.09/29(MON)

奥羽越列藩同盟 仙台藩領、白石城
siroisi




c0185705_16595796.jpg

写真;白石城天守(三階櫓)を舛門辺から・2014.09/28
--------------------
奥羽越列藩同盟

戊辰戦争に陸奥国(奥州)、出羽国(羽州)、越後国(越州)の諸藩が輪王寺宮(北白川宮能久親王)を盟主として新政府の圧力に対抗しようと結成された同盟である
元々会津藩、庄内藩の「朝敵」赦免嘆願を目的としたが、この嘆願が拒絶された後は新たに「北部政権」の確立を目的とする軍事同盟に変わった。会津藩は京都守護職、庄内藩は江戸市中取締を命ぜられて幕府の要職にあり、薩長と対立したため「朝敵」とされ、新政府からの攻撃対象となったのである

白石列藩会議

慶応四年(1868)
・閏四月十一日
奥羽十四藩は仙台藩領白石城において列藩会議を開き、会津藩、庄内藩赦免の嘆願書「会津藩寛典処分嘆願書」を奥羽鎮撫総督に提出したが却下された
・閏四月十九日
奥羽鎮撫総督府参謀世良修蔵、福島で暗殺される

「奥羽列藩同盟」の誕生

・閏 4月23日 新たに十一藩が加わり
・  5月 3日 二十五藩による奥羽列藩同盟となる
・  5月 4日 長岡藩が加盟
・  5月 6日 新発田藩等の北越五藩が加入し
       計三十一藩による「奥羽越列藩同盟」が成立した
--引用・要約;「奥羽越列藩同盟」『フリー百科事典・ウィキペディア日本語版』
2014.09/01(月)12:21--

第四章 奥羽列藩の白石会議(2013.01/15)

--------------------
以下、現地の案内板から
しろいし
白石城〈 別名 益(桝)岡城〉の歴史
 天正十九年(一五九一)豊臣秀吉は、伊達氏の支配下にあったこの地方を没収し、蒲生氏郷に与えた。蒲生氏家臣蒲生源左衛門郷成は城下町を含む城郭、白石城を築城し城主となった
 慶長三年(一五九八)上杉領となってから上杉氏家臣甘糟備後守清長は白石城の再構築を行い居城した
 慶長五年(一六〇〇)関ヶ原合戦の直前、伊達政宗は白石城を攻略し、この地方は再び伊達領となり、伊達氏家臣である片倉小十郎が大改修を行い、以後明治維新まで二百六十余年間片倉氏の居城となった
 白石城は標高七十五メートルの最頂部には本丸・二ノ丸・中ノ丸・西曲輪、中段には沼ノ丸・南ノ丸・巽曲輪・帯曲輪・厩曲輪を置き丘の上に館堀川を巡らし、南は空堀で丘陵を切断、館堀川を隔てた平地には三ノ丸・外曲輪を配置した平山城である。本丸は高さ九メートル余の石垣の上に土塁を囲み三階櫓そして巽櫓・坤櫓・大手門・裏三階門を構え、御成御殿・表・奥の諸建物があった。二ノ丸以下はすべて土塁で囲み、木柵をまわした崖を利用する等中世と近世城郭を併用した縄張であった
 元和元年(一六一五)の一国一城令以後も仙台藩は幕府から青葉城と白石城の二城が許され、明治維新には奥羽越三十一列藩同盟がこの城で結ばれ、公議府が置かれ輪王寺宮が滞城された。その後按察府の設置、兵部省兵隊屯所になるなど、日本の歴史の変換期には一役を担う重要な城であった
     *
 歴代の城主と主な出来事
一、刈田左兵衛尉経元        寛治年中より五代百一年間居城したと伝えられている
二、白石秀長            文治五年より十五代三百九十七年間と数えられる。白石宗実の代の天正十四年安達郡塩松宮森城に移る
三、伊達家臣屋代勘解由兵衛景頼   天正十四年より五か年
四、蒲生家臣蒲生源左衛門郷成    天正十九年より七か年
五、上杉家臣甘糟備後守清長     慶長三年より二か年
六、伊達家臣石川大和守昭光     慶長五年より二か年
七、伊達家臣片倉小十郎景綱     慶長七年より二百六十七年間
八、南部彦太郎利恭         明治元年より明治二年七月二十一日まで
九、三陸磐城按察府         明治二年八月十日より明治三年十月六日まで
十、兵部省兵隊屯所         明治四年四月より十一月まで
  明治七年白石城民間に払下げ解体
  明治三十三年白石町益岡公園設定
--------------------
c0185705_2083987.jpg

写真;天守(三階櫓)内部・2014.09/28



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]