(二)北越の接戦 6

2016.12/18(SUN)

慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史 奥羽の巻(第二巻)
国立国会図書館デジタルコレクション




c0185705_19535425.jpg

↑写真;著者佐藤浩敏
--------------------
奥羽の巻(第二巻)/北越戦史
(二)北越の接戦 6
【コマ 321】
・・・
 時に與坂方面に於ては、西軍五百余人の一隊、島崎より進み来つて、突如北野の奥羽軍を襲ふに至りしかば、桑将町田老之丞は、本軍となりて是を防ぎ戦ひ、更に立見尚文は、左翼軍となりて、荒巻山に陣し、両道呼応して俯瞰して撃つ。然れども西軍は大兵のもの、即ち桑軍の寡を侮りて、接戦毫も倔する色なく、更に大砲隊を富岡山に送りて、烈戦奮闘、益々馬首肉迫して猛撃す。桑軍、寡兵と雖も、常に千兵の働きを為すもの、眼前この急迫を望むも、敢て動かず、志気を鼓舞して奮撃突戦、威風甚だ熾ん也。依て西軍は更に一隊を迂回せしめ、以て荒巻の後背を衝かしむるや。桑将立見尚文、猛然起つて、一挙して是を崩すに至る。砲戦天地を震裂し、激闘いよ/\酣となるに至りて、會軍来り是を援護すれば、庄軍又寺泊より駆け来つて、北野を保たむとす。桑軍驀進遂に北山に陣し、而して島崎攻撃の西軍を俯撃す。西軍、北山の変を望み見て大に驚き、兵を送りて是を防がしめんとすれば、早くも桑軍の為めに、島崎の駅中を焼討せらるゝに至りて、陣営惶擾殆んど為す能はず、兵器を捨てゝ、出雲崎にと逃げ走る。
 北越の戦陣、戦闘四方に起りて、攻防いよ/\多端を告ぐるも、新発田藩は尚閉息して、敢て傍観するには、奥羽軍の憤激一方ならず、依て今に於て一挙是を屠らんとす。然るに上杉弾正大弼は、遅々たる新発田の内情を察知
【コマ 322】
し、先づ温和手段を以て彼を収めんと、即ち六月五日を期して、藩主溝口伯耆守をば、親しく米藩に延見し、而して軍謀を建てんと申出でたり。然れども新発田藩は是を解するに、米藩、軍謀を名とするも、實は藩主の出陣を促がし、機に乗じて人質と為し、而して厳談を浴せ掛けるものと為し、一に是が防遏策を講じて、領民を扇動し、土寇を起して、藩主の出陣に反対せしむ。されば土民の狂乱いよ/\實物となりて、領内の騒動言語に絶し、切角来りし米藩の重臣も、是を望み見て同情満身に溢れ、旨を報じて、その会見を中止せざるを得ざりき。
 六月八日、奥羽軍は見附宿の総攻撃を決す。時に西軍はその大口及び十二潟の要衝に厳備をつくし、以て見附の前衛陣を張るにあり。茲に於て、奥羽軍は長岡、米澤、會津、庄内、仙台の大勢を本道に進め、巨砲十数門是を川岸に配置して攻撃の陣を固むるや、更に千坂の大兵を前進せしめて、一呼して此所を猛撃すれば、大口及び十二潟の西軍陣は、一度に瓦解して、敗士は皆見附に走る。されば連勝に乗ずる奥羽軍、喊声今や百雷の如く、馬首は勇んで愈見附に迫る。長岡、會津、庄内の諸軍は、七軒村より進撃し。木本、砲兵の部隊は、福井村より進み。衝鋒、遊撃、新遊撃、浩義、金田及び仙軍を以て、二手に分れて、大口及び十二潟より進み 更に七軒村右側は砲兵、浩義及び庄軍を以て是に當る。斯くて七軒村の會軍は、一躍して本道関門を抜き、福井村の木本隊は、突進するに至りて、大口村方面は奥羽軍の向ふ所敵なし。依て西軍は主力を駅中に収めて、守死防戦、百砲を発して猛勢侮る可らず、攻守の激闘天地唯だ轟々として砲声四面を破り、萬山鳴動して互に勝敗あり。然れども数道より攻め上る奥羽軍の鋭鋒は、忽ちにして胸壁を抜き、陣営に乱入して、鬨を挙げて全軍を躍進せしむ。血戦激闘十数合、龍争虎撃の間に、西軍の苦戦も遂に其堪ゆる所に非ず、隊士の死傷山積して、見附の西軍こゝに壌乱せり。
 見附の敗戦に西軍はその回復を計る為め、敗兵尚ほ援を収めて、主力を五泉及び福井村に駐屯するに至れり。茲に於て、木本隊は福井口に胸壁を築き 岡軍は、五泉口に虎視を張りて、西軍の動静を警戒せしむ。六月十三日に至
【コマ 323】
りて、西軍は砲銃を乱発して突進す。捲土重来。奥羽軍の殊守殆んど計を失して、苦戦堪ゆ可らず、急騎を飛ばして、援を見附に乞へば、會津、庄内、米澤の諸軍は、佐川會将と共に、長駆して是を保つて烈戦奮闘、尚ほ敵する能はざるに至りて、後詰の諸軍は岡将河合継之助に率ゐられて、漸く敗陣を守るに至る。然れども西軍の鋭鋒は、大勢の陣を以て押し寄せ、急転直下、弾丸雨注して益々肉迫するには、奥羽軍みな辟易して防ぐ能はず、先を競ふて見附に敗走し来る。両軍堅闘烈戦相當り、砲声日夜に亘りて、益々弾を込めて戦ふ。龍争虎撃、屍山血河となりて、勝敗尚決せず、惨風吹き巻き起りて、奥羽軍の兵気は次第に沈下するのみ。やがて六月十七日に至れば、奥羽軍の戦闘力は、最早持久の策も尽きて、漸く残塁を固守するに過ぎず。是に反して西軍は益々兵を動かし、包囲の圧迫は日を逐ふて厳を極め、更に精鋭なる別軍は、福井村より迂回して、見附の後背を圧迫するに至る。奥羽軍の鏖戦、みな苦闘の間に隊士は四散し、弾つき、力つきて、最早手の出づるの策無し。
 ・・・
( 7へ続く)
( 5へ戻る)
--引用・要約;「慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史」/国立国会図書館デジタルコレクション--
--------------------
慶応戊辰奥羽蝦夷戦乱史(目次)(2016.02/22)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
by mo20933 | 2016-12-18 16:17 | その他>その他 | Comments(0)