彰義隊の撃滅(川路大警視)

2017.04/25(TUE)

川路大警視 彰義隊の撃滅
マツノ書店復刻版




--------------------
c0185705_15035709.jpg


目次 ※一部
第一章 少年時代と其環境
第二章 島津斉彬公の偉大なる感化と訓陶
 一、斉彬公の襲封と士民の翹望
 二、開国進取主義と富国強兵策
 三、大義名分上千古の卓識
 四、公の薨去と士民の慟哭
第三章 藩内外に於ける君の活動
 一、文久二年の上京と出府
 二、久光公の帰国と海防準備
 三、文久三年の薩英戦争と再度の上洛
第四章 王政復古と戊辰役
 一、比志島青年の指導訓練
 二、太守茂久公の上京と利良君等の従軍
 三、戊辰役と利良君等の転戦
    戊辰役の導火線
    鳥羽伏見の戦
    比志島抜刀隊の奮撃
 四、利良君東征の途に上る
    宇都宮其他の形勢視察
    江戸開城と利良君の入城

「川路大警視」マツノ書店復刻版、p.74
慶応 4年(1868)
彰義隊の撃滅
慶喜恭順の意を表するや舊幕臣の之に服せざる者相結び、彰義隊と称して上野東叡山に據り、輪王寺宮公現
法親王を奉じて、徳川氏の恢復を計る、澁澤誠一郎之が隊長たり。五月十五日、西郷南洲大村益次郎等、薩
摩、長州、肥後、備前、大村、佐土原諸藩の兵を以て東叡山に迫り一は正面の黒門口より向ひ、一は本郷湯
島台方面より背腹を衝く、・・・
--引用;川路大警視・中村徳五郎著--

    東北の転戦
    凱旋賞賜と兵具奉行の任命
第五章 明治新政と警察制度の創設
第六章 征韓論の破裂と利良君の態度
第七章 警視庁の創設と其活動
第八章 西南役と川路大警視
第九章 西南役後の大警視
第十章 大警視の餘栄遣芳
年譜
--------------------
川路大警視(2017.03/02)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
by mo20933 | 2017-04-25 14:03 | その他>その他 | Comments(0)