2017.04/03(MON)※2017.09/12 整理して再up

写真展 那須塩原市三島 5-1 那須野が原博物館/エントランス・ギャラリー




※ 展示 1/4(詳細を見るには下の【リンク・一覧】から)
c0185705_15172734.jpg

※ 展示 2/4
c0185705_15174261.jpg

--------------------
 史跡探訪を始めて5年になる。区切りとして写真展をさせて貰った

慶応四年(1868)
栃木福島の戊辰戦争史跡・写真展
 ・会場;那須塩原市三島 5-1、那須野が原博物館/エントランス・ギャラリー(無料)
 ・期間;2017年 4月 1日(土)~ 4月16日(日)※休館日;月曜日
【リンク・一覧】
 1 小山市    海老原清右衛門墓
 2 益子町    長棹速己(速水)之墓
 3 足利市    梁田戦争戦死塚
 4 宇都宮市   官軍七首級之墓
 5 宇都宮市   桑名藩七名墓
 6 宇都宮市   戦士死十七名霊
 7 宇都宮市   六道辻「戊辰役戦士墓」
 8 壬生町    丹波山国隊・戦死二名墓
 9 壬生町    戊辰役三志士墓(安塚)
 10 日光市    ちくう君(小花和重太郎)の墓
 11 日光市    大鳥軍参謀柿澤勇記墓
 12 今市     戊辰戦争隊士の墓
 13 今市     第二次今市戦
 14 藤原     小原沢「殉難碑」
 15 黒羽     黒羽藩戦死吊祭塔
 16 西那須野   親王台
 17 塩原     沖長三郎墓
 18 塩原     四、塩原駐留
 19 三斗小屋宿  戊辰戦死若干墓
 20 板室     戊辰戰死供養塔
 21 下郷町    大峠(会津中街道)
 22 上三依    上三依野仏群
 23 横川     会津西街道横川一里塚
 24 横川     会津西街道横川宿
 25 田島     官軍・戰死十九人墓
 26 下郷町    戦死二十四人墓
 27 白河市    白河城本丸南面の石垣
 28 白河市    會津藩戊辰戰死十二士之墓
 29 白河市    棚倉藩鎮英碑
 30 白河市    (四)薩州藩の碑
 31 白河市    慶応戊辰殉国者墳墓(西軍)
 32 白河市    会津藩戦死墓と銷魂碑
 33 白河市    仙台藩士戊辰戦歿之碑
 34 白河市    戦死供養塔
 35 白河市    海老名衛門君碑銘と戦死塚
 36 郡山市    母成峠
 37 猪苗代町   十六橋
 38 会津若松市  戊辰戦争戦死者の墓群
 39 会津若松市  二十一人之墓
 40 会津若松市  凌霜隊之碑
 41 会津若松市  長岡藩士殉節之碑
 42 喜多方市   佐藤銀十郎の墓
 43 只見町    河井継之助墓
 44 大玉村    戦死三十一人墓
--------------------
※ 展示 3/4
c0185705_15175322.jpg

※ 展示 4/4
c0185705_15180466.jpg


那須野が原博物館
c0185705_22105115.jpg

那須野が原博物館(2012.07/27)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2017.09/09(SAT)

古四王神社 会津美里町福永宿・藤巻神社




--------------------
c0185705_11272397.jpg

こしおう
古四王神社
 豊作や眼病に霊験灼か...とか?
--------------------
福永宿(2017.09/07)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2017.09/08(FRI)

若木(オサナギ)神社 会津美里町福永宿・藤巻神社




--------------------
c0185705_09452267.jpg

オサナギ
若木神社
 山形県東根市に同じ名前の神社がある。東根市若木山の麓に位置し、天然痘の神様「疱瘡神」として地元の人達に親しまれている。名称は同じ(読みも)でも、その規模には相当な違いがあるのだけれど、福永の人達にとっての思いは同じだったのかも知れない
--------------------
福永宿(2017.09/07)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2017.09/07(THU)

阿弥陀一尊種子板碑、阿弥陀三尊種子板碑 会津美里町福永宿・藤巻神社




--------------------
c0185705_11001263.jpg

阿弥陀一尊種子板碑 写真向って右
   会津美里町指定文化財
 安山岩質凝灰岩の板碑で、大振りな種子□(キリーク)(阿弥陀如来)が深い薬研彫で彫られている
 建立時期は南北朝(一三三一~一三九二)時代と考えられる貴重なものである
阿弥陀三尊種子板碑 写真向って左
   会津美里町指定文化財
 碑の頂部近くに二本の条線がある安山岩質凝灰岩の板碑で、条線の下に種子□(キリーク)(阿弥陀如来)その向って右下に□(サ)(観音菩薩)左下には□(サク)(勢至菩薩)が箱彫で彫られている
 室町(一三九三~一五七□)時代初期に建立されたものと考えられる大切な文化財である
   会津美里町教育委員会
--現地の案内板から--
--------------------
福永宿(2017.09/07)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2017.09/07(THU)

藤巻神社大イチョウ 会津美里町福永宿・藤巻神社





--------------------
c0185705_10364117.jpg

藤巻神社大イチョウ
   会津美里町指定文化財
 この大イチョウは高さ三二メートル・幹まわり五.六メートル・推定樹齢三〇〇年余である。藤巻神社は霊峰明神ケ岳より下って、鎮座したとの古い伝承があるが、天正末期(一五九〇頃)に社料を失い頽廃した。しかし万治元年(一六五八)に再興されたとあるので樹齢的に見てもこの時植樹されたものである
 また、このイチョウは”乳イチョウ”とも呼ばれ、幹の途中から空根が乳房状に垂れさがり、これを削りとって煎じて飲用すれば、母乳の出がよくなるという言い伝えがある
   会津美里町教育委員会
--現地の案内板から--
--------------------
藤巻神社
c0185705_10434204.jpg


福永宿(2017.09/07)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2017.09/07(THU)

会津西街道・福永宿 大沼郡会津美里町氷玉福永




--------------------
c0185705_09522400.jpg

会津西街道・福永宿
 福永宿は会津西街道(下野街道)の若松城下から最初の宿場である。川沿いには十数件の建物が立ち並んでいるが、所謂宿場町らしい町並みでは無く比較的小規模な宿場であったようだ。当初、本郷集落が宿場としての機能を果たしていたようだが、本郷では余りに城下に近かったことと水害が多かった為、当地に移ったのであろう
 宿鎮守の藤巻神社は明神ヶ岳(標高1074m)を御神体とする古社で、当初は山頂に祀られていたが万治元年(1658)に現在地に鎮座した。境内には樹齢三百年以上の大イチョウや板碑(阿弥陀一尊種子板碑、阿弥陀三尊種子板碑)がある
--------------------
阿弥陀一尊種子板碑、阿弥陀三尊種子板碑(2017.09/07)
藤巻神社大イチョウ(2017.09/07)
若木(オサナギ)神社(2017.09/08)



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]
2017.09/06(WED)

諏方神社 西会津町野沢・旧越後街道野沢宿




--------------------
写真;2017.09/05
c0185705_14284605.jpg

c0185705_14282643.jpg

     *
諏方神社
 社伝によると永仁二年(一二九四)に蘆名宗盛が信濃国から諏訪大明神を勧請した際、鎮座の御輿がここ地蔵原に宿営したのにちなみ延慶三年(一三一〇)菅原刑部左衛門頼国が祠を建てて祀ったのが諏方神社の始まりといいます。又、荒井信濃守頼任がこの地にあった六地蔵を取り除き、嘉元元年(一三〇三)諏訪の祠を建てる地を設け、延慶三年に諏訪社の宮殿を建てたとの話も伝わっていますが、両者とも真偽の程は不明。諏方神社はもとは地蔵原に祀られていました
 いつの頃か伝説によると、不動川と長谷川の合流点に徳一大師の弟子徳蔵和尚が庵を結んで住んでいて旅人のため橋を架け、人はこの橋を徳蔵橋と呼んでいました。徳蔵和尚はその後、地蔵原に寺を建立。その頃、この原一帯に無数の水子地蔵が点在していたため地蔵原と呼んだのでしょう。徳蔵和尚は寺の一角に地蔵堂を建て千体を越す地蔵をお堂に祀りました。永仁二年この地に諏方神社が造営され、近くの地蔵堂との間にもめ事が起こり、蘆名公は地蔵堂を壊すことを命じ、徳蔵寺は、西羽賀(現喜多方市高郷町)に地蔵堂と共に移りました
     西会津町・にしあいづ観光交流協会
--現地の案内板から--
     *
鉄火の裁き
 元和五年(一六一九)藩主蒲生家の時代、松尾村と縄澤村の間で山の利用権をめぐって争いになり刃傷沙汰へ発展したため、藩庁が間に入って調停しようとしましたが、理・非の裁断ができず、両村もまったく引かなかったため、「鉄火」による決着を行うことになりました
 すなわち、両村から代表者が出て、鉄火(真っ赤に焼けた鉄の棒)をつかみ、先に落とした方が負けという勝負です。この勝負に負ければ「御成敗」、勝っても重傷の火傷を負うという苛烈きわまりない裁判です。縄澤村の代表になる決意をした次郎右衛門は今後農耕不能になるため、自家の農事の補償を村に約束させました。一方、松尾村の代表は屈強な清左衛門
 同年八月二十一日。双方礼服を着用して手に熊野牛王(ごおう)の護符をささげながら神前にすすみ、役人が炎火の中から取り出した鉄火を受け取りました。次郎右衛門は三度までおし戴いて傍らの三方の上に置いたのですが、清左衛門は受け取るとすぐに護符が燃え上がり、鉄火を投げ出して斃れてしまい、決着はつきました
 清左衛門はその場で御成敗、その遺骸を頭部、胴部、脚部に三分割し、両境内に村の「山界」を示す三か所に埋め、境塚を築きました
 松尾では現在、村の犠牲となった清左衛門の塚に碑をたて、真福寺の境内に墓碑を建てて故人を厚く供養しているそうです
     西会津町・にしあいづ観光交流協会
--諏方神社参道入口にある案内板から--
--------------------



■ リンク
・so-netブログ;只今出掛ケテ居リマス

[PR]