筑波山ケーブルカー

2017.06/16(FRI)

筑波山ケーブルカー 茨城県筑波山




--------------------
筑波山ケーブルカー
c0185705_13413659.jpg

写真;2017.05/16

・営業開始の経緯
筑波山ケーブルカーは、大正14年10月に、全国でも5番目に開業したという歴史を持つ
当時の筑波山は、筑波山神社の御神体として、多くの参拝者や修行者が訪れる霊山でした。その筑波山に多くの人に来てもらいたいと、茨城の実業家高柳淳之助氏らが関係機関に働きかけ、筑波山鋼索鉄道株式会社を設立するに至る
その後、昭和19年まで営業を続けるが、昭和19年2月、戦時による不要不急線として営業廃止となるが、昭和29年に営業を再開。平成11年10月に筑波山ロープウェー株式会社(筑波山ロープウェー)と合併して、社名を筑波観光鉄道株式会社と変更し、現在に至る
--引用、要約;筑波観光鉄道株式会社・営業開始の経緯--

 ・宮脇駅;山麓の発着駅で標高305mの地点にある
 ・山頂駅;山頂の発着駅で標高800mの地点にあり、運転室もここにある。駅舎を出ると御幸ヶ原で、ここから左に男体山、右に女体山があって、夫々には15分程歩くと達する
 ・運賃 往復・大人 1050円(小児 530円)
--------------------
昭和天皇御製(2017.05/18)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
by mo20933 | 2017-06-16 13:45 | >つくば市 | Comments(0)