五、横川戦争〈凌霜隊戦記〉

2014.11/27(THU)

五、横川戦争 日光市横川宿・会津西街道




慶応 4年(1868)
・ 8月23日~27日
 藩境等で守備していた会津藩隊らは若松表危急の報を受け、夫々若松表へと引揚げる。凌霜隊は五月以来凡そ三ヶ月の間駐留した塩原を焼払い、尾頭峠を越えて八月二十四日、三依を経て横川宿に着くのだが、此処に留まって新政府軍の会津侵攻阻止にあたり戦闘となる。留まったのは凌霜隊ほか百二十四人に対し新政府軍は六七百人、凌霜隊ら良く奮戦防禦するが、二十七日若松表からの急使により田島へ引揚げた
以下、「心苦雑記」を引用して戦闘の様子(一部)をupする

c0185705_19224967.jpg

写真;戦闘のあった横川宿附近の旧会津西街道・2014.11/27
--------------------
--引用;矢野原与七・凌霜隊戦記「心苦雑記」郡上史料研究会・野田直治、白石博男編 昭和44年5月31日発行--

五、横川戦争 田島の転戦
慶応 4年(1868)
・ 8月24日、25日
p.17
 二十四日、同宿焼払、横川宿まで引揚、小山田隊、凌霜隊、関宿結城隊も□四日三依辺出立横川迄著。(藤原、高原、五十里、三依、横川、京沢、川島、田島、楢原、倉谷、大内、関山は今市より会津への街道なり。)出立の節、三依残らず焼払、(三依は上中下三宿に相成居り、家数も余程有り。)小山田隊、結城関宿隊は此間に直ぐ若松へ引揚、横川へ止し隊は唐木隊(会藩なり)、探索隊(脱走隊也)、凌霜隊、都合百二十四人、横川より四五丁先へ胸壁を築造し、敵寄せ来らば一軍せんと待懸けたり。(此の地、形状は左右共高山にて街道一筋道也。)
・二十五日、早朝に至り、一昨日塩原より引揚の節、人足不足にて尾頭峠へ大砲車台残置候に付き、敵の手に渡すも残念に候間、人足、召連れ持来り候様、唐木隊より達しこれ有るに付き、凌霜隊残らず胸壁より二三町進み行く処、早や敵押来り、砲声相聞え、三依辺の百姓共進来る。敵は左右の山へ登り、時の声を揚げて近寄り、大小砲発放す。依て味方も胸壁迄退き、時の声を合せて大小砲打出す。
 敵は街道よりも進来る。其勢六七百人也。互に砲声おびただし。中にも藤沢茂助(会藩なり。)大砲の上手にて榴弾適度にて破裂し、敵難渋す。敵よりも榴弾を発放し、胸壁には唐木隊、探索隊八十余人、凌霜隊には左の川向山の中腹へ押出し、隊長朝比奈茂吉、副隊長坂田林左衛門真先に進み三十余人追々進み、然る処、此場所は不都合に付き引戻し、峯の敵を防がんため川端へ人数を配り候様申来る。直様引戻し胸壁の左川端に相備へ散伏して発射す。敵は追々山つたへに進みながら、左右より打下す事雨の如し。街道よりも追々近寄り二三丁場にて木蔭へ散伏して伏をる。味方にも少人数なれども必死と発射して防戦するゆゑ敵も猶予せず。されども敵は大勢放発射する事おびたゞし・・・
--------------------
行動日録
・二五日 横川宿の戦闘 早朝、敵勢六七百人来襲し終日激戦。日没のため相引きになる
     中岡弾之丞(25)戦死
・二六日 小競合いはあったが戦争展開には至らず
・二七日 未明、若松表からの指令により急拠田島へ引揚げ、夜は高野村民家に泊
・二八日 朝八時過ぎ、田島代官所に集合したが惣勢二百人足らず。此の地の防戦不利と判断し、再び高野村へ引揚げる。日暮れに大内宿に着
--------------------
※ 横川宿;栃木県と福島県の県境、栃木から険阻山王峠の登り口にあり、会津西街道の下野国最北端に位置する宿駅である

会津西街道横川宿(2012.07/23)
日本奥地紀行/横川宿(2013.07/12)
日本奥地紀行/山王峠(2013.07/12)

一、江戸出発
二、小山戦争
三、宇都宮戦争
四、塩原駐留
五、横川戦争
六、大内戦争
七、関山戦争
八、若松城下へ
九、若松城に入る
一〇、降 伏
凌霜隊(名簿)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
by mo20933 | 2014-11-27 23:20 | 凌霜隊戦記 | Comments(0)