戊辰の悲劇

2012.10/30(TUE)

田辺軍次の墓 白河市松浪、稲荷山




平成24年(2012)
・10月30日
 白河市稲荷山に行った時('12.6/26)に見て来たものである

白河城の攻防(2012.06/02)

 維新後の大平八郎は白河口戦争での功績もあってか、白坂村の「人馬継立取締役」という宿場の責任者をしていて、羽振りも良かったらしい
 明治2年(1869)
 一方の田辺軍次は会津藩降伏後斗南にわたった。会津藩は斗南藩(青森県下北)三万石として会津松平家の再興が許されたのである。が、北端の土地は瘦せて作物は育たず、冬は極寒であった。戦争に負け新地での暮しは極貧で、田辺は絶望と恨みが頂点にまで達してしまったのだろう
 明治3年(1870)
 田辺が斗南を発ったのは明治3年7月であった。身なりもひどく粗末であったと云う
--------------------
※ 墓碑には「田辺軍次君之墓」と刻まれている
c0185705_17454133.jpg


--------------------
--以下、現地の案内板から--
田辺軍次の墓
 会津藩士田辺軍次は、戊辰の役、白河口の戦いで、東軍が敗れたのは、のちに白河県から白坂町取締りを任命された大平八郎が、西軍の道案内をしたためであると信じ、この遺恨をはらすため、斗南藩(青森県下北郡)から約一ヶ月を要して、白坂に着いた。
 白坂宿鶴屋にて、八郎を斬殺し、自からもその場で屠腹して果てた。
 八郎の養子直之助は義父の仇である軍次の墓を建て、白坂観音寺に葬った。
 のち会津会によりこの地に改葬された。
 戊辰戦争がもたらした悲劇の一駒である。
 操刃容儀居士 享年二十一才
     平成十三年 白河観光協会
--------------------
--以下、「戊辰白河口戦争記(佐久間律堂著)」第十九章 東西両軍の墓碑及び供養塔から--
・・・
(三)田辺軍次の墓碑
田辺軍次の墓碑は元白坂村観音寺にあったが、後に乗越の会津藩の墓地に移され、銷魂碑の東側に墓を定め、観音寺の小さな墓標も移されて今に存してある。(最記)明治二十九年白河に於ける会津会は左の墓標を建てた

 田辺軍次君之墓
君は会津藩士田辺熊蔵の長子なり。沈勇にして気節あり。戊辰の役会津の散るゝや、東京に幽錮せられ、後赦されて斗南に移住す。君在京の日、郷人に語て曰く、我軍の敗機は白河の戦に在り。而して白河の一敗は実に大平八郎の叛応(はんおう)に因る。八郎は幕領白坂村の民なり、西軍を導き間道より出で我軍の不備に乗ぜしむ。其恩に背き義を忘る実に禽獣に等し。吾他日必ず渠(かれ)の首を刎ねて以て報ゆる所あらんと。聞く者之を壮とす。明治三年七月君斗南を発し。八月十一日黄昏白坂村に向ふ。途に一賈人(こじん)に逢ひ前程を問ふ。賈人其旅装の粗野なるを見て答ふるに無礼の言を以てす。君大に嚇怒して之を斬らんと欲す。其恐怖の状を視て翻然覚る所有り、乃ち問うて曰く。汝白坂村大平八郎を知るや。曰く、知れり。八郎は戊辰の役官軍に功あり、擢(ぬきん)でられて里正(りせい)となる。君曰く可なり。八郎をして来り謝せしめば則ち汝の罪を宥さんと。益怒を装い拉して白坂村役場に到り、使丁に告げて曰く。奴輩武士に対し亡状なり。今之を斬らんと欲す。急に村吏を喚び来れと。八郎報を得て村吏を従ひ来り、君を見て思へらく。士人年少に気鋭なり、一旦の怒に過ぎざるのみ。如かず旅舎に就て徐(おもむろ)に之を解かんにはと。乃ち説て曰く。既に暮夜なり、請ふ鶴屋に就て尊慮を聞くことを得ん。鶴屋は貴藩の旅館なりと。君心窃(ひそか)に謀の中れるを悦び、共に鶴屋に到る。八郎等百方賈人の為に陳謝す。君機の既に熱せるを見て密談に託して衆を退け、独り八郎を留む。既にして君厠に上る。少時にして出で来り声を励まして八郎に謂て曰く。汝猶戊辰叛応の事を記すや。余は会津藩士田辺軍次なりと。言未だ終らず。刀を抜いて之を斬り面上を傷く。八郎徒手格闘す。君遂に伏せらる。是時舎中大に騒擾す。独り村吏重左衛門之を救はんと欲し、八郎の刀を執って闖入(ちんにゅう)す。時に燈光暗く甲乙を弁ぜず、力を極めて其上なる者を刺す。八郎叫んで曰く。吾なりと。重左錯愕更に君を斬らんとす。八郎既に力衰ふ。君間を得て重左を排す。重左微傷を負ひ刀を棄て逃る。君起て八郎を斬り遂に之を寸断す。忽にして村民麕到する者数十人。君終に免る可らざるを知り従容(しょうよう)として腹を屠て死す。嗚呼何ぞ壮なる哉。時に年二十一。村民屍を同村観音寺域内に埋葬す。爾来星霜二十有七、墓碣永く荊棘中に隠没し人其事蹟を知る無し。明治二十九年其二十七回忌に当り、在白河会津会員は胥謀り、八月遺骨を白河会津藩戦死諸士の墓側に改葬し、其事蹟を石に刻して之を建て千祀に伝ふ。庶幾(こいねがわ)くは君以て瞑す可し
      会津 高木盛之輔撰
      会津 上野良尚書
--------------------
高木盛之輔墓(2017.08/17)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
by mo20933 | 2012-10-30 20:21 | 白河市 | Comments(0)